« 瀬戸大橋30周年記念日のサンライズ瀬戸 | トップページ | 特急いしづち9号アンパンマン列車など »

2018年4月16日 (月)

坊っちゃん列車の乗車と方向転換

 記憶では3回目の道後温泉であるが坊っちゃん列車の乗車は未体験であった。坊っちゃん列車は明治時代に松山市内を走行していた軽便鉄道時代の伊予鉄道の蒸気機関車(SL)と牽引していた列車のことです。夏目漱石の小説「坊っちゃん」の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が「マッチ箱のような汽車」として登場しており、松山の中学校に赴任する主人公の坊っちゃんがこれに乗ったことから、坊っちゃん列車と呼ばれるようになったそうです。現在の復活した坊っちゃん列車のレプリカ車両は ディーゼル機関車D1形1+ハ1形1.2(第1編成)とD2形14+ハ31形31(第2編成) の2編成で運行していますが乗車体験は、第2編成のD2形14 道後温泉発15:37→古町16:06着 終点の古町の車庫前で方向転換してから待機線に入るまで見学して古町より上一万駅で乗り換えで道後温泉に戻りました。道後温泉駅の待機線に途中ですれ違った第1編成が停車していました。
乗車日 2018年4月11日

Map1 

Dsc_56461_2

路線図と時刻表・運賃

 Dsc_5630

伊予鉄道 道後温泉駅の待機線の第2編成 D2形14

Dsc_5632

 第2編成 D2形14 

Dsc_5631

第2編成 D2形14 

Dsc_5634

第2編成 D2形14 後方は伊予鉄道の道後温泉駅 

 

Dsc_5636

 第2編成 D2形14 の機関室

 

Dsc_5639
第2編成 D2形14 

Dsc_5643 

第2編成 D2形14

Dsc_5642_3

Dscn8394

第2編成 D2形14  運転台

Dscn8401

連結器 

Dsc_5651

 

引き込み線からホームに入線する直前

 

Dsc_5654

引き込み線からホームへ

Dsc_5656

Dsc_5657

第2編成 D2形14 ホームに入線

Dsc_5658

漱石や子規の明治時代の服装の機関士と車掌、車掌に整理券を渡し乗車券を示す、平日の午後3時半過ぎは観光客は少ない

Img0102

市電の乗車賃は160円 坊っちゃん列車は800円

Dsc_5659

客車から機関車の後部

Dsc_5662

客車から機関車

Dsc_5668

Dsc_5667

車掌が木造りの客車の説明をして鎧戸の日よけを見せる

Dsc_5670

名所ごとに車掌が観光名所を説明

Dsc_5675

Dsc_5676

連結器

Dsc_5677

坊っちゃん列車の第1編成とすれ違い

Dsc_5682

古町駅に到着

Dsc_5684

古町駅

Dsc_5688

古町駅で切り離し

Dsc_5690

転換場所へ

Dsc_5692

転換場所でSLが内臓の油圧ジャッキーで浮き上がり、機関士が人力で方向転換

Dsc_5694

二人で押しての協同作業

Dsc_5696

動輪が浮き上がり方向転換

Dsc_5698

Dsc_5702

方向転換してから客車の方向へ

Dsc_5705

人力で客車を引っ張る

Dsc_5712

SLが客車の待機場所へ

Dsc_5714

方向転換した処は枕木より高くレール面と同じ高さの土台の上でジャッキアップ

Dsc_5720

客車の方向へバックして行くSL

Dsc_5722

Dsc_5726

連結作業

Dsc_5731

バックで古市車庫へ 明日の上りかな?

Dsc_5739

古町より市電に乗り宿泊する道後温泉に戻ると道後温泉駅待機線に途中ですれ違った第1編成のD1形1+ハ1形1.2(第1編成)

Dsc_5740

第1編成はハ1形客車2両

Dsc_5741

D1形1+ハ1形1.2(第1編成)正面

Dsc_5742 

 

D1形1+ハ1形1.2(第1編成)

« 瀬戸大橋30周年記念日のサンライズ瀬戸 | トップページ | 特急いしづち9号アンパンマン列車など »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瀬戸大橋30周年記念日のサンライズ瀬戸 | トップページ | 特急いしづち9号アンパンマン列車など »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ