« 新春の空に鷹が翔・浜離宮庭園 | トップページ | 新春に鷹が舞う、渡りの実演 »

2018年1月 5日 (金)

初春の放鷹術・女性鷹匠の振替

 新年を迎えるにあたり、浜離宮恩賜庭園が正月2日から開園され、伝統ある鷹狩の技「放鷹術」の実演で女性鷹匠による「振替」が華やかに行われました。
「振替」とは鷹匠と鷹匠の拳の間を鷹に行き来させる訓練、裾前(担当鷹匠)のみならず、高貴な方、初めて会う方にも警戒せずに止まれるように教える。(当日配付されたリーフレットの説明より)

諏訪流放鷹術 田籠善次郎17代宗家より18代を允許(いんきょ:認可された)された大塚紀子鷹匠と稲田早苗鷹匠の女性鷹匠二人による初春の見ごたえある「振替」の共演・競演・協演でした。
撮影日2018年1月2日午後2時20分

 _dsc3996

大塚紀子鷹匠

_dsc4000

大塚紀子鷹匠から押しだすように飛び出だしたオオタカ 

_dsc4008 

待ち構える稲田早苗鷹匠 鷹にもお母さんの優しい笑顔

_dsc4015 

稲田鷹匠の左の拳に飛びつくオオタカ 

_dsc4018 

稲田鷹匠から放されたオオタカ 

_dsc4019 

稲田鷹匠から大塚鷹匠へ投げ出された直後 

_dsc40200

 

稲田鷹匠から大塚鷹匠へ

_dsc40211

大塚鷹匠の拳に向かう

_dsc4036

オオタカに背を向けて受ける大塚鷹匠

_dsc40430

左の鞢(エガケ)の拳に赤く見えるのはエサのトリ肉?

_dsc40440

オオタカが羽を広げてブレーキを掛けて止まる

_dsc4045_2

_dsc4048

餌は見せるだけで与えなかったようです

_dsc4052

二度目の鷹に初速を付けての鷹飛ばし

_dsc4053

オオタカを投げ飛ばす

_dsc4054

左腕から鷹を投げた瞬間

_dsc4061

拳に餌を握って笑顔で待ち受ける稲田鷹匠

_dsc4064

右手に持つ餌のトリ肉を見せている

_dsc4085

エガケの左腕にとまる

_dsc4086_2

_dsc4089

_dsc4102_2

ご褒美の餌を与える

_dsc41021

餌を食べるトリム

_dsc4107

据前(すえまえ:飼い主)の稲田早苗鷹匠の拳の上で振替の終了、このあとは「渡り」の実演でしたが次回にします。

« 新春の空に鷹が翔・浜離宮庭園 | トップページ | 新春に鷹が舞う、渡りの実演 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新春の空に鷹が翔・浜離宮庭園 | トップページ | 新春に鷹が舞う、渡りの実演 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト