« 夏の想い出、ノビタキの給餌 | トップページ | 俄老鉄の北海道鉄道技術館見学 »

2017年10月24日 (火)

福島町青函トンネル記念館

 松前町の道の駅「北前船 松前」から228号線を20Km走ると津軽海峡に面した国道228号沿いに、青函トンネルが海底へと向かう場所・福島町の中心部に「横綱千代の山千代の富士記念館」を従えた福島町の道の駅「横綱の里ふくしま」がある、ここから228号線を知内方面へ約500mに「福島町青函トンネル記念館」がある。

撮影日2017年7月12日

Dscn65930

「横綱千代の山千代の富士記念館」

_dsc46181

記念館で九重部屋の夏合宿が開催され、相撲ファンには人気の道の駅。

_dsc4619

道の駅から約500mに福島町青函トンネル記念館がある

_dsc4620

青函トンネルを模した青函トンネル記念館

_dsc4623

228号沿いに海底地質調査で活躍した潜水艇くろしおⅡ号の野外展示

_dsc46251

くろしおⅡ号の説明板

_dsc4626

青函トンネル記念館の入口、入館料400円、横綱記念館と共通券は700円

Dscn66260

入口から入った正面の受付

Dscn66091

青函トンネルの解説や工事記録の写真などが多数展示

Dscn66071

Dscn6610

福島町は青函トンネルの工事の町で、吉岡海底駅があったのもこの町です。

Dscn66021

3つの青函トンネルの説明

Dscn66031

トンネル本坑の概要と断面図

Dscn66051

青函トンネルの新幹線と貨物列車

Dscn66061

新幹線の広軌と貨物列車の狭軌の三線

Dscn66141

なた彫りの仏師 円空

Dscn66151

円空作 来迎観音像 (福島町吉野教会所有)

Dscn66161

円空の蝦夷地行脚の足跡

Dscn6617

入口に展示されている大形のトンネルボーリングマシン

Dscn6618

トンネルボーリングマシンの裏側

Dscn6600

屋内に展示されていたトンネル掘削の道具・機械類

Dscn6619

Dscn6620

Dscn6621

アジテーターカー(生コンクリートの運搬車)

Dscn6624

緊急用排水ポンプ台車

Dscn6625

トンネル掘削機械類が青函トンネル記念館の周囲に野外展示

« 夏の想い出、ノビタキの給餌 | トップページ | 俄老鉄の北海道鉄道技術館見学 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の想い出、ノビタキの給餌 | トップページ | 俄老鉄の北海道鉄道技術館見学 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト