« 坊っちゃん列車の乗車と方向転換 | トップページ | ひたち海浜公園のネモフィラが見頃でした »

2018年4月18日 (水)

特急いしづち9号アンパンマン列車など

 本州四国連絡橋、本四架橋3ルートが出来てから四国は島とは思えない程近くになった。四国へ初めて渡ったのは40数年前に、大阪支店の同僚に同行して南海汽船で和歌山から徳島へ、当時の流行りの製品であった8トラックカーステレオの海外向けを製造していた徳島船井電機へ出張したのが最初であった。3度目からは宇高連絡船で宇野から高松へ、その後は宇野からホバークラフトや水中翼船で高松へ渡った、ビジネスマン時代の品質保証で全国を巡った時代の記憶の概要が蘇える。 過去には横浜から車で四国一周旅行を経験したが国鉄やJRで四国に渡ったことがない。今回は新横浜JR東海ツアーズのぷらっと・旅のプランでの列車での旅である。車の旅行ではキャリーバッグはお荷物とは思わなかったが列車や公共交通機関での移動では大きなお荷物になった。エレベータやエスカレータの無い駅の階段の上り下りやJR列車の網棚の上に載せる力もなくなり、指定座席ではキャリーバッグと同席する珍事もあったが久しぶりに思い出が多い、JR四国で乗車した特急列車などの旅の様子です。

Img0122

4月10日は高松港→土庄港へ小豆島観光と宿泊、4月11日高松⇒松山 4月12日松山⇒琴平の乗車記念使用済印

Img0123

4月13日丸亀城見物を現地で予定変更、丸亀駅ではキャリバックを持ちながら階段の上り下りに苦労した。四国の四泊目の大歩危へ移動

Dsc_5579 

4月11日高松始発いしづち9号アンパンマンの8号車(後尾) 

Dsc_5586_2

アンパンマン8号車運転席側面

Dsc_5585

アンパンマン号

Dsc_5580_2

いしづち9号先頭車両 6号車

Dsc_55880

6号車の自由席室内 松山まで空席が目立つ、平日の11日~14日の予讃線と土讃線の特急は全て自由席で楽に座れた

Dsc_5584

高松駅に停車中の岡山行マリンライナー、朝の岡山駅では通勤客が混んでいた

Dsc_5587

岡山行マリンライナーの最後尾

Dsc_55872

マリンライナーのヘッドマークは瀬戸大橋開通30周年、このマークは瀬戸大橋開通記念イベントの共通マーク

Dsc_5589

いしづち9号運転席、高松から宇多津駅まで信号を指差しながら運転する様子が見えた

Dsc_5593

宇多津駅で岡山から先に到着した しおかぜ9号アンパンマン列車と連結する

Dsc_5596

連結作業の見学

Dsc_5598

左しおかぜ9号 右いしづち9号

Dsc_5603

岡山から来た特急しおかぜ9号に高松から乗車してきた特急いしづち9号が宇多津駅で連結・発車する様子した。

Dscn8367

JR松山駅から伊予電に乗車、道後温泉のホテル花ゆづきにキャリーバッグを預けに行く、その後に旅の目的のひとつ、坊っちゃん列車に乗車する

Dscn8384

伊予電のすれ違い

Dscn8388

坊っちゃん列車(第1編成)とのすれ違い

Dscn8389

伊予電 道後温泉駅、からくり時計や道後温泉本館などをホテル花ゆづきまでゴロゴロ・ガラガラとキャリーバッグを引きながら10分道後温泉街を行く。

Dsc_5939

ホテルからタクシーでロープウェイ乗り場まで、ここでキャリーバッグを貸ロッカーに入れる。松山城見物はロープウェイとリフトのどちらかで往復する、リフトで下山する途中でロープウェイに追い抜かれる

Dsc_5994

12日特急南風で松山→多度津

Dsc_6002

多度津駅

Dsc_6003

多度津駅は四国鉄道の発祥の地、少林寺拳法の発祥の地のモニュメントもあった。

Dsc_6462

多度津駅展示のSLを車内からパチリ

Dsc_6161

Dsc_6229

特急南風アンパンマン列車で多度津→大歩危

Dsc_6230

特急南風アンパンマン号の車内 

Dsc_6437

大歩危駅 大歩危遊覧船・祖谷のかづら橋・小便小僧・平家資料館などの観光地巡りとホテルまではタクシーが動くロッカーとなった。宿は祖谷峡のホテル秘境の湯

Img0131

Dsc_6241

14日大歩危駅ホームで特急南風を通過待機中の全車グリーン車指定席「四国まんなか千年ものがたり」3両編成の先頭の3号車(中国人の観光団体が乗車)

Dsc_6450

3号車は紅葉の色彩、乗車口に「四国まんなか千年ものがたり」と秋彩の章(あきみのり)2号車は白い色彩で冬清の章(ふゆすがし)1号車はは緑の色彩で春萌の章(はるあかり)の文字がそれぞれの車輛のドアに描かれている。さすがは全車指定グリーン車。乗車時にはアテンダントが乗車口にマットを敷く

Dsc_6449

「四国まんなか千年ものがたり」3両編成の真ん中の2号車輛と祖谷のかずら橋の模型

Dsc_6442

「四国まんなか千年ものがたり」3両編成の最後尾の1号車 春萌の章(はるあかり)

Dsc_6461

特急南風16号にて岡山へ、指定席券は南風18号であったが指定券が無駄になったが1時間前の自由席で岡山駅へ

Dsc_6482

岡山駅前の桃太郎像 右肩にキジ、かざす左手にハトがとまる

Dsc_6500

1時間では岡山城への時間が無い、岡山駅前の市電の撮影

Dsc_6512_2

岡山駅 のぞみ42号が定刻に到着

Dsc_6513

N700アドバンス のぞみ42号5号車指定席にて、網棚に載せる力が無くキャリーバックと同席した。旅の終わりは新横浜に定時の19:54着。晴天に恵まれた6日間の四国の旅でした。





« 坊っちゃん列車の乗車と方向転換 | トップページ | ひたち海浜公園のネモフィラが見頃でした »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坊っちゃん列車の乗車と方向転換 | トップページ | ひたち海浜公園のネモフィラが見頃でした »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト