« ギンザンマシコの棲む知床峠 | トップページ | 道の駅駐車場の踏切 »

2017年9月 9日 (土)

オホーツクの名物無人駅

 オホーツクの道の駅「流氷街道網走」から斜里町の道の駅「うとろ・シリエトク」にスタンプラリーに向かう途中、オホーツクエリアのJR釧網線の名物無人駅の藻琴駅・北浜駅・原生花園駅(5月~10月までの臨時駅)・浜小清水駅「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水と併設」・止別駅(やむべつ)・知床斜里駅「知床観光の玄関(道の駅しゃりの近辺)」までのJRオホ六駅(知床斜里は有人駅)と道の駅二駅に立ち寄った。
撮影日2017年6月28日

_dsc3598_2

藻琴駅は大正時代に造られた懐かしい木造駅舎の無人駅

_dsc3599

キップ売場の右の扉は駅事務所を再利用した「軽食&喫茶 トロッコ」の入口

_dsc3600_3

一面一線のホーム、網走方面

_dsc3601

釧路方面

_dsc3602

右端はホームの改札口

_dsc3603

_dsc3606

藻琴駅は高倉健さん主演の網走番外地の撮影地、映画では網走駅として撮影、この映画で網走が観光地になったといわれる。

_dsc3610

北浜駅は日本一海に一番近い駅、駅事務所は喫茶停車場、左に流氷見物の櫓が建つ

_dsc3611

網走方面の線路と海

_dsc3612

釧路・原生花園方面の線路と海

_dsc36160

待合室からのオホーツク海を眺めると名刺だらけ

_dsc3617_2

無人駅の待合室の壁・天井などそこら中に名刺が貼られている

_dsc3614

北浜駅のホームの改札口

_dsc3618

北浜駅駐車場と軽食&喫茶 停車場のお客の車が数台駐車している

_dsc3624

原生花園駅舎と電話ボックス

_dsc3630

駅舎とホーム・線路・駐車場

_dsc3632

駅舎の時刻表

_dsc3620

_dsc3647

展覧ヶ丘展望台からの原生花園駅、花の時期は6~10月

_dsc3651

外国人観光客も多い5月~10月の臨時・原生花園駅の踏切の文字は四ヶ国語

_dsc3654

浜小清水駅、後方はオホーツク海

_dsc3657

道の駅と一緒の駅舎

_dsc3659

二面二線のホーム

_dsc3661

待合室の内部

_dsc3662

浜小清水駅と道の駅

_dsc3664

駅名よりも、えきばしゃが目立つ、無人駅の止別駅と駅事務所を利用したラーメン店&喫茶店のえきばしゃ

_dsc3663

人の出逢いに 別れを止める こりんごの浜波は 純白のいろ 

駅名はアイヌ語の「ヤム・ペッ」(冷たい川)、即ち「止別川」に由来する(Wikipediaより引用)

_dsc3666

昔懐かしいカキ氷の機械はまだ駅舎と同じように現役のようです

_dsc3667

止別駅待合室の様子

_dsc3670

隣の知床斜里駅方面

_dsc3672

無人駅ホームからの改札口

_dsc3689

藻琴・北浜・原生花園・浜小清水・止別などの無人駅を管理する有人駅の知床斜里駅

_dsc36900

待合室

_dsc3678

列車の行き違いの出来る駅の島式ホーム

_dsc3681

二面三線の知床斜里ホーム

_dsc3682

_dsc3685

知床斜里駅は知床の玄関口

_dsc3692

駅前広場のオジロワシのモニュメント

オホーツク海の無人駅の名物グルメは次回訪問時のお楽しみ。藻琴駅の軽食&喫茶の停車場、北浜駅の軽食&喫茶のトロッコ、止別駅のラーメン喫茶えきばしゃのメニューを事前に口コミなどで調べて行くことにしたい。

|

« ギンザンマシコの棲む知床峠 | トップページ | 道の駅駐車場の踏切 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギンザンマシコの棲む知床峠 | トップページ | 道の駅駐車場の踏切 »