« 盆の旅は津軽路の車旅 | トップページ | 世界遺産・中尊寺・金色堂 »

2018年8月24日 (金)

秋田小町の郷へ

 お盆の16日は津軽路の温泉宿、花禅の庄を朝食後に出発して東北道を上り岩手県盛岡市に向かう。この日の最初の観光地は日本100名城の盛岡市の盛岡城へ、南部氏が築いた総石垣の遺構が生憎の雨天の中に見事な城構えを残していた。
雨の盛岡城を登城したのちは、秋田県立金足農高が初戦・二回戦を勝ち進でいる高校野球のラジオ放送を聞きながら東北道を更に上り北上JCTから秋田道に入り、横手から湯沢横手道路に左折して湯沢で降りる。湯沢市内の髙久家の旦那寺である東山寺(とうざんじ)で先祖の墓参りを済ませてから、平安歌人の小野小町の誕生地(現在の秋田県湯沢市小野)の小町の郷を観光して、この日の温泉地、秋の宮温泉郷鷹の湯温泉に宿泊した。

Img0016

日本100名城のスタンプ帳、15日は弘前城、八戸市の根城をパスして16日に盛岡城に登城した。

_dsc2970

_dsc2977

 

廊下橋

 

 

_dsc2971

堅固な石垣の遺構のみの盛岡城跡であった、スタンプの場所は、城址公園内のもりおか歴史文化会館にある。

Dscn9199

もりおか歴史文化会館の内部

 

Dscn9200

もりおか歴史文化会館の藩主南部家の家紋と甲冑、スタンプはこの歴史文化会館の受付にあった。
盛岡市から髙久家先祖の旦那寺がある秋田県湯沢市に向かう。自分の知る秋田県湯沢市の有名どころは「稲庭うどん」と「小野小町」であるがこれに秋田県秋田市の金足農高が加わった。所帯を持つ前の本籍地は秋田県湯沢市内館町であった。湯沢市には爛漫や両関などの全国に知られる酒造メーカーがあるが、本家は戦前に酒蔵を廃業していたが分家の高久酒造は「小野之里」の銘柄などを醸造している。あいにく日本酒を呑まないので試飲したこともない。
湯沢市内の東山寺でご先祖の墓参りしてから道の駅おがち・小町の郷公園に向かう。

 Img0054 Img0076_3

 伝説の美女で、六歌仙、三十六歌仙の一人。平安初期の女流歌人の誕生地の伝承がある
 

_dsc29951

花の色は うつりにけりな いたづらに
 わが身世にふる ながめせしまに
桜の花の色が衰え色褪せてしまったように、若かった頃は綺麗だと言われてもてはやされたのに いつの間にか年をとってしまった・・・年をとってくると時間の過ゆくのが早い・・・現代風の意訳ではこの部分に共鳴する歳になった

_dsc2986_3

道の駅おがちの手前にある小野小町を祀る小町堂の門

_dsc2991_2

_dsc2988

小町堂のたたずまい

小町の郷を後にしてこの日の宿は「癒し小町の湯」と呼ばれる、秋の宮温泉郷の渓流の河畔に建つ一軒家、鷹の湯温泉である。この宿は日本の秘湯を守る会の温泉宿であり、15年前にも日本の秘湯めぐりでお世話になった温泉旅館であった。

Img00210

15年前にも投宿した鷹の湯温泉の新しいスタンプ、日本秘湯を守る宿のスタンプを10ヶ所集めるとその中の一軒に無料で泊まれるシステムがある。秋田県には9ヵ所があり、今までに7ヶ所に宿泊して鷹の湯温泉は二度目となる。

Dscn9211

日本秘湯を守る会 鷹の湯温泉の玄関前

Dscn9213

早速温泉へ、普段は女湯であるが16-18時は男湯になる

Dscn9220

夕食

Dscn9225

夕食後の半露天風呂

Dscn9224

鷹の湯温泉の効能書

Dscn9227

16-18時は女湯であったがそれ以外の時間は男湯、湯畑が大雨で濁っていたのか、浴槽の温泉が濁っていた、左が深さ1m30cmもある立ち湯、子供や背の低い女の人は入れない

Dscn9235

翌朝の打たせ湯、湯量の多い鷹の湯では湯量も少なくぬるいのはご愛敬であった

Dscn9236

翌朝の左の立ち湯は1.3mの底まで澄んで見えた、浴槽の奥から手前の湯口に向かって三段階で深くなる、朝の立ち湯は気持ちが良い

Dscn9240

朝の役内川河畔の露天風呂、昨夜の雨は上がったがまだ濁流であった

Dscn9245

旅館の裏手にある役内川の吊り橋

Dscn9244

露天風呂に行く途中にある渓流沿いの足湯

Dscn9246

吊り橋の下は源泉、昨夜の温泉の濁りは役内川の濁流が流れ込んだ?

Dscn9249

役内川沿いに立つ鷹の湯温泉

Dscn9257

朝食 4ヶ所の温泉と10ヶの浴槽を満喫した日本の秘湯・鷹の湯温泉でした。
三日目の朝食後は湯沢横手道路・秋田道・東北道経由平泉の中尊寺・金色堂に向かう




« 盆の旅は津軽路の車旅 | トップページ | 世界遺産・中尊寺・金色堂 »

観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 盆の旅は津軽路の車旅 | トップページ | 世界遺産・中尊寺・金色堂 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ