« 熱海梅園まつり熱海芸妓衆の踊り | トップページ | ドクターイエロー(新横浜駅停車) »

2018年2月 5日 (月)

熱海桜の好きな糸川の雀

 第74回梅まつりの熱海芸妓のイベントがあった日、1月28日(日)の熱海梅園中央広場で10;00から11:30まで熱海芸妓連の野点茶会・演芸会・甘酒無料サービスの後に梅見の滝を観てから澤田政廣記念美術館バス停から熱海駅行バスに乗り、糸川橋の上にある銀座バス停で下車する(5枚目の写真)。
昨年は熱海駅から、或いは宿泊したホテルなどから撮影目的地の熱海梅園・来宮神社・糸川遊歩道などまではぶらぶら歩いたが今年は、全て熱海市内を走るバス路線のお世話になった。野鳥撮影の気力の低下とともに脚力が落ちた証左は否めないようである。今回はあたみ桜とスズメの話題です。

_dsc6727 

熱海芸妓連の演芸会のあとは甘酒無料サービスで暖まる 

_dsc6739 

梅見の滝の手前下から鹿児島紅越しに 

_dsc6979 

澤田政廣記念美術館の熱海桜庭の下から梅見の滝 

 

_dsc6987 

 

澤田政廣記念美術館の入口は梅園まつりの最中は車の出入は閉鎖されている。二週間前に美術館内を見学した時はこの庭の熱海桜はまだ開花前であったが当日も一分咲き程度でメジロも寄り付かず

 

 

_dsc71211

 

梅園から国道135号上り線の糸川橋の銀座バス停まで歩けば20-25分だがバスでは6~7分170円也

 

 

 

_dsc70010

 

銀座バス停の糸川の袂(たもと)にあるあたみ桜基準木、傍らにあたみ桜の由緒と標識と記念石碑が並んでいる。ここは記念撮影のスポット、あたみ桜は6-7分咲き

_dsc7804

あたみ桜の枝先に雀の群れが・・・

_dsc7444

あたみ桜基準木の花にスズメが・・・花蜜を吸う?

_dsc7447

クチバシの先にさくらの?

_dsc7461

花蜜を吸蜜するメジロと違いクチバシの太いスズメは花蜜を吸えないの・・・

_dsc7465

クチバシにサクラの子房のカス?

_dsc7522

桜の子房を啄ばむ?スズメ

_dsc7524

メジロは花の前から吸蜜、スズメは花の後ろから子房あたりを食い千切る?

サクラにメジロは似合うが桜に雀は似合わないが熱海糸川のスズメはあたみ桜の蜜を吸うようなダーウィンの進化論があてはまるような進化があるのか?その真価が今後の糸川のスズメの見物である。

« 熱海梅園まつり熱海芸妓衆の踊り | トップページ | ドクターイエロー(新横浜駅停車) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱海梅園まつり熱海芸妓衆の踊り | トップページ | ドクターイエロー(新横浜駅停車) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ