« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

支笏湖野鳥の森・観察舎の池

 北海道に来るたびに最後の野鳥撮影地の一つは支笏湖野鳥の森・観察舎としてから十数年経つ、今年も例年のように帰浜の前日に観察舎に出入りした。 

20180718_2昔は観察舎の付近でクマゲラの採餌を撮影したが今年は観察舎の入口付近の枯れ木にクマゲラが毛づくろいしている様子を木の真下から見上げるように撮影したがまるでカラスの様な写真であった。例年ならば早朝から1時間位の撮影時間でクロツグミやオオルリなど十数種類の小鳥が撮れたが今年はコルリなど5、6種類だけで年々鳥の種類が少なくなり、野鳥撮影のカメラマンは多くなるようである。

撮影日7月18日

_dsc9486

キビタキ♂

_dsc95130

キビタキの水浴び

_dsc95241

北海道にしかいないハシブトガラ

_dsc95291

ハシブトガラ

_dsc96101

観察舎の入口付近の枯れ木の天辺にクマゲラ

_dsc96451

ここは採餌場所のようです、真上のクマゲラを木の真下から見上げるようにしか撮れません

_dsc97381

コルリ♂

_dsc97411

コルリの水浴び

_dsc96700

ヤブサメ

_dsc96971

ヤブサメ

_dsc96521

_dsc96561

この二枚はよくわかりません、キビタキ♀のようにも思えます

 

 

 

 

 

2018年7月30日 (月)

霧多布岬の親子

 北海道の雄大な風景と絶壁の霧多布岬(湯沸岬)、快晴の日は海と空と花が映える風景の中にラッコと海鳥の親子を観た。
1万5千キロも走った年は効率の悪いドライブが多いのはご当地入場券の収集に手間取っているのが原因である。道の駅完全制覇の手続き後の11日以降は全体の1/4にあたる25駅を収集したが16日はこの浜中町・浜中駅の一枚だけである。
霧多布の浜中町には今年は2度とも霧の中であったが3度目の正直で快晴の日の訪問となった。根室本線の浜中駅(無人駅)のご当地入場券は浜中町のセコマで販売している情報で出掛けたが浜中駅より10kmも離れた場所、市街地に近い茶内駅の方がセコマに近い国道沿いに訪れるとここでは販売してなく、霧多布温泉ゆうゆで販売している情報を得た。この一枚のために道の駅こいといから片道140kmも走ることになったが霧の多いことでその名が付いた霧多布は、3回目にして快晴の撮影日に恵まれて、いかにも北海道の大自然の中で動物の親子に巡り合えた。

撮影日7月16日(月)

_dsc94010

霧多布岬(湯沸岬)の先端の岩礁、ここは海鳥のコロニー

_dsc94000 

エゾカンゾウ・ヒオウギアヤメ・シシウドなどの草花の百花繚乱

_dsc94061 

おや? 手前の岩礁に動くもの 何かいるぞ

_dsc94101 

ラッコの親子でした、何回も霧多布岬を訪れているが初見である 

 

_dsc94161

岬の先端から岩礁の下に見えるラッコの親子、1200mm相当の撮影で8倍にトリムしてもこの程度

_dsc9432

一番近くの岩の上にセグロカモメの親子4羽

_dsc9437

_dsc9458

_dsc94250

岩礁の先端にウミウとヒメウと思われる

_dsc9428

ウミウとヒメウの集団繁殖地と思われる

_dsc9450

繁殖の時期、ウミウと少し小さいヒメウのそれぞれの親子が混在していると思われる岩礁でした。

野鳥撮影のついでに道の駅のスタンプとご当地入場券のコレクトであったが、この日は逆のご当地入場券の購入のついでに快晴に恵まれたこともあり、野鳥撮影となった日である。


2018年7月27日 (金)

クマゲラ雌雄の巣作り(再編集)

 7月20日に涼しい北海道から猛暑の横浜に帰浜してから、一週間が早くも過ぎ去った。今朝は北海道のような涼しい朝の目覚めで思い出の北海道のPC作業も快調である。

4月20日にフェリーを降りた苫小牧港でのマイカーの走行距離は18330km、7月19日苫小牧港乗船時の総走行距離は33531km、道内で15201km走り回ったことになる。日本縦断3000kmとすると5回も縦断した距離、給油回数三日に一度の28回のガソリン使用量は786リットル、料金は118千円余、昨年は同じ3ヶ月間で11727km、22回の給油、646リットルであったが、今年はJR北海道のご当地入場券の収集でJR北海道の100駅を訪れたので昨年よりも3000km以上も余計に走行した結果である。


帰浜後まずは体調の診断でかかりつけ医のクリニックで診察、白衣の先生に今年も白い恋人がお土産、体重は目標の5kmダイエット、血圧125で合格、血糖値もまずまずの数値で異常なし、新たに40日分の内服薬を調剤して戴いた。
バッテリー電源故障のPCは専用部品の修理で一ヵ月を要すると診断され、取り合えずACアダプターを新調して、3時間稼働出来るまで充電してからPC作業をしている応急修理状態。
車の定期点検と整備ではタイヤにスリップサインが出ているので新品タイヤに交換、歯医者で抜けた差し歯をセメントで修理と歯のお掃除をお願いする。両手ののバネ指と腱鞘炎の治療は来週の予定になる。

今回は野鳥撮影旅初日の4月21、22日に北大演習林で撮影したクマゲラ雌雄の巣作りを再編集してのブログアップです。

_dsc39191_2 

マツ科ヨーロッパトウヒ に掘った巣穴の出来栄えを見る♀

_dsc39121

巣穴の下で雌が鳴く 

_dsc39281

♂が巣穴に入る

_dsc41261

巣穴から顔を出した♂ 

 

_dsc41561

掘った巣穴の木屑を空宙に放り出す

_dsc41611

木屑を吐き出す

_dsc38280

木の根元には木くずの山

_dsc37791

♂の飛び出し直前

_dsc37801

飛び出し

_dsc39591

近くの松の木で採餌の♀

_dsc39660

鳴きながらの採餌♀

_dsc42041_2

巣穴の中に♂ 覗く♀

_dsc42261

巣穴から出て来た♂

_dsc42311

♂が飛び出し方向を見る

_dsc42322

♂の飛び出し

_dsc43020

♀が巣穴のチエック?そこえ♂が飛んで来た

_dsc43030

♂が飛んで来たのを無視する♀・・・のように見えた

_dsc43071

♀からの巣穴の出来栄えの評価は???
ここから次の撮影地、浦臼のエゾリスとカタクリ・エゾエンゴサクのへ移動、後日の情報ではこの巣穴は放棄されたそうです。


2018年7月26日 (木)

キハ183系初期型車両記念入場券

 北海道の特急網を長年支えて来たキハ183系初期型のジーゼルカーは2018年中に引退します。この記念入場券をゆかりのある17駅で販売していましたが、13駅では購入出来ましたが4駅では販売をしているのを知らずに、ご当地入場券のみの購入になりました。積極的な販売意欲のある駅では183-0系の入場券があることを知らせてくれました(東室蘭は唯一ご当地入場券の駅ではなかった、赤字のJR北海道にありながら倶知安・長万部・小樽駅では窓口駅員が販促意欲が無かったように感じました)

各販売駅にゆかりのあるキハ183-0系で運転された列車がデザインされ、と裏面はその列車ヘッドマークです

Img0050Img0060_2

Img0070_3Img0080

Img0013_2Img0102_5

 

 

2018年7月25日 (水)

クラウス15号蒸気機関車

 留萌本線沿線沼田町の石狩沼田駅はかってはここが札沼線の終点であった。7月17日にご当地入場券を石狩沼田駅の委託窓口で購入すると裏面にJR北海道指定「準鉄道記念物」のクラウス15号蒸気機関車がデザインされていた。ご当地入場券を一見して実物が見たくなり、委託されている窓口業務のおばさんに保存場所を尋ねると沼田町字幌新377番地ほろしん温泉と親切に教えていただいた。現地に着くとここは「ほたるの里」でホタルを観察できる温泉地であった。今頃はホタル観賞がピークの時期と思われる。クラウス15号蒸気機関車は専用の車庫の前でボデイも機関室内部もピカピカに磨かれて大切に保存されていた。

Img0031

留萌本線石狩沼田駅のご当地入場券 

Img0040

購入日は7月17日  帰浜の二日前に駆け込み購入

_dsc26311_2

撮影日7月17日 明治鉱業昭和炭鉱の専用車庫 

 

_dsc26121_2

誕生から129年の日本最古の小形蒸気機関車

 

 

 

 

_dsc26112

 

正面

_dsc26280

真横

_dsc26331

斜に構えて

_dsc26270_2

斜め後方から

_dsc26190

機関室内部の上部

_dsc26390


機関室の焚口などの内部の下部

_dsc26371_2

車庫の内部の説明板

目を引いたのは通勤でお世話になった東横線にご縁があった。1925年に東京横浜電鉄渋谷~桜木町間の建設用として活躍した。


2018年7月23日 (月)

廃線が決まった浦臼町のご当地入場券

 赤字のJR北海道は札幌から終点の新十津川まで全長78kmの札沼線(さっしょうせん)「愛称:学園都市線」の北海道医療大学~新十津川間の37・8km・16駅の廃線・廃駅が決まっている。北海道医療大学までは電化されて営業成績が良い路線で愛称の学園都市線とも呼ばれもここまでは利用者の多い路線。廃線が決まった区間の豊ヶ岡・浦臼・新十津川の3駅にもご当地入場券が発売されていた。
道の駅つるぬまの脇を通る札沼線の上にある浦臼神社は春先にカタクリとエゾエンゴサクの群生地として賑わった花の群生地とエゾリスが浦臼町のご当地入場券にデザインされている。
この入場券の販売は道の駅つるぬま の向かい、国道275号線沿いにある町営つるぬま温泉で販売されていた。この温泉には毎回お世話になるが浴槽から鶴沼が一望できるので露天風呂感覚の温泉であり、料金は安く410円でエゾリスとカタクリ・エゾエンゴサクの撮影後に毎日通った温泉であった。
JR北海道が販売する、わが町ご当地入場券は2017年4月に発表されたが昨年はコレクトの対象外であったがJR北海道の廃線・廃駅のニュースを聞くと収集する気になった。JR北海道の416駅のうち北海道内の100市町村の100駅の表面は駅付近の鉄道写真風景、裏面は100市町村のご当地の観光・特産品・グルメなどの画像がデザインされている。

JR北海道のご当地入場券発売駅、青森県の1町は北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅である。

Yk_tetsu17091505

JR北海道HPご当地入場券より

Img0010

札沼線 浦臼町浦臼駅のご当地入場券

Img0020

ご当地入場券の裏面 浦臼神社への最寄り駅は徒歩約15分の鶴沼駅、発売場所は道の駅つるぬま の真向いにあるつるぬま温泉

_dsc43490

撮影日4月26日 浦臼神社南斜面のカタクリとエゾエンゴサク

_dsc46151

_dsc46281

_dsc46442

_dsc4972

_dsc5057

_dsc50261

エゾリスとカタクリ・エゾエンゴサク


2018年7月22日 (日)

窓ガラスに衝突して気絶した小雀

 苫小牧駅を起点として、終点の様似駅まで全線146kmの日高本線の駅は29駅ある、この区間に8市町村ある日高本線のご当地入場券発売駅は、浜厚真駅→鵡川駅→日高門別駅→新冠駅→静内駅→浦河駅→様似駅の7駅である。2015年の高波災害による線路流失以降は現在でも苫小牧→鵡川間は通常運行されているが鵡川→様似間は代行バスの運行区間となっている。
北海道道の駅全制覇した7月11日以降は野鳥撮影をそっちのけして「わがまち ご当地入場券」の発売駅巡りに奔走していた。7月14日(土)からの3連休の初日は日高本線のご当地入場券を購入する車旅となった。

撮影日7月14日、18日

Dscn90650

最初に立ち寄ったのは苫小牧駅から二駅目約22kmの浜厚真駅であった。この駅は車掌車を利用した無人駅舎である。

 

Dscn90660

苫小牧方面の隣駅はカササギの撮影で立ち寄る無人駅の勇払駅

 

Dscn90680

浜田浦・様似方面 

 

Dscn90690 

勇払・苫小牧方面

 

 

Dscn90670

 

車掌車を改造した無人駅舎の内部、この駅のご当地駅入場券は厚真町市街地のセイコーマート厚真店で販売しているがこの町外れの浜厚真駅から16kmも離れているので14日は次のご当地入場券の発売駅の鵡川駅に向かった。それにしても入場券を16kmも離れた車で行くしか方法がない無人駅の入場券を自分以外は誰が買い求めるのか、何か計り知れない思いがする。

 

 

_dsc26580

 

四日後の帰浜する前日の18日に浜厚真駅を再訪すると、車掌車の駅舎に入った途端に、ドスンという音と共に小雀が目の前のデッキに落ちて来た。

 

 

_dsc26590

仰向けになって気絶している様子

_dsc26651

約2分後に立ち上がる

_dsc26680

板張りの窓に飛び上がる

_dsc26692

右下の窓枠で動けず

_dsc26710

ガラス窓から外を覗くように見える

_dsc26731

更に天井に飛びあがり、ここから外へ無事に飛び出したのは、気絶から5分後にデッキ部分の出入口から真夏の空に飛び出した。

ご当地入場券に関わる浜厚真駅の小スズメのハプニングであったがこの後は苫小牧市方面に戻るような方向感覚で16kmも走り、セイコーマート厚真店で98枚目のご当地入場券を買い求めた。最後の99枚目となった日高門別駅のご当地入場券は日高町町役場財政企画課が窓口であった。7月14日~16日までの三連休の三日間は町役場はお休みで購入不可であった。平日しかご当地入場券が購入できない不便な窓口であった。

2018年7月21日 (土)

ヤクル党のツバメ撮影

 「日本100名城に行こう」公式スタンプ帳を携行して北海道にある百名城のスタンプ・ラリーは➀根室半島シャシ跡群②五稜郭③松前城の3ヶ所である。➀は根室半島の海岸台地上に造られたアイヌの城砦で、ここには5月20日に青隆寺の千島桜の撮影機会に根室市観光協会でスタンプ帳を購入してスタンプ・ラリーを開始した。北海道から沖縄まで日本全国に展開する日本100名城の壮大な長旅の始まりであった。②の五稜郭はソメイヨシノが満開の5月1日であったがまだスタンプ帳は購入前であった。③の松前城は五稜郭のソメイヨシノが満開前の4月28日に血脈桜や南殿などの地元の桜を撮影した。松前さくらまつりの期間中であった。
道の駅スタンプラリーを完全制覇した翌日の7月12日に今度は百名城のスタンプラリーで二度目の道南ドライブであった。

撮影日7月12日

_dsc2323

松前城の目の前にある道の駅「北前船 松前」から道央に戻る帰り道に寄った隣町・福島町の道の駅「横綱の里ふくしま」ここには横綱の千代の山と千代の富士の二横綱の記念館がある。この道の駅で抱卵中のツバメに出合った。

_dsc23141

お店の人が落ちたツバメの巣?を拾い上げて籠に入れて天井から丁寧に吊るしたと思われる。低い天井から吊るしてあるので人の手が届く高さにある。

_dsc23171

トイレの前にあるので人の出入りが多い、籠入りの巣の前には4本の紐がぶら下がって注意を促している

_dsc23281

巣の前にいるとツバメは警戒して自販機の上で巣に入るタイミングを見ている

 

_dsc23260

籠と紐に守られて抱卵中のツバメ

 

 

_dsc93330

 

抱卵しながらカメラを見つめる

 

 

_dsc93440

 

ヤクル党といえばツバメ

横浜での健康飲料は自民党・公明党の与党でもなければ、立憲民主党などの野党でもない、ヤクルトレディが配達するヤクルトを毎日飲んでいたヤクル党であった。DeNAとの対戦では一気に飲み干す、ヤクルトを呑んでかかるが対戦成績は分が悪い地元の横浜フアンである。今年のセ・リーグは一強五弱の団子状態で野球が面白い。
北の大地の
旅先ではセコマ(セイコーマート)などのコンビニで購入するしか方法がないが1ヶ1ヶは販売していないので個別販売しているヨーグルトなどの乳製品をかわりに飲んでいた。そんなヤクル党が出合ったのが横綱の里のツバメの抱卵であった。

2018年7月16日 (月)

北海道・道の駅完全制覇

 三年連続北海道の道の駅121駅を完全制覇しました。2016年と2017年は119駅でしたが今年は二駅増えていました。5月に美瑛町の青い池の手前に びえい「白金ビルケ」が新設されたので2019年度122駅以上になると思われます。
達成日は7月9日、届日は7月11日です。
 

Dscn90561

早速ステッカーを貼りました

Dscn90550

リヤーウインドウに3年連続の証です

2018年7月11日 (水)

ナキウサギの採餌

 望岳台のナキウサギのコッコを目標に望岳台から登山者の後を約20分ゆっくり登り、そこから左手の残雪が残るガレ場に向かい、ナキウサギのコッコを待ったが毛色が斑の黒い親が採餌に一匹出て来ただけであった。狙いとは大違いであったがナキウサギのコッコの撮影は3時間粘ったが場所を変えてもこの日は巡り合わせが良くない日であったので、7月9日は7979(泣く泣く)下山した。

撮影日7月9日

_dsc89171

背中の瘤(こぶ)は外敵に襲われた傷なのか?なにか異様な感じがするナキウサギが現れた

_dsc89471
茶色い岩場に同化してしまうと、更に姿・形が変に見える

_dsc90241
細い青草を採餌する後姿を確認、傷のようも瘤のようにも見える

_dsc90391

食事中は背中は丸く出っ張る?

_dsc90831

青草を咥えて来ては岩場で採食する

_dsc90951

ガレ場の草を背伸びして採餌を続けるナキウサギ

昼過ぎ望岳台から最後に残った道の駅3ヵ所、占冠村の道の駅「自然体感しむかっぷ」」日高町の道の駅「樹海ロード日高」、最後は夕張市の道の駅「夕張メロード」で北海道道の駅スタンプラリー2018年の121駅を完全制覇して4月20日より開始した道の駅スタンプラリーは7月9日で80日間の幕が降りた。

2018年7月10日 (火)

電柱のアリスイ

 「殿中でござる」は江戸城本丸の松の廊下でご法度である城内で刀を抜いてはならない刃傷沙汰、忠臣蔵の有名なセリフ。
石狩浜・はまなすの丘公園、石狩灯台の近くで潮騒を聞きながら電柱で育雛中のアリスイの番。
この電柱は松の木だろうか?電柱にご法度の穴をあけて営巣するアリスイ。営巣するアリスイの給餌と糞出しの着木と飛び出しの一幕は「殿中でござる」

撮影日7月6日

_dsc86101

巣穴の中から顔を出すヒナ、餌を咥えて♂が給餌に飛んで来る

_dsc86111

アリスイ」♂が給餌に着木

_dsc86261

巣穴の中に入り給餌している

_dsc86541

糞出しの飛び出し

_dsc85791

真上から給餌に飛んで来た

_dsc85801

着木姿勢

_dsc85811

着木

_dsc85951

飛び出し

殿中でござるの一幕でした!



2018年7月 8日 (日)

赤百舌鳥

 七夕の日は石狩浜より出発して学園都市線沿いの石狩当別・豊ヶ岡・浦臼と終点の新十津川のご当地入場券を集める鉄ちゃんに変身して、到着したのは蕎麦の産地の道の駅「森と湖の里ほろかない」のスタンプを押した後に道の駅の敷地内にある町営の温泉「せいわ温泉ルオント」で長距離ドライブの疲れを癒したのでブログはお休みでした。今朝は道の駅近くの廃線鉄橋、ポンコタン鉄橋を見学してから鉄道員のロケ地の幾寅駅までの大移動、旭川の手前で比布のハヤブサの様子を確認したが3時間以上も姿を見ていないと地元の鳥撮りさん3人の話で、即退散して富良野方面に向かう。途中の上富良野と中富良野のご当地入場券を収集して幾寅駅が三枚目、ラベンダ畑と臨時駅ラベンダー畑と美馬牛でノロッコ号の撮影をしてこの二日間は俄老鉄になった。

今夕のブログは二日前に撮影した今年も石狩浜で営巣していたアカモズです。

撮影日7月6日

_dsc84640

 

 

_dsc8466

尻尾を上下に振ってモズ特有の餌待ち

 

_dsc85171

_dsc85341

久し振りの青空の空抜け

_dsc85421

_dsc84221

エサを強請る幼鳥

_dsc84351

_dsc83391

幼鳥のようです

2018年7月 5日 (木)

知床峠展望台のギンザンマシコ

 知床峠の展望台のギンザンマシコの続きです。一昨日は道の駅とうまの当麻町から東川町の道の駅ひがしかわ道草館へ移動中に川の氾濫で道路が冠水して通行めに合いましたが迂回した山道や広域農道も道路に水が溢れて土砂が道路に散乱する場所も数ヵ所を通過して、ひがしかわ道草館で一日中足止めでしたが道の駅の道路情報では天人峡方面への道路も通行止、メディアでは観光客130人が閉じ込められた報道もありました。4日は道草館を出発して石狩市の今年新設された道の駅石狩「あいろーど厚田」へ移動の途中に国道12号線と並行する、JR北海道・函館本線のご当地入場券を5駅(滝川・砂川・奈井江・美唄・岩見沢)で購入しながらの移動、到着した「あいろ―ど厚田」でスタンプ帳にスタンプ、ここの道の駅は道内120番目の新駅。午後3時にここから石狩浜に移動して、雨が止んだ合間にアリスイとアカモズの撮影をする。今朝も大雨注意報やJR北海道の運休や運転見合わせのニュースで朝が始まった。撮影は出来ない日は近くの番屋の湯で休養日になります。

撮影日7月1日

_dsc54561

二羽の♂ 手前の♂にピント F16

_dsc54771

奥の♂にピント F20 いくら絞りを絞っても2羽のピント合わせは不可でした

_dsc51801_2

ハイマツの実に採餌に来た!

_dsc52991

ひょっこり♀が顔を出すがせいぜい半身まで

_dsc53891

♂♀の間隔が離れすぎでした600→150mmにズームアウトすと只の下手な風景写真に成り下がる

_dsc53941

♀が飛んだ直後に囀る♂

_dsc52881

飛び出し直前の前ぶれなし

_dsc52892

突然の飛び出し

_dsc51271

これは飛び出しと言うよりも羽を広げずの飛び降り

2018年7月 4日 (水)

ハヤブサの四番子

 比布のハヤブサの四番子はアカシヤの花が散った後も巣のあった近くの岩場で未だに親に甘えて、給餌を受けていました。
翌朝は道の駅とうまの当麻町から東川町の道の駅ひがしかわ道草館へ移動中に途中にある川の氾濫で道路が冠水して通行止めに合いました、また迂回した山道や広域農道も道路に水が溢れて土砂が道路に散乱する場所も数ヵ所ありました。昨日はひがしかわ道草館で一日中足止めでしたがここから天人峡方面への道路も通行止めの道路情報が掲示されています。

撮影日7月2日

_dsc58111

四番子が親からの給餌待ちの場所 のようです、5時半頃

 

_dsc58411

 

 

 

ここは親から獲物を受け取る場所に移動した、6時頃

 

 

_dsc58591

10分後に親が獲物を狩りして来た時の大騒ぎ

_dsc58721

飛んで来る親に向かっての飛び出し

_dsc58731

飛び出し二枚目

_dsc58821

空中餌渡しは真上で撮れず、餌をここで捌くのか?

_dsc59130_2

親からの給餌の獲物を持っての飛び出し

_dsc59180

_dsc59190

四番子がエサを抱えての飛翔

_dsc60471

飛び出し後はこの場所に着地、この場所で採餌する。6時50分頃

この朝は自転車で現場を観察する地元のブロガー「今朝の石狩川の一枚」さんにお世話になりました。ありがとうございました。

2018年7月 3日 (火)

ギンザンマシコの囀りと採餌

 7月1日に知床峠展望台で撮影したギンザンマシコの囀りと採餌。

当麻町の道の駅とうまに居ましたがドシャ降りの雨が夜中に長時間続きました。今朝は5時~7時の間に旭川市の緊急避難のエリアメールが3回もあり目を覚ましました。旭川市内の石狩川の増水で緊急避難待機と高齢者避難開始の指示連絡です。道の駅とうまから東川町の道の駅ひがしかわ道草館に移動中に氾濫した川の水で道路が冠水して通行止めにあいましたが広域農道を迂回して、9時過ぎに無事に道草館に到着して、ACアダプターを応急修理してこのブログを書きあげました。北海道遠征中にこのような体験は初めての事でした。あと2週間これからも安全と安心の旅を心がけます。電源コードのACアダプターの応急修理でPCはそれまで使えるかは甚だ疑問です。

_dsc51450

ハイマツのまだ青いマツボックリに飛んで来ました

_dsc52411

ハイマツの実を採食

_dsc52431

ギンザンマシコのクチバシはハイマツの実を採餌するのに適した嘴のようです

_dsc56111

クナシリ島の見える展望台の前にあるトドマツの天辺で囀り始める、十数人のカメラマンの前です、人を恐れない警戒心の薄いギンザンマシコです。この10分後に修学旅行の大阪明星高校生のバス3台が到着したがギンザンマシコ撮影後でした。

_dsc56601

カメラ目線の囀り

_dsc56631

斜め45度の囀り

まるで人間どもに聴かせる高音のど自慢のようでした。


2018年7月 2日 (月)

爪長鶺鴒の花の舞

 漢字で書くと読めない湖が三漣ちゃん、小向湖(コムケ)と猿潤湖(サロマ湖)に挟まれた信部内湖(シブノツナイ湖)の原生花園の爪長鶺鴒(ツメナガセキレイ)がシシウドの花に着地や飛び出し、そしてシシウドの花の上を舞うように跳ぶ、シシウドの花を舞台にしたツメナガセキレイの花の舞。

撮影日6月25日

_dsc41571

シシウドに近づくツメナガセキレイ

_dsc41581

着地と呼ぶのか着花と呼ぶのか?

_dsc41591

尾でバランスをとる

_dsc41601

前のめり姿は隣のシシウドへ

_dsc41611

飛ぶというより跳びです

_dsc41621

これは跳びというよりも跨(また)ぐ?

_dsc44281

これは飛び出しの飛びです

_dsc44291

シシウドは通過しました

_dsc44831

華麗に跨いだつもりのようです

_dsc44841

ツメナガセキレイの花の舞の一幕でした

2018年7月 1日 (日)

ハマナス花とノゴマの給餌

 シブノツナイ湖はコムケ湖と大きなサロマ湖に挟まれたオホーツク海に面する小さな湿原湖沼です。周囲は原生花園で道端はハマナスの花に覆われています。このハマナスの濃いピンクの花が咲く道端にノゴマが営巣しているようです。ノゴマ♂が給餌の都度に営巣地の近くのハマナスの花にとまり、そこから巣に飛び込み給餌するようです。ノゴマ♀は直接巣に飛び込みますので、このハマナスの花にはとまらないようです。ノゴマ♂の給餌のハマナス着地と飛び出しのようすです。

撮影日6月24日

_dsc47640_2

オホーツク海の波音が響く湿原湖沼の車道を兼ねた遊歩道の道端に咲くハマナスの花。このハマナスの花に給餌をするノゴマ♂がこの花に給餌の都度止まります。

_dsc48310_2

ハマナスの花に着地する様子

_dsc48320_2

_dsc48330_2

給餌のエサを咥えての着地

_dsc48450_2

次に道端の巣に飛び込みます

_dsc48460_2

_dsc48470_2

_dsc48480_2

この画面の先に巣があるようですが草木の中は見えません。

♀の給餌はハマナスの花にワンクッションを入れずに直接巣の中に飛び込みます。

PCの自己診断は現状の使用しているACアダプターよりも容量の大きいACアダプターを購入するように故障診断しています。今まで4年間以上使用して来たのは何だったのか?今日もメガネ用ミニドライバーの活躍で充電OKでした。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ