« 草津♨伊東園ホテル草津 | トップページ | 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) »

2017年4月19日 (水)

軽井沢・白糸の滝と野鳥の森

 日本一の草津温泉から帰路は野鳥の森の軽井沢に向かう、草津温泉から北軽井沢へ、青空に白煙噴く雄大な浅間山を車窓から眺めながらのドライブ、いつしか有料の白糸ハイランドウェイの森の道に入り、白糸の滝に着く、十数年ぶりの観光スポットに到着する、ここまで草津を出発して1時間10分。
出来るだけ白糸の滝近くの駐車場に停めて、川沿いに山道を白糸の滝まで歩き出すと、4~5分で目の前に湾曲した岸壁から数百条の地下水が白糸のように落ちてくる記憶であったが、現実の白糸の滝は昔と違い水量が多い部分が目立ち、昔のような細い絹糸が連なるようなイメージがなくなっていた。

_dsc9889

 

高さ3m幅70mの白糸の滝は時の流れか、季節の違いか、昔日の白糸の流れは何処へ。細々ながらの記憶では絹糸のような細い雫が流れ落ちるイメージであったが・・・

 

 

_dsc9904

 

目の前に現れた鷦鷯(ミソサザイ)に現(うつつ)に覚める。

 

 

_dsc99041

観光用の24-70mmレンズの70mmを4倍にトリムしても、L11cmの小さいミソサザイは落ち葉の流れと同じ程度

_dsc9905

これがオリジナルのサイズ

_dsc99051

アイキャッチの4倍のトリム、この後は白糸の滝の中に吸い込まれるように飛んでいった。

_dsc9893

この時季はまだ観光客はまだまばら

_dsc99070_2

白糸の滝の看板横で新婚記念撮影なのか、韓国ドラマの撮影なのか?残雪の中で長時間の撮影隊が居た。

_dsc9908_2

4月10日に降った駐車場の残雪

Dscn5760_3

野鳥撮影を始めた頃や舳倉島への野鳥撮影への帰路に寄ったのが軽井沢野鳥の森

Dscn57570_2

日本野鳥の会初代会長の中西悟道氏の小鳥を肩にした銅像とは3回目のご対面でした。

Dscn5762_2

銅像の上の階段を上ると池の中にカラフルな巣箱の木がある

Dscn57651_3

Dscn5763_3

池の横に野鳥の森入口

Dscn5766_3

野鳥の森入口からのショット、野鳥用のレンズを携帯していないために、ここは単なる下見で終わる、目撃したのは梢を移動するシジュウカラのみ。

|

« 草津♨伊東園ホテル草津 | トップページ | 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 草津♨伊東園ホテル草津 | トップページ | 碓氷第三橋梁めがね橋(国指定重要文化財) »