« 忘却のシマセンニュウ | トップページ | 隼の飛び出しと飛翔 »

2017年9月16日 (土)

鳴兎

 耳は小さく丸く短い、一見ネズミのような鳴兎(ナキウサギ)。望岳台のガレ場には7月3日に初めて上ったが見られずシマリスのみ、4日に初撮り、5日に同じ場所に二度目の撮影に成功したがPCのフォルダーに入れたままでしたので今回ブログにアップすることにしました。
尻尾は短すぎてあるようには見えない、四つ足は短足そのもの、棲み処のガレ場の周囲にある植物は何でもエサにする食住近接。見られるチャンスは、ギンザンマシコがハイマツの下から突然現れるように、ナキウサギがガレ場の穴からひょっこり現れて縄張り宣言の鳴く時、日向ぼっこなのか岩場の上で動きが止まる時、餌の草木の葉や花、茎などを捕食する時などに見る・撮るチャンスがありました。

_dsc7429

岩の上でピッシピッシと鳴いています

_dsc7515

ナキウサギは食住近接の溶岩が棲息域

_dsc7545

岩の上の草を食む

_dsc7420_2

白いイソツツジの花の岩にシマリスが現れましたが下に下りて行きました

_dsc7569

ヒメスゲのような細い草を噛み切ってエサにする

_dsc7583

短い前足を揃えての採餌

_dsc7590

熱心に採餌

_dsc7654

小さい丸い耳でもウサギの仲間です

_dsc7598
食事の時が写真時です

_dsc7606

_dsc7622

_dsc7633

_dsc7666

毛の色は夏は赤褐色冬は灰褐色から暗褐色

7月5日望岳台のガレ場で草の葉を採餌する蝦夷鳴兎(エゾナキウサギ)でした。

|

« 忘却のシマセンニュウ | トップページ | 隼の飛び出しと飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忘却のシマセンニュウ | トップページ | 隼の飛び出しと飛翔 »