« 霧の中の丹頂親子 | トップページ | 標津線奥行臼駅跡の一本桜 »

2018年11月27日 (火)

別海町交通公園 D51-27

Betsukai 30年前の平成元年4月に廃止されたJR標津線の功績を永く残そうと、旧JR西春別駅跡に建てられた別海町鉄道記念公園です。屋外静態展示車は、サハリンから里帰りしたD51-27蒸気機関車、車掌車(形式ヨ4642)、液体式2等ディーゼル動車・キハ22-239、ラッセル車(形式キ100ー276)等は根室原野の中心部を勇猛に駆け抜けた標津線の力強さを感じることができる。(根室振興局HPより地図と一部転載・編集)

面積は香川県よりも広いと横浜市から移住した別海町の鳥友が自慢していたが、数年前にご自宅近くの道路脇でタンチョウが営巣している話を聞いて撮影したことを思い出す。この時はキタキツネに襲われたのか子育ては失敗したと聞いている。
別海町の野鳥撮影は、国道244号線沿いの走古丹から野付半島ネイチャーセンター周辺のトドワラ原生花園が別海町の野鳥撮影の拠点であったが、最近は野鳥以外に広大な根釧台地の別海町の鉄道遺産も撮影対象になって来た。訪問したのが生憎休館日の月曜日で鉄道記念館の内部には入れず、来年のお楽しみになった。

撮影日2018年5月21日(月)晴

_dsc8263

D51-27 蒸気機関車

_dsc8265

_dsc82663

D51-27はD51に準拠して戦後の24年に防寒目的に運転台を密閉式に製造してサハリン(樺太)向けに輸出したSLを輸入したもの。形式と番号の間にハイホンを入れて国内のD51と区別してある。

_dsc82960

ライトも大型、連結器は国内と異なる形式

_dsc8292
防寒の密閉式の運転台

_dsc8294
密閉式運転台、前方は鉄道記念館

_dsc8288
_dsc8310

前の連結器は国内ではあまり見慣れない形

_dsc8302

後部の車掌車と連結しているように見えたが・・・

_dsc8305

上がSL、下が車掌車の連結器、形式が異なるので連結出来ない

_dsc8282

車掌車 ヨ4642

_dsc8269

車掌車の後ろにあるラッセル車(形式キ100ー276)

_dsc8279
ラッセル車の後方から鉄道記念館の建物(休館日)

_dsc8280

ラッセル車の後方は踏切が設置されていた

_dsc8270

キハ20の寒冷地仕様 キハ22-239

_dsc8272

駅跡はサクラが咲いていた

_dsc8274

西春別駅ホーム跡のキハ22-239 塗装色は朱色?

_dsc8276

標津線の別海町の駅名標がズラリと並ぶ駅跡構内

_dsc8285

D51-27のお別れに非公式側からもう一枚をパチリ

翌5月22日は野付ネイチャーセンターで龍神崎の野付崎灯台から先に入る通行許可書を得て野付半島先端の水辺のアカアシシギの撮影をしてから、午後からは別海町の旧奥行臼駅逓所の歴史の探査に向かう。



 

« 霧の中の丹頂親子 | トップページ | 標津線奥行臼駅跡の一本桜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いろいろと詳しいタンチョウの情報をありがとうございます。

こんにちわ。切れた続き、露天風呂へいくので 林道パトロールブログ見たら、2011年12/15湯別駐在所付近の畑でたんちょうが叔母さんの後ろから、ついていく。昔から居るらしい。道駅みなとま~れ寿都 近くだが 今検索しても かすりもせず。今回文、上西春別鉄道記念公園、虹別オートキャンプ場裏にも営巣(発見まだ)ここから北の養老牛温泉 東に在る無料露天風呂 唐松の湯すぐ南の池(旧営林所まえの内池)にシマフクロウがいました。次回宿までの林道パトロールでねぐら探します。

今晩わ。鉄道記念公園裏、虹別オートキャンプ場裏にも営巣が有り(調査してません)養老牛温泉の無料露天風呂 へいったら 小橋右手前 旧営林所裏池にシマフクロウがいました。いっもは 途中のドラム缶のシマフクロウで我慢してます。養老牛温泉への林道パトロールするかな。芽登温泉の湯船リニューアルして 面白くなくなったが、芽登糠南林道ヌカナン川の釣りブログでもシマフクロウがいて 但し朝晩は羆がパトロールしているとのこと、ケンさん知床民宿のシマフクロウの撮影は どうですか?

こんばんは

かなり怖いが興味あるお話に感謝です!
絵文字が変換されないとかココログにはコメントに字数制限?があるようですね!!
折角のコメントをいただき申し訳ないと思います。
ポロト案内舎には一度ご挨拶に行きたいと思います。
ありがとうございました。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

今晩ゎ、羆のプーさんの話し、近眼だが鼻はいい。うさぎと同じで手が 短いので 下り坂がにがて。ケンさんが 若買った頃、福岡の大学でしたか?日高の山で テント場に羆が 乱入 テント占領、その時には誰も怪我人無かったが、少したって テントに戻って に襲われる。(はテント場 占領した 時から は、テント、リックサック、食料、全部、占領品。)それを 盗みに来る輩は 撃退した? さんは 手加減しない。(テントに お金を 取りに戻ったのか?後から本 出版されるが 書いてない。(人の美味しい 部位は、さんの爪で お腹を開いて まず内臓 次は足のもも肉)次の標的に、向かうか 穴を掘って 貯蔵する。(話し 下界に)釣具屋はさん対策品いろいろ。ホームセンターにも、コンビニは爆竹は 山菜採りの人々が買う。私も 川にはいる前にします!(みんなが やるから、さんは 獲物が来たと準備するかも?)次ポロト案内舎の主人は、日本野鳥の会の職員で 辞めて宿始めたらしい。ので野鳥観察は 一枚上で 鶴の情報も的確です。宿の2階より 鶴の営巣開始(30~32日でふ化する)池に今日でてきとか。ブログ見てね! 古い鶴の情報(道南のの季節は 道東の鶴 誕生の

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧の中の丹頂親子 | トップページ | 標津線奥行臼駅跡の一本桜 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト