« 愛国駅19671号機と観光スポットの幸福駅 | トップページ | 滝上町郷土館のSL39628号機 »

2017年8月17日 (木)

音更大通交通公園の切開した48624号機

 毎年のようにカワアイサの巣立ちを撮影に来ている音更町役場から約500mの音更町大通交通公園は、1987年に廃止された旧士幌線音更駅跡です。ここに釧路工場で研修用に48624号機を切開(カットボディ)された大正10年(1921)に製造された蒸気機関車と除雪車キ704、車掌車ヨ4730が展示保存されています。

撮影日2017年5月5日、子供の日に年甲斐もなく、公園に遊びに来た子供と一緒に蒸気の上に乗り、上気しました。
蒸気機関車をカットボディされても俄老鉄(にわかろうてつ)には名称と機能がよくわかりません。生涯学習のテーマですが各部の名称に自信がありません。ご指摘をいただければ幸いです。


_dsc0490

音更町大通交通公園

_dsc0489

動輪碑の側方に屋根付きの野外展示車が見える

_dsc0470

公式側がカットボデイの48624号機

_dsc0435jpg1

正面からの48624号機、罐の扉も開いています

_dsc0436

扉を大きく開き中を撮影、煙突下方の部分が中央に見える

_dsc0429

側面から見た煙突の下の部分は煙室の呼称であった

_dsc0456

煙室の中

_dsc0441

煙室の底の部分の排蒸気管?

_dsc0442

煙突は9600型よりも高い

_dsc0443

排気用消音器

_dsc0444

蒸気ドーム

_dsc0445

砂箱

_dsc0430jpg1_dsc0458

蒸気ドームと過熱管・煙管

_dsc0431jpg1

機関室前方の汽笛・発電機、下は燃焼室

_dsc0446

煙管

_dsc0448

発電機・汽笛

_dsc0451

蒸気ドーム

_dsc0453

過熱管・煙管類

_dsc0454

蒸気ドームの下

_dsc0462

機関室前の罐の上、発電機と汽笛を非公式側より撮影

_dsc0466

機関室内部

_dsc0468

焚口、火格子が見える

_dsc0467

テンダーの石炭積載部

_dsc0417

テンダー後尾

_dsc0418

公式側のテンダーの切開部、水タンクの部分

_dsc0418jpg1

形式8620の48624の仕様

_dsc0419

テンダーの内部、水タンク

_dsc0420

テンダーの内部

_dsc0423

機関室

_dsc0424

動輪

_dsc0425

主動輪

_dsc0427

シリンダーのカット部、8620の部品番号が見える

除雪車キ704、車掌車ヨ4730が展示保存されていますが昨年も訪問してブログにしていますので割愛しました。

|

« 愛国駅19671号機と観光スポットの幸福駅 | トップページ | 滝上町郷土館のSL39628号機 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛国駅19671号機と観光スポットの幸福駅 | トップページ | 滝上町郷土館のSL39628号機 »