« 滝上町郷土館のSL39628号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪C623号機(鉄道技術館) »

2017年8月19日 (土)

俄老鉄のSL探訪69644号機(紋別市渚滑駅跡)

 北海道で鳥撮りしている内に廃線・廃駅の多い北海道には静態保存のSLが数多くあることに気付き、子供の頃から魅かれていたSLを後期高齢者になってから俄かに撮影を始めた老鉄ちゃんを「俄老鉄・がろうてつ」と自称して、野鳥撮影の合間に静態保存のSL撮影巡りをしている。
昨年も69644号機は紋別の道の駅付近の運動公園に保存してある情報で探したが見つからず、今年はネットで確認すると既に2004年移設されていることが分かり、二年越しのSL探訪となった。保存場所が道の駅オホーツク紋別から約7kmの旧渚滑線の渚滑駅跡、現在は渚滑ふれあいパークゴルフ場である。この付近はいつもオムサロ原生花園へ行くオホーツクライン(国道238号)の街道筋、あと3kmも北西に走ると野鳥撮影のオムサロ原生花園である。
晴天ならば野鳥撮影、雨天ならばSL撮影の「晴鳥雨鉄」の気楽な稼業、今年の6月の天気は好天に恵まれず、小雨や霧雨の日が続きこの日も雨上がりの曇天でした。

前日の滝上町郷土館の39628号機に続いての旧渚滑線沿線の静態保存撮影となった。これは旧渚滑線の終点と起点のSL撮影。渚滑線は国鉄が運営していた鉄道路線、紋別市の渚滑駅で名寄本線から分岐し、紋別郡滝上町の北見滝ノ上駅を結んでいたが1985年に廃線となった。(ウキペディアより抜粋転載)

Dscn6195

雨上がりの渚滑ふれあいパークゴルフ場の駐車場

Dscn6203

仕様と履歴

_dsc1504

公式側は線路が蕗の葉で覆われていた、屋根なしの露天保存ではあったが最近整備されたのか露天保存にしては塗装が新しく黒光りしていた。

_dsc1505

9600形式の69644号機の正面、左後方の細い煙突は紋別市食品加工センター

_dsc1506_2

非公式側にはキャビンの中が覗けるステップがある、後方の建物は紋別市渚滑高齢者ふれあいセンター

_dsc1509

非公式側

_dsc1511_2

非公式側のテンダー

_dsc1513

テンダー後尾の上にカラスがとまる

_dsc1515_5

動輪とシリンダー

_dsc1516

キャビンとテンダー連結部

Dscn6204

キャビンは両サイドとも鉄柵の扉で閉じられている

Dscn6207

機関助士側からコンデジを入れての機関室の撮影

Dscn6209_2

焚口扉は閉じられていた、窓に部品が外れてぶら下がっていた

Dscn6210

テンダーの石炭口

Dscn6211

テンダーとキャビン(機関室)

Dscn6201_2

渚滑ふれあいパークゴルフ場


Dscn6197

訪問日2017年6月4日 訪問記念写真


|

« 滝上町郷土館のSL39628号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪C623号機(鉄道技術館) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滝上町郷土館のSL39628号機 | トップページ | 俄老鉄のSL探訪C623号機(鉄道技術館) »