« イワヒバリ(大黒岳) | トップページ | 日本100名城39 岐阜城 »

2019年9月27日 (金)

日本100名城38 岩村城

 バス乗り場標高日本一2702mの乗鞍岳畳平周辺で7時~13時まで大黒岳登山や野鳥撮影などで足を棒にしながら5時間を過ごした後は、下山もアルピコ交通のバスで乗鞍高原に戻りマイカーに乗り換えて、乗鞍高原から移動距離180km以上の日本一標高の高い地に築かれた岐阜県の日本100名城38岩村城に向かう。

登城日は大黒岳を登山した9月20日の翌日に日本一高い地の山城を攻城する。

Img0041_20190926103601 

長野道の松本ICから高速に入り中央道中津川ICの手前の神坂PAで車中泊、翌早朝に中津川ICから263号で岩村城跡に向かう、スタンプ押印場所の岩村歴史資料館の開館までの間、7時~9時に岩村城址へ登城する。

Img0051_20190926103701

大和高取城(奈良県)備中松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城のひとつに数えられる。岩村城址の最大の見どころは本丸の六段に構える雛段状の石垣であった。
Img0030

恵那市観光協会岩村支部資料より、この岩村城跡の案内を頼りに登城開始

_dsc53250
山麓の藩主邸跡に復元された太鼓櫓と表御門
Dscn08250

登城口から7時に登城開始 本丸まで800m 前日は大黒岳登山この日は標高日本一の岩村城を攻め上る

_dsc53290

藤坂 登城口から続く石畳の急坂

Dscn07910

藤坂の石畳と急坂 本丸まで600mの標識

Dscn07930

本丸まで500mの標識

_dsc53310

所々に曲輪

_dsc53320_20190927093501

一の門跡

_dsc53350

土岐門と本丸まで300mの標識

_dsc53370

畳櫓 石畳から山道

_dsc5345

左手に八幡神社

_dsc53470

本丸まで100mの標識と石垣

_dsc53490

岩村城跡の説明板 菱櫓と俄坂

_dsc53500_20190927093801

六段の石垣(正面)

Dscn08000

 

_dsc53540 

六段壁の石垣と手前は本丸への石段

_dsc53580

_dsc53590

長局埋門

_dsc53640

本丸跡

_dsc53630

_dsc53680

岩村城址 登城口から800m自分の足では約40分で登城する、案内図では20分

_dsc53661

Dscn08061

岩村城歴代城主

Dscn08071

2018年岩村城跡は人気ベストテン入り

 

 

 

« イワヒバリ(大黒岳) | トップページ | 日本100名城39 岐阜城 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イワヒバリ(大黒岳) | トップページ | 日本100名城39 岐阜城 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト