« プレーバック2017 ハヤブサの給餌 | トップページ | 平成三十年 戌年 »

2017年12月29日 (金)

プレーバック2017 稚児隼

 チゴハヤブサは北海道と東北地方北部に夏鳥として渡来、繁殖する。(出展:Wikipedia)とあるが、この影響なのか北海道と東北地方北部のチゴハヤブサのブログにも同じような事が書かれているのを見かけます。

野鳥撮影をはじめた2005年以来2011年までの5~6年間のチゴハヤブサの撮影は主に信州であった。アカショウビンが育雛する森での給餌を撮影後に、長野県須坂市の神社の杜でチゴハヤブサを撮影していた。昔から信州にもチゴハヤブサは渡来して繁殖していたのである。北海道と東北北部のみの渡来・繁殖とは限らないのであった。
最近は写真の町、東川町でのチゴハヤブサの撮影の機会が多くなったが、5,6年前の北海道での最初のチゴハヤブサ撮影地は旭川の護国神社であったと記憶している。
今年はハヤブサの巣立ち後に親から給餌を受ける時期になって、カラスの巣跡に渡来して来た繁殖が遅い、チゴハヤブサの求愛給餌と思われる時期に遭遇したと思われる。

_dsc60851

カラスの巣跡をリユースしてマイホームにしている赤松の稚児ハヤブサ

_dsc54321

赤松の天辺近くのカラスの巣跡を利用しているチゴハヤブサの巣の中の様子は親♀の尻尾しか見えません

_dsc46233

手前の♂が♀に求愛給餌?

_dsc46242

雌に与えず雄の逃亡?

_dsc46252

_dsc46262

_dsc46272

雄はどこへ?他の♀かな?全くの不明?

_dsc58442

今度は 右が♂左♀

_dsc58461

♀は獲物をしっかり咥えている

_dsc58501

♂は離さない!

_dsc58521

♂はなかなか何故か?離さない?

_dsc58551

雌雄の綱引きならぬ餌引きのようだ!

_dsc58571

体力に勝る♀の勝、♂の嘴には毛のみ

_dsc58591

♀は獲物を奪い飛び去る

_dsc58621

飛び去る♀、空振りの♂

_dsc59211

お手上げでしょうか?


新解釈で見たチゴハヤブサの求愛給餌でした。

« プレーバック2017 ハヤブサの給餌 | トップページ | 平成三十年 戌年 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プレーバック2017 ハヤブサの給餌 | トップページ | 平成三十年 戌年 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト