« 季節外れの豆まき(赤啄木鳥) | トップページ | アカゲラが樵夫から農夫に変身 »

2017年5月30日 (火)

樹洞のカワアイサ成鳥雌

  5月12日13羽、5月19日11羽が巣立して、雨が続いた後の晴天の暖かい5月29日は久し振りに巣立ちが見られると思ったが、大きな期待が裏切られた一日となった。
5月18日に音更に来て、虫に刺されたのか咽喉部(喉賃仔付近)が腫れて固くなり、痛むので町内にある帯広徳洲会病院外科で切開して一糸縫った、一週間ミノマイシン(抗生物質)を朝晩服用して治療、22日が抜糸の日で通院したがまだ傷口がふさがらないので5月29日に抜糸した。このために撮影現場を8時半に離れ、抜糸後の9時半に戻ったが鬼の居ぬ間の巣立ちはなかった。今朝の写真は昨日の6時45分から5分間のたった1回の撮影チャンスとなった。

_dsc66731

6時45分、洞の縁に親なのかカワアイサ成鳥雌が来る

_dsc66941

暫くすると二羽目が飛んで来た

_dsc66961

_dsc67001

洞の下にとまる

_dsc67091

中を覗き洞の中に入る、給餌だろうか?

_dsc67221

最初の成鳥♀が飛び出す

 

_dsc67231

後からの♀が洞の中に入る

_dsc67251

先に来た成鳥がお先にと飛び去る、交替勤務?

_dsc67261

羽伸ばし

_dsc67321

バタバタ・・・この一連の動きで巣立ちを期待したが・・・

_dsc67391_2

6時45分に飛び去る、その後は夕方まで音沙汰なし

_dsc66840

9時30分 風が吹き始めハルニレの種子が風に舞う、樹洞のカワアイサは動きがない、巣立ちの期待は風と共に去りぬ

_dsc67541

9時35分 カラスが樹洞の縁にとまる、暫く様子見して飛び去る、この時はカワアイサの親などの動きは全く見られず、遠くから静観しているのか、カラスが中に入ったらどうするのか、高い洞には人は手が届かない。
昨日は雛が出るとの大方の予想は外れた日であった。

5月30日は果たして巣立ちがあるだろうか、5月19日以来10日以上も巣立ちを見ていない。喉の腫れも痛みも引き体調は万全である。

 

|

« 季節外れの豆まき(赤啄木鳥) | トップページ | アカゲラが樵夫から農夫に変身 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節外れの豆まき(赤啄木鳥) | トップページ | アカゲラが樵夫から農夫に変身 »