« あたみ桜まつり熱海芸妓の踊り | トップページ | あたみ桜・糸川遊歩道の野鳥 »

2019年1月16日 (水)

あたみ桜とメジロの吸蜜

 1月12日(土)から始「桜・糸川桜まつり」の会場近く、御成橋の袂にそびえるニュー富士屋ホテルに宿泊した翌朝は曇り空だったが12時のチェックアウトには青空の晴天となった。
糸川遊歩道のあたみ桜は前日のオープニングセレモニーでも全体的には一分咲きであったが翌日も大差がない開花状況であり、望遠レンズで吸蜜に来るメジロを探鳥したがあまり見当たらず、僅かに開花したあたみ桜にメジロが一羽サクラの花蜜を吸蜜に来たのを見つけた。

_dsc18561_2

あたみ桜と吸蜜にやって来たメジロ一羽

_dsc18531

あたみ桜を吸蜜するメジロのうしろ姿、クチバシを花弁の底に差し込んで花蜜を吸うのは花が咲くと蜜が分泌されるからか?花芽には用はない!

_dsc18601

一分咲きでは花よりも蕾というか花芽が目立つ

_dsc18611

あたみ桜の花蜜を吸うメジロさん

_dsc18621

クチバシにはメシベとオシベの花粉を付けて次はどの花弁へ

_dsc18660

早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、例年一ヶ月以上花が楽しめます。今年のあたみ桜まつりは1月12日(土)~2月11日(月祝)までの一ヶ月間

_dsc18661

上の写真のトリム

_dsc18721

花芽にも興味か?

_dsc18791_2

花より団子、花芽よりも花蜜のメジロの吸蜜でした。

熱海市の木、あたみ桜のルーツは台湾・沖縄産の「カンヒザクラ」と日本の暖地に自然分布する「ヤマザクラ」が親のようです。

« あたみ桜まつり熱海芸妓の踊り | トップページ | あたみ桜・糸川遊歩道の野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あたみ桜まつり熱海芸妓の踊り | トップページ | あたみ桜・糸川遊歩道の野鳥 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト