« 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) | トップページ | たくみの里 野仏めぐり »

2017年4月21日 (金)

桜満開の碓氷峠鉄道文化むら

 軽井沢から国道の旧道18号線をくだり、C33カーブで碓氷第三橋梁(めがね橋)のアプトの道を観光した後は、横川の町でドライブイン峠のかま飯を夕飯のお土産にして、日本初のアプト式鉄道導入の歴史がある、信越本線横川駅ー軽井沢駅間の廃止と共に役目を終えた、群馬県安中市松井田町横川にある横川運転区跡地に設置された「碓井峠鉄道文化むら」を草津温泉の帰路に観光してきました。普段は鉄道にあまり興味を示さない老妻も懐かしい鉄道車両に若い頃の旅に思いをはせてをいました。

_dsc9990

桜咲く検修庫であった鉄道展示館と特急「あさま号」

_dsc0009

SL-D51 95 愛称ナメクジと桜

_dsc99991

碓氷峠鉄道むらの桜は満開でした(撮影日4月14日)

Dscn5780
「碓井峠鉄道文化むら」のゲート、入場料は500円

_dsc9984
ゲートを入った右手に新幹線用軌道確認車GA-100

_dsc0060_2

入口付近の園内、左の建物は鉄道資料館と中央の検修車庫であった鉄道展示館のは時間がないので次回のお楽しみしました。

_dsc0027

名称「あぷとくん」園内800mを一周する列車に乗車して、まずは園内の見物と撮影、動力車はSLとDLがあり、この日はDLでした。駅で発車前のDL、乗車賃は大人400円、子供は4歳以上小学生まで200円。3歳以下無料。

_dsc0031

一両目の客車からDL機関車を撮影

_dsc0034
三両連結の客車の最後尾の座席から撮影開始、発車時は女性の駅員が出発のベルと乗客に手を振る

_dsc0037

発車すると外周にサクラが満開

_dsc0040

内側に野外展示車が見えるEF65520、EF621

_dsc0043

左手の外周に塗装がボロボロに剥げた特急あさま、あさましい無惨な姿

_dsc0044_2

右手に電関EF6311 

_dsc0045

気動車

_dsc99880

桜とあぷとくんDL気動車タイプ10000

_dsc0049

検修庫であった鉄道展示館の横を通過

_dsc0051

特急あさま

_dsc9992

機関庫を模した上を通過

_dsc0057

左手は文化むらの駅、EF6312は体験コースを運転できる

_dsc0059_4

車内からの撮影、左は鉄道資料館

_dsc0061

鉄道資料館の横を通過

_dsc0064

鉄道資料館の裏手

_dsc0069

新幹線保線用トンネル巡回車

_dsc0075

機関庫にSLは「あぷとくん」を牽引する、イギリスから輸入したブリティッシュグリーンの本格的な蒸気機関車、この日はお休みでした。

_dsc0076

出発したあぷとくん乗り場が見えて来た

_dsc0077

乗り場前の電気機関車はEF3020/EF58172

_dsc0079

野外展示車両

_dsc0081

EF58172

_dsc0085

桜とデゴイチのナメクジ D5195

_dsc0087

子供を乗せて走るミニSL機関車、馬力は馬一頭分だそうだ

_dsc0092

碓氷峠専用の補助機関車EF631 白山

_dsc0093

EF8063 日立

_dsc0097

EF60501

_dsc0099

EF591

_dsc0111

DD511

_dsc0001

桜満開の西展示館、この中にアプト式電気機関車ED42がラックレールに噛合う歯車が見られるが・・・桜に見とれて時間の都合で知らずに通過してしまう!

_dsc0002

桜とDD511/DD531

_dsc0009_2

桜とデゴイチのナメクジD5195

温泉旅行の帰りに立ち寄った2時~3時の1時間では鉄道マニアだったら殆ど素通り同然の見物であった。次回はアプト式鉄道の歴史をもっと深く勉強する機会にしたい。今回は桜の木に気をとられれて不覚であった。ここは一日掛けて見て、触れて、体験して、楽しめる碓氷峠の鉄道文化むらである。

 

 

|

« 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) | トップページ | たくみの里 野仏めぐり »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) | トップページ | たくみの里 野仏めぐり »