« 蒼鷺が浮島で待ち伏せ採餌 | トップページ | 曹洞宗 天宗山 東林寺の花祭り »

2017年4月 8日 (土)

花鶏・獦子鳥(アトリ)

 野鳥図鑑の和名漢字では花鶏・獦子鳥の二つの表記で「アトリ」と読ませる。
花鶏の音読みは「かけい」、
獦子鳥は「かっしちょう」と読むと思われる。
Web.の「日本語表現インフォ」の
獦子鳥・花鶏「あとり」とは、スズメ目アトリ科の鳥。冬鳥としてシベリアから大群で日本に渡る。音は、集まる鳥(あつとり)が由来。「獦子鳥」の表記は大きな群の様子が獲物を追いたてる勢子(せこ[=獲物を狩り出す人])に見えることが由来。「花鶏」の表記は鮮やかなオレンジ色が目立つ体色が花が咲いたように見えることが由来とあった。

この2,3日桜を見に通った地元の公園で撮影したアトリです。

Dsc_35871_2

 

落ち葉の下に落ちている草の種子を探すのか、地上に舞い降りての採餌

 

 

Dsc_44611

 

夏羽に替わりはじめた♂、芽吹きだした新芽を探す

 

Dsc_40421_4

見頃になった桜の花弁も食べる

Dsc_40551_2

桜には花鶏が良く似合う、だがアトリは秋の季語、10月に渡来して5月には北帰行の冬鳥

Dsc_39861_2

芽吹き始めた新芽の採餌、20羽程度の小群、アトリは20羽でも小群

Dsc_35970_2

公園の通路の上

Dsc_35501_2

通路の縁石の上にも

Dsc_38061_2

新芽の採餌

Dsc_38001

新芽をフライングキャッチもどきの採餌

Dsc_36140_2

暗い生垣の中

Dsc_44960_2

 

葉桜と花鶏

 

 

Dsc_46740

夏も近づく、夏羽も近づく、頭のバフ色から黒々へ

Dsc_47651

大島桜の葉桜?の中

Dsc_47731

葉桜の枝で花見の花鶏、ソメイヨシノはようやく満開だが染井吉野にはアトリはヨシの

Dsc_48181

満開のソメイヨシノには1回も来ず、葉桜と花鶏の特集になりました。

4月8日は4と8で出発の日、四月八日は花祭り、これから菩提寺の花まつりに出発します。出発進行👉

|

« 蒼鷺が浮島で待ち伏せ採餌 | トップページ | 曹洞宗 天宗山 東林寺の花祭り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん お久しぶりです^^
お元気ですか?
アトリさん 今年は多かったですね!
色々な場所で会えます(*^^*)
桜アトリ いいですね♪

投稿: ミント | 2017年4月 8日 (土) 23:10

ミントさん

ご無沙汰しております。

今年はアトリが多いとは初めて知りました!どおりで近所の桜を見に行った公園での初鳥の初撮りでした。

鳥撮りお元気で頑張ってください!

投稿: ケン | 2017年4月15日 (土) 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蒼鷺が浮島で待ち伏せ採餌 | トップページ | 曹洞宗 天宗山 東林寺の花祭り »