« 可愛いエゾモモンガの雌雄 | トップページ | 5匹のエゾリスの仔と母リス »

2017年5月26日 (金)

皐月のエゾナキウサギ

 皐月の五月初旬、山はまだ雪景色のガレ場の穴から出て来て、苔なのか草を採食するナキウサギです。生涯で初めてのナキウサギを撮影した日の出来事でした。ガレ場まで15分歩くといわれていましたが山道は残雪が深く、所々では柔らかい雪のドツボに嵌るように、股まで雪に潜り、長靴の中まで雪が入り、30分位かかり難儀して、やっと撮影現場のガレ場まで登りました。暫くすると逆光の中にエゾナキウサギがあらわれました。生涯で初めて見たエゾナキウサギです。

ウイキペディアによると、
エゾナキウサギ(蝦夷鳴兎、Ochotona hyperborea yesoensis )はウサギ目ナキウサギ科に属する小型哺乳類。ユーラシア大陸北部に広く分布するキタナキウサギNorthern Pika)の亜種である。日本では北海道道央道東等に生息する。体重は60-150g。体長は10-20cmである。夏毛は赤褐色で、冬毛は灰褐色から暗褐色になる。年に2回毛変わりする。耳長は2cm程度。5-7mmの尾があるが、短いため体毛に隠れてしまうので、ほとんど見えない。足は短く、前足の指は5本、後足の指は4本ある。北海道の北見山地大雪山系夕張山地日高山脈などの、主に800m以上高山帯のガレ場に生息する。岩のすき間で生活をする。食性は植物食で、葉や茎、花、実などを食べる。冬眠はしないが、からにかけて葉などを岩の間にため込み、冬の保存食を作る。オスメスとでは鳴き声が異なる。オスは「キィッ」または「キチィ」という音を発声する。この鳴き声を3月から10月にかけての時期は1度に4 - 16音発声し、それ以外の時期は1音のみの発声が多い。メスは「ピュー」「ピィーッ」などの伸びのある発声と、「ピィツィ」「ピキィ」などの短い発声をする。3月から10月にかけての時期は「ピィルルルル」「ピィッピィッピィッ」という連続を発声する。(ウイキペディアより抜粋・転載)

Dsc_6192

ひょっこりガレ場にあらわれたエゾナキウサギ、逆光の中でヒゲが光っています

Dsc_6200

夏毛の赤褐色をした一見するとハムスターのような外見

Dsc_6301

岩の前に生える草を採食はじめました

Dsc_6177_2

最初にあらわれたガレ場の頂上付近

Dsc_6213

 

朝食は草食、ガレ場のコケのような草を採餌です

 

Dsc_6220

 

採餌のあとに顔見世なのか、空を警戒か

 

 

Dsc_6241

 

横顔になると特徴ある丸い耳が見えます

 

Dsc_6266

お尻が見えましたが尻尾が見えません。体長18-20cm、尾長2cm弱、体重75~290g。尾が短いので見えないようです。

Dsc_6285

同じ場所で座り込みです

Dsc_6301_2

草の採食で前足が見えました。足は短く前足の指は5本、後足の指は4本。

Dsc_6337

正面顔は漫画のキャラに似ています

Dsc_6395

短い前足の指5本が確認出来ました。

Dsc_6453_2

近づいてきました、この時は人をあまり警戒していません

Dsc_6470

短い脚で立ち上がって様子見?

Dsc_6480

今度は岩の上で座って様子見かな

Dsc_6493

200mmから400mmにズーミングで最後の一枚です。何かを見つけたようです、旨そうな野菜サラダでしょうか、後ろ足の指が見えましたが3本まで見えました。

5月初旬のまだ雪が残る然別湖手前のガレ場でした。体長・特徴などの情報はウキペディアのエゾナキウサギの資料からの抜粋です。




|

« 可愛いエゾモモンガの雌雄 | トップページ | 5匹のエゾリスの仔と母リス »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可愛いエゾモモンガの雌雄 | トップページ | 5匹のエゾリスの仔と母リス »