« 平成三十年 戌年 | トップページ | 初春の放鷹術・女性鷹匠の振替 »

2018年1月 4日 (木)

新春の空に鷹が翔・浜離宮庭園

 平成三十年戌年、華やかなお正月が浜離宮恩賜公園で伝統ある鷹狩の技「放鷹術」の実演ではじまりました。下記資料は1月2日に現地で配布されたリーフレットです。
昨年の酉年は鳥インフルエンザで中止されましたが、二年ぶりに戌年の正月二日は穏やかな天気に恵まれて「一富士二鷹三茄子」の縁起の良い鷹を
諏訪流鷹匠による放鷹術の実演を堪能してきました。

Img001

2018年1月2、3日浜離宮恩賜公園のイベント<主な内容>
・新春の空に鷹が舞う!放鷹術の実演 11:00・14:00 内堀広場にて開催
・お楽しみ広場 10:00~15:30 野外卓広場にて開催
・「燕の御茶屋」で記念撮影! 10:00~15:30 燕の御茶屋
・庭園ガイド 10:00・13:00 サービスセンター前集合
・「松の御茶屋」特別ガイド 10:00・10:45・11:30・12:15・13:00・13:45・14:30・15:15 松の御茶屋集合
・軽飲食の販売 10:00~16:00 内堀広場にて販売
・抹茶のご提供 9:00~16:45 中島の御茶屋にて提供

_dsc3254

「輪周りの実演」田籠善次郎鷹師の後に例年と同じように大塚紀子鷹匠が続く,三番目は稲田早苗鷹匠、4人目は龍君代鷹匠補、5人目篠田朔也鷹匠補、しんがりは菊池正人鷹匠補

_dsc32721

輪周り 三井ビルの屋上から実演の榊原鷹匠補はここにはおりません

Dscn78421
1月2日11時の諏訪流鷹匠門下生の紹介_dsc33261

田籠善次郎鷹師

_dsc3291

大塚紀子鷹匠

_dsc3288

稲田鷹匠 お子様連れのお母さん鷹匠

_dsc3286

龍鷹匠補

_dsc3292

篠田鷹匠補

_dsc3295

菊池鷹匠補

_dsc33420

司会の鷹匠補と門下生

_dsc33221

諏訪流18代宗家大塚紀子鷹匠の実演前の挨拶、従来は17代宗家田籠善次郎鷹師が実演前の挨拶をされていたが今年からは代替わりしている。

_dsc33431

「振替の実演」田籠鷹師と篠田鷹匠補の実演

_dsc33551

右の篠田鷹匠補から鷹が左の田籠鷹師に向かって翔ぶ

_dsc33631

両者の中央あたり、地上すれすれに翔ぶが如し

_dsc33701

田籠鷹師に振り替える

_dsc33703

上の写真の拡大、このあと田籠鷹師から篠田鷹匠補に振り替える

_dsc34081

「渡りの実演」振替えた
鷹を篠田鷹匠補が木に鷹を飛ばす

_dsc34351

木に飛ばした鷹を篠田鷹匠補の腕に呼び戻す渡りの実演は成功!2年前と同じ飼いならしたオオタカならばこの鷹の名は「颯雅:そうが」と思われる。

_dsc3484

「鷹匠体験の実演」観客の中から希望者4名限定での振替の実演

_dsc3573

積極的に手を挙げて鷹匠体験に参加した観客の嬉しそうな表情、右は実演指導する大塚鷹匠

_dsc3607 

メインイベントの三井ビルの屋上から榊原鷹匠補がハリスホーク(モモアカノスリ)を飛ばす

_dsc36131

三井ビル屋上のトリム 

_dsc36171 

屋上から急降下するハリスホーク のトリム

_dsc3626 

急降下したが地元のカラスとトビを警戒して会場脇の木の中に入り込んで出てこないので次の実演に移る

 

_dsc3633

「飛流しの実演」稲田鷹匠(子供連れのお母さん鷹匠)

_dsc3657

バードランチャから急に飛び出した鳩を空中で捕獲して地上に下りた直後、空中ではカメラが追い付かずピンボケでした(まだ修業が足りません)

_dsc3669

ハトを傷つけずに取り上げてご褒美の鳩肉を与える稲田鷹匠

午前中の実演は飛び流しで終了

 

 

 

« 平成三十年 戌年 | トップページ | 初春の放鷹術・女性鷹匠の振替 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成三十年 戌年 | トップページ | 初春の放鷹術・女性鷹匠の振替 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ