« 新芽を採餌するシマエナガ | トップページ | あっけし桜・牡蠣まつり »

2017年5月17日 (水)

エゾフクロウの七面相

 撮影現場で、今年は餌のネズミが少ないせいか、蝦夷梟の営巣が少ないと釧路のベテランが言われていました。
夜行性のエゾフクロウ成鳥の睡眠中の寝顔です。近くを飛翔するカラスの羽音や洞の近くで鳴きカラスの声に微妙に反応します。その他には寝返りやあくび等での寝顔の七面相です、七面鳥ではありません、エゾフクロウです。

_dsc8337

幸せに眠っている寝顔に見えました

_dsc8346

眠りながらあっち向いてホィです

_dsc8350

少し足を伸ばしました、寝ながらの背伸び?

_dsc8356

横向きでの薄目

_dsc8379

寝ながらの薄笑い?

_dsc8408

おや 何かが動く

_dsc8433

顔を上げると薄目でした

_dsc8495

欠伸(あくび)かな

_dsc8997

痒いのか?毛繕い

_dsc9021

?????

_dsc9055

薄目のようです、昼間はこれが限度?

_dsc9057

鳴きましたが、それとも咳払い?ホッなのかワンとも聞こえましたがにゃんとも分かりません

_dsc9081

また欠伸のようです

_dsc9287

朝から夕方まで粘りましたがこれ以上の変化はありません

森の賢者と呼ばれるフクロウは昼間は何を考えているのでしょうか?子孫繁栄の営巣をしているのでしょうか?洞の中で相棒が抱卵中なのか?洞の出入口を塞いで番兵が居眠りしているようにも見えました。

|

« 新芽を採餌するシマエナガ | トップページ | あっけし桜・牡蠣まつり »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新芽を採餌するシマエナガ | トップページ | あっけし桜・牡蠣まつり »