« 早朝のカタクリとエゾリスの宴 | トップページ | 遊歩道のヤマゲラ »

2018年5月 5日 (土)

川で採餌するアライグマ

 北大研究林を探鳥しているとまだ若いゴジュウカラがカメラに近づいてくる、カメラの焦点内まで近づくので、人に慣れているのか?、まだ幼い若鳥なので人見知りしないのか?、なかなか傍から離れないで飛び回る。ゴジュウカラに遊ばれていると今度は約30m離れた倒木からタヌキ?のような顔をした中形犬くらいの大きさの動物が近づいてきた。レンズの焦点近くの足元まで近づいてきた、シッポの模様でタヌキとは違うアライグマであった。

撮影日 4月21日

_dsc2652

北大研究林を探鳥で歩くと人懐っこいゴジュウカラの若鳥が寄って来る

_dsc2743

今度はタヌキのような動物もどこからか寄って来る

_dsc2750

足元で上目遣いの餌をねだる姿勢かな?

_dsc2758

人を恐れないのでこちとらが怖くなる気分!

_dsc2764

目の前でこの演戯が始まる、どこかで見たポーズ?犬かなネコだったかな?

_dsc2767

いくらおどけてもこちとらはエサを持たない!あってもあげない!!

_dsc2783

暫くしてすごすごと?足元から森の中へ去って行った。内心ほっともっと

_dsc2838

暫く森の中を散策して帰り際に川の中を先ほどのアライグマが幌内川を渡るのを見かけた

_dsc2848

川の中で水面の上から水中を探索しているようだ

_dsc2858

川岸の土手の下などを前足で掘る姿

_dsc2864

倒木の下を餌探し

_dsc2870

倒木の上から土中を探す

_dsc2877

湿地の泥の中まで餌探し

_dsc2891

また川の浅瀬を渡る

_dsc2899

このように前足で水の中を餌探しする姿からアライグマと名付けられたようです、餌を水で洗う訳ではなさそうです

_dsc2909

顔が水面に浸からないように上を向いて、前足を限界まで水中・土中に入れての餌取です

_dsc2914

水面から出て岸に上がります、何か?収穫があったようです

_dsc2919

捕った獲物を洗う訳でもなし、そのままモグモグしていました。

水中で獲物を掴む様子が洗うように見えることからアライグマの命名のようです。

昨年はこのアライグマのせいで浦臼神社のエゾリスが撮れなかったが今年は場所は異なるがアライグマの習性を垣間見る機会に恵まれたようです。

 

 

« 早朝のカタクリとエゾリスの宴 | トップページ | 遊歩道のヤマゲラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝のカタクリとエゾリスの宴 | トップページ | 遊歩道のヤマゲラ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ