« ノビタキの給餌はA~Eまで | トップページ | 蓮華躑躅とノゴマの囀り »

2018年6月29日 (金)

怪草蝦夷乳(エゾニュウ)と野鳥

 ロシヤの怪僧ラスプーチンは帝政ロシヤの怪物と言われた歴史的な怪人物。ロシヤの海岸線と対峙する北海道の海岸線に自生する奇怪な植物の形が毎年気になる。セリ科シシウド属の植物で高さ3mにもなる大きな怪草の名はエゾニュウ。天塩川流域の河口近くで堂々とニュウッと生える大きな蕾が草原の中でひときわ目立つ。野鳥も高さが気に成るのかエゾニュウの蕾によく止まる。曇天の空抜けだが今回は野鳥よりも怪草が主役です。

撮影日6月23日

_dsc07801

花が開き始めたような、キャベツの形の上にホオアカ

_dsc08051

玉ねぎのお化けのような大きさの蕾の上に給餌のノゴマ

_dsc16491

ノビタキ♀

_dsc16780

ノビタキ♂

_dsc17520

ひねくれて曲がった形の蕾の上に給餌のノビタキ♂

_dsc17940

早くも白く開花した花にノビタキ♀

_dsc18241

エゾカンゾウの近くの蕾

_dsc18281

珠二つの蕾とノビタキ♂

_dsc19501

エゾニュウの蕾とノビタキ

ベニヤ原生花園でもエゾニュウを見ましたがこちらの海岸線の方が規模が大きく、これから7月の開花時期には白い花に溢れるものと思われますが今の時期が不思議な形をした蕾などがよく見られる怪植物。

 

« ノビタキの給餌はA~Eまで | トップページ | 蓮華躑躅とノゴマの囀り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノビタキの給餌はA~Eまで | トップページ | 蓮華躑躅とノゴマの囀り »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ