« 北海道新幹線の撮影スポット | トップページ | 草地で採餌するアカゲラ »

2017年10月20日 (金)

アリとキツツキ

 イソップ物語にアリとキリギリスがありますが、これはアリとキツツキです。子育て中のアカゲラ♀が軽業師のように細い枝に仰向けにぶら下がり蟻を採餌している珍しい様子です。こんなブログも有りでしょうか。あるとすればそれはウソップ物語です。


こんな調子で安易にブログを書き始めましたが、写真を貼っているうちにどうもアリではないように見えましたので、クリの木の葉と花、クリの木の害虫などをネットで調べて行く過程で先入観でアリと思っていた虫はクリの木の害虫、クリオオアブラムシのようです。

撮影日は時の記念日の6月10日

_dsc86041

長楕円形の鋸葉は栗の木のようです、L24cmのアカゲラに対し長さは15cmもあります。このクリの葉を樽のように丸めた葉を採餌中のアカゲラ♀が見つけたようです

_dsc86061 

エサを見つけた歓喜の羽ばたき? クチバシの先に虫の丸めた葉が見えます 

_dsc86071 

クリの葉で見えませんが虫を採餌している様子です

 

 

_dsc86241

 

クチバシの先に葉を丸めた虫の巣があるようです、この葉をクチバシでつっいているのでしょうか?

_dsc86132

虫のようなものが下に落ちて行きます

_dsc86291

更にクリの木の若枝の枝先に飛びました

_dsc86341

クリの花の蕾の根元に大きさ5mmのアリのように見える虫、これがクリの木の害虫、クリオオアブラムシと思われます。

_dsc86391

採餌したクチバシの回りに虫がはみだしています

_dsc86392

トリムするとシャクトリムシような幼虫も咥えています、クリの木の若枝に寄生しているのは5mm程度の大きさのクリオオアブラムシだけではなさそうです。アリも混在して共生しているかも知れません

_dsc86401

クリオオアブラムシは長さ15cm位の細長い花の蕾、尾状花序(かじょ)の根本に群生している、白い花が咲くと例のクリの花の臭い匂いを思い出す。

_dsc86461

クチバシからはみ出す程虫をいっぱい咥えています

_dsc86471

虫を咥えた正面顔、お土産を持って餌を待つヒナがいる巣穴に戻ります

_dsc86611

アリと思っていたのがクリの木の若枝に群生する体長最大5mmのクリオオアブラムシでした。キツツキのアカゲラは木をつっいて虫を捕るとは限らないと知りました。生涯学習の一日、こんな日もアリです。

« 北海道新幹線の撮影スポット | トップページ | 草地で採餌するアカゲラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道新幹線の撮影スポット | トップページ | 草地で採餌するアカゲラ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト