« 音更大通交通公園の切開した48624号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪69644号機(紋別市渚滑駅跡) »

2017年8月18日 (金)

滝上町郷土館のSL39628号機

 5~6年前に芝桜観光で訪問した日本一の芝桜の名所、滝上(たきのうえ)町に、今年は静態保存のSL39628号機の初訪問です。
撮影日の6月3日は見頃は過ぎているようでしたが遠目にはシバザクラは花盛りでした。
俄老鉄が今年初訪問した3両目のSLです。

Dscn6164

町役場から撮った丘の中腹の滝上公園の芝桜(6月3日撮影)

_dsc1435jpg0

滝上町郷土館

_dsc1434jpg1

59601号機の動輪のレプリカ

_dsc1436jpg1

郷土館の建物配置、郷土資料館・生活歴史館・SL館

_dsc1474

SLが展示されているSL館の外観、鉄骨にガラス張りのカマボコ型

_dsc1438

珍しい完全屋内展示、SLには珍しい工事中のトラ模様の除煙板、似合わない!39628号機

Dscn6166jpg1

現役時代のモノクロ写真では普通の除煙板

_dsc1449

この屋内展示の欠点は機関士側の公式側が撮れないこと、横の全景が撮れないこと。前方からも後尾の後方からも正面と後尾が撮れないこと。

_dsc1451

屋内の後方から前方方向、赤紫色の配管

_dsc1452

安全弁と発電機、砂箱の配管

_dsc1461

除雪車キ277の後部から押す配置

_dsc1460

39628号機の正面

_dsc1462

39628号機とキ277の接続

_dsc1463

これより前に行けないのでキ277の正面は撮れない

_dsc1454

39628号機のキャンビンとテンダー

_dsc1456

動輪の横に車歴の沿革

_dsc1458

シリンダー部分の一部

_dsc1440

入館したのは午後2時、案内された係員にSLの車内の撮影をお願いすると他に入館者が居ないのでOKでした。

_dsc1441

機関士側の速度計など、ここの展示では撮影出来ないキャビン内部が撮れたことが大収穫でした。

_dsc1443

罐の上の圧力計とバルブ

_dsc1444

機関助士側からのキャビン(機関室)

_dsc1448

焚口

_dsc1447

燃焼室の火格子

SL館見学後は郷土資料館と生活歴史館の見学

_dsc1468

_dsc1473

滝上町の基幹産業は林業

_dsc1470

動物と野鳥のはく製が無数に展示

_dsc1471

滝上町の周囲は山林、自然が豊のようです。

現在は芝桜観光スポットで有名です。

« 音更大通交通公園の切開した48624号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪69644号機(紋別市渚滑駅跡) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音更大通交通公園の切開した48624号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪69644号機(紋別市渚滑駅跡) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト