« サクラ🌸の花・華・ハナ | トップページ | 目黒川桜まつり・夜桜見物 »

2018年3月26日 (月)

目黒川🌸桜まつり

さまざまなこと 思い出す さくらかな  芭蕉

この歳になるとあと何回、あと何年桜を見られるのか、桜の時季になると思い出す松尾芭蕉の名句。 3月25日の日曜日は中目黒駅は目黒川桜まつり見物の観光客で大混雑であった。中目黒駅改札を出る前からの人の流れは大渋滞、駅前の山手通りの歩道の信号を渡るのに信号5回待ちで歩道に出る、青信号に変わっても渡り切れない混雑ぶりで自分の在職中の体験では無かったことである。毎日通勤していた17年前には目黒川の桜がこんなに有名になろうとは夢にも思わなかった。外国人と見られるアジア人も多く、西洋人もかなり観光している国際的になった目黒川桜まつりである。

撮影日3月25日 17時~18時

Dsc_4382

舟入場の公園から下流の田楽橋、左は昔スギ花粉症で通った共済病院

Dsc_4396_2

田楽橋から上流の舟入場の公園方向

Dsc_4407

田楽橋と下流の中里橋の間に、歩行者専用のなかめ公園橋がいつの間にか出来ていた、橋を渡る観光客が見える

Dsc_4411_2

スタンレー電気本社と桜、6年前に七階建ての新社屋となってから初見の社屋が眩しかった。

Dsc_4427

歩行者専用のなかめ公園橋を初めて渡る、橋の上から撮影、20代の若い頃大雨で目黒川が氾濫したことを思い出す。今は舟入場地下の貯水池があるので道路の上まで氾濫するこなど考えられない

Dsc_4440

2012年11月に落成した新社屋と目黒川沿いの若い桜、さまざまなこと 思い出す 桜かな 芭蕉の気持ちが分かる気がする

Dsc_4451

なかめ公園橋付近を歩く目黒川桜まつりの観光客

Dsc_4432

なかめ公園橋から下流の中里橋、上の写真は右岸の道路、目黒清掃工場の白い煙突

Dsc_4461

目黒川両岸のサクラ

Dsc_4452

老木に胴咲き桜のソメイヨシノ

Dsc_4469

田楽橋から下流のふれあい橋方面を見物する人々

Dsc_4470

田楽橋から上流の中目黒方面、見える橋はなかめ公園橋

Dsc_4501

田楽橋のソメイヨシノ

Dsc_4560 

田楽橋から下流のふれあい橋方向の両岸のサクラ

 

夜景が始まった6時頃、ここから中目黒方面に引き返す。

« サクラ🌸の花・華・ハナ | トップページ | 目黒川桜まつり・夜桜見物 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サクラ🌸の花・華・ハナ | トップページ | 目黒川桜まつり・夜桜見物 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト