« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月26日 (土)

ハヤブサ四兄弟の給餌

 阿寒のエゾフクロウは四兄弟、札幌のハイタカも四兄弟、そして比布のハヤブサも四兄弟で今年の北海道夏の繁殖期は四兄弟の当たり年であった。例年ならばこれにクマゲラの四兄弟がどこかで見られると四兄弟四組の揃い踏みであったと思われる。
今回の夏の回想は、6月初旬に咲いた香りの良いアカシアの花を天ぷらなどで旬の料理を味わう処を知る由もないアカシヤの花。その花が散った頃の6月下旬にはハヤブサ四兄弟は空中でじゃれ合う程の飛翔力が付き兄弟が同じ給餌場所で雌親からの給餌を待つようになりました。

撮影日6月23、24日

_dsc57690

_dsc57742

崖地の上を飛ぶ2羽のハヤブサ若鳥、じゃれ合っているように見えましたが空中給餌の練習とも見えました

 

_dsc4940

飛べるようになると同じ処にとまります

_dsc4965

四兄弟が同じ止まり木(給餌場所)に集まりました

_dsc5054

右端に移動して親の給餌を待つ一番子

_dsc5083

♀親が給餌に来ましたが一番子が一番大騒ぎ

_dsc5090_20191026190901

_dsc5096

一番子が親から獲物を奪いました

_dsc5099_20191026191101

一番子の餌を見届けた雌親は飛び出す準備

_dsc5124

雌親が飛び去る、見送る四兄弟、早く持ってきて!

 

 

_dsc5183_20191026191101

翌日も同じ処で給餌

_dsc5196_20191026191201

飛び去雌親

_dsc5224

給餌の餌を運んできた一番子

_dsc5280

崖地の落石防止の金網の上

_dsc5353_20191026191601

一番子の採餌の様子です

 

 

2019年10月25日 (金)

アカシアの花とハヤブサ

 白く咲いてもアカシアの花、狩りをする雄とともに四羽の雛を育てるハヤブサ成鳥雌と青葉の季節に香りのよい白い花の咲くアカシアです。本名はニセアカシアですが西田佐知子のヒット曲”アカシアの雨がやむとき”のアカシアも実はニセアカシアです。
ニセアカシアは繁殖力が強く荒れた土地の崖地でも根付き、野生化して繁殖したニセアカシヤの雑木林がハヤブサの営巣する岩場まで侵食して白い花を咲かせます。今回はアカシアの花とハヤブサの白い回想です。

撮影日6月11、12日

_dsc97502

岩場の営巣地からのハヤブサ雌の飛び出し、向かうのはアカシアの木

_dsc97582

お気に入りのアカシアに飛んできました

_dsc97642

アカシアの白い花とハヤブサ♀

_dsc97952

アカシアの木からの飛び出し
_dsc97962

飛び出し二枚目
_dsc98071

お気に入りの枯れ幹の上
_dsc98212

アカシアの花のボケをバックにエンゼルもどき?
_dsc98501

暗青灰色の背・雨覆・尾を見せる(雌雄同色)ハヤブサ♀

_dsc98691

6月12日 片足は横斑の腹の中

_dsc98941

前ボケのアカシアの花が咲く崖の岩場に落ちたハヤブサ若鳥
_dsc98952

「キィ キィ キィ」警戒の鳴き声は”助けて~”?

_dsc99072

親は心配そうに? 見ているだけだが給餌はする。

_dsc99272

アカシアの前ボケと岩場に落ちた若鳥

_dsc99312

アカシアの花の中にハヤブサ成鳥♀

_dsc99502

 巣穴の方向を見つめるまだ十分に飛べない若鳥

 

2019年10月24日 (木)

想い出のハイタカ雌のエンゼルスタイル

 夏の札幌市内でまだ白い四羽の雛を育雛中のハイタカ雌の”思い出”ですが記憶に残る写真は今回編集したハイタカ雌の猛禽類エンゼルスタイルです。


_dsc33911

_dsc33981

_dsc34101

_dsc34511

何か狙っているエンゼルのようです

_dsc34762

片羽のエンゼルはぎこちないようです

_dsc34801

両羽のエンゼルスタイルですが猛禽は目つきがキツイですね

_dsc35092

飛び出し

2019年10月23日 (水)

三島大社と水辺の文学碑

 天皇御即位を奉祝する三島大社の参拝と境内の天然記念物金木犀を見物した帰路は清流桜川沿いの三島市に関する文学碑を一つ一つ読んで勉強して来ました。

_dsc61031

道路に面した三島大社の鳥居 

 

10月20日(日)参道には七五三姿があちらこちらに

_dsc6073

_dsc60750
_dsc60891

拝殿の七五三参り

_dsc6086

この日は境内のあちらこちらで七五三の記念写真風景

_dsc60770

_dsc60900

_dsc60801

_dsc60810

今年の金木犀の開花は例年よりも遅いようです
_dsc6104

三島は鰻屋さんが多い、この日はどこも満員です

_dsc6105

_dsc60620

駅まで三島水辺の文学碑の見物
_dsc60630

清流の桜川沿いの文学碑を見ながらの散歩
_dsc6106

井上 靖 「少年」より、三島町一節

_dsc6108

穂積 忠

_dsc6109

小出 正吾 「ジンタの音」

_dsc6110

太宰 治 

_dsc6111

_dsc6112

司馬遼太郎 「三島一泊二日の記」より

_dsc6115

若山牧水 「箱根と富士」

_dsc6116

松尾芭蕉

_dsc6117

十返舎一句 「東海道中膝栗毛」

_dsc6118

正岡子規

_dsc6119

桜川の水辺を文学碑を見ながら読みながらの散歩

_dsc6120

三島市も台風19号の影響で歩道が一部通行止めで車道の迂回路

_dsc6048_20191023211501

男女の子供人形が清流から手押しポンプで水を飲ましてくれる

_dsc6125

三島市内から雲の中に富士山が現れる

Dscn0998_20191023211001

三島駅前で名物の鰻のうな重で昼食、帰路は三島駅より新幹線で新横浜へ

三島大社の参拝と富士山からの清流と三島市ゆかりの文学碑の旅

 

2019年10月22日 (火)

熱海♨七湯めぐり

 正月は熱海駅から3分の伊東園ホテル熱海館に宿泊して、早咲きのあたみ桜や梅の吸蜜に来る野鳥撮影でしたが今回は同じ熱海館に宿泊して熱海温泉自噴の歴史を物語る”熱海七湯”めぐりをしてきました。 七湯めぐりは、お宮の松にほど近い熱海銀座近辺に散在していますので、19日は野中の湯・小沢の湯・清左衛門の湯の三ヶ所をめぐり翌日の20日朝食前に残りの4ヶ所をめぐる坂の多い熱海の街の七つの源泉をめぐり、熱海七湯にまつわる話と歴史にふれ、生涯学習の一環として湯の町の情緒を楽しんで来ました。朝食の休憩後に熱海館名物の岩盤浴で癒してから家族と孫連れで三島大社の参拝と金木犀の観光に出かけました。
撮影日10月19、20日

Dscn0952

熱海七湯めぐりの案内図
Dscn0950

野中の湯 湯煙が上っていました

Dscn0951

Dscn09511

野中の湯は中銀ライフケア咲美の敷地内にあります
Dscn0954

小沢の湯 例年なら付近のコンビニから卵を購入してここで温泉卵を楽しむ人々で賑わっていますが自噴が故障中で人気が全くありませんでした。
Dscn0956

Dscn09561

小沢の湯

Dscn0962

清左衛門の湯

Dscn09570

Dscn0959

Dscn09591

清左衛門の湯

Dscn0973  

大湯

Dscn0971

大湯は間歇泉

Dscn09720

Dscn0970_20191022100201

Dscn09701

大湯

Dscn0976

Dscn09770

Dscn0975

Dscn09752

河原湯

Dscn0979

Dscn0980

Dscn09801

佐次郎の湯(目の湯)

Dscn0984

風呂の湯(水の湯)

Dscn0983

Dscn09832

風呂の湯 水の湯
Dscn0982

風呂の湯は福島屋旅館の脇にあります

 

2019年10月21日 (月)

日本100名城50 彦根城

 前ブログの小谷城跡(10月7日)から遠望された日本100名城50 彦根城は天守が国宝にされた五城(犬山城・松本城・姫路城・松江城)のひとつである。江戸時代には彦根藩の政庁が置かれた。三重三層の天守の他に多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡である。幕末の開国の英雄”花の生涯”の井伊直弼の居城である。 

Img0092_20191021092901

Img0012_20191021093001

_dsc57801

国宝天守閣・彦根城案内図

 

_dsc5803

彦根城 三重三層の国宝天守、屋根は入母屋破風・唐破風・切妻破風と多彩

_dsc58061

二層目の金箔の飾金具が引き立つ

_dsc5787

天秤櫓

_dsc5783

天秤櫓下の堀切

_dsc5782

石垣と順路
_dsc5789

堀切からの天秤櫓の石垣(左)

_dsc5798 
  太鼓門櫓

_dsc5810

天守入口

_dsc5816

天守内部の一部

_dsc5820

天守内部

_dsc5833

天守閣屋根瓦と景色
_dsc5846

天守の天井

_dsc5848

天守の国宝指定書
_dsc5876

西の丸三重櫓

_dsc5879

西の丸

_dsc5882

西の丸内部

_dsc5889

西の丸内部

_dsc5902

_dsc5891

西の丸三重櫓からの景色

_dsc5904

西の丸三重櫓

_dsc59121

花の生涯記念碑

_dsc59130

1860年幕末の桜田門外で暗殺された開国の英雄”花の生涯”の彦根藩13代藩主・大老井伊直弼

一番大事なスタンプを捺す開国記念館の最終時間が4時半で終了するために大名庭園の玄宮園を見学する時間がなく、船でお濠を周遊する時間も無くなってしまいました。

 

 

 

 

2019年10月19日 (土)

日本100名城49 小谷城

 

 日本100名城49 小谷城は織田信長に滅ぼされた浅井家三代目の浅井長政は信長の妹お市と結婚して娘の三姉妹と暮らす居城であった。麓の清水谷と大広間・本丸・京極丸などが連郭式にならぶ曲輪群と大獄・山崎丸などの独立した曲輪で構成される巨大な山城で山の中には建物の遺構は残っていない。

Img0091_20191018225801

三重県松阪城址から滋賀県長浜市の小谷城址に移動して来ました。

Img0011_20191018225801

_dsc5685

この日登城した人を山中で見かけた人は3,4人のみだった

_dsc5686

小谷城を攻撃する織田信長や羽柴秀吉の気持ちになって攻め上る、初めは番所跡
_dsc5687

番所の復元図
_dsc5689

更に攻め上る
_dsc5691

御茶屋跡
_dsc5695  

馬洗池
_dsc5698

_dsc5699

桜馬場跡

_dsc5700
_dsc5704

琵琶湖 彦根城の遠望と長浜城があった処が見える

_dsc5705

_dsc5712

黒金門跡

_dsc5749

大広間跡

_dsc5715

大広間跡から奥に本丸跡が見える

_dsc5716

_dsc5718

本丸跡

_dsc5721

本丸を落とした後は山王丸を目指す

_dsc5722

_dsc5723

大堀切跡
_dsc5726

中丸跡

_dsc5735

小丸跡

_dsc5740

大石垣

_dsc5742

山王丸跡

_dsc5743


_dsc5741

ここまで攻めたがここから引き返す

_dsc5760

_dsc5762

NHK大河ドラマ浅井三姉妹の放映記念

 

2019年10月17日 (木)

ハイタカの四兄弟

 10月初旬に渥美の森展望台のタカの渡りの撮影で、春に日本に渡って来て日本の各地で繁殖したと思われるハイタカ幼鳥が越冬地の東南アジアを目指して飛ぶ様子を見て夏の繁殖地の観察を思い出しました。3ヶ月前の7月初旬に北海道でハイタカ一家の営巣の様子を記録していましたので、今年の秋の渡りの時季は札幌の公園で生まれ育ったハイタカ幼鳥も含まれている初旅の渡りと思われます。
それでは3か月前の親鳥の給餌とまだ羽が白い育雛中の四兄弟の営巣の記録です。

_dsc03361

♂が狩りして来た獲物を♀が受け取りこれから巣に給餌に飛ぶ♀ 7月4日14時

_dsc11261

ハイタカ♀の給餌と四兄弟、給餌の時に雛が立ち上がるので見えます、巣の様子が見えるのポイントは巣から枝葉の中を通して見える2,3ヶ所から十数人のカメラマンで譲り合いながらの窮屈な撮影です。

_dsc11651_20191017135201

エサを強請る四兄弟

_dsc08271_20191017133001

立ち上がる雛以外は巣の中で見えません

_dsc05632

雌がエサを小さく食い千切っての給餌です
_dsc05200

雄が狩りしてきた鳥を給餌するのが雌の役目です

_dsc08051

巣の方向を見る♂

_dsc09263

給餌後の♀の飛び出し ♀の眉斑はハッキリ見える

_dsc11821

給餌後の♀の飛び出し 
_dsc11851_20191017135801

見送る四兄弟

_dsc11981

給餌後のヒナの羽伸ばし

_dsc12531

食欲旺盛な四兄弟に♂は狩りに大忙し、眉斑が見えない♂ 7月5日14時

_dsc13421

狩りして来る♂の獲物を待つ♀ 白い眉斑が太く長い
_dsc16671

待ち草臥れた雌のストレッチ

_dsc17041

尾羽の次は翼のストレッチ

_dsc17612

雌の白い眉斑は太く長い 7月6日10時

_dsc18421

狩りから戻った♂ いつもなら♀が直ぐ飛んでくるが・・・

_dsc18631

待ち草臥れた♀が狩りに出かけて留守の様子、この後は♂が巣に入る

滞在期間の都合で7月4日午後~6日午後1時までの3日間の短い観察記録でした。巣立ちの日まで観察したかったが後ろ髪(わずかに残っているはず?)を引かれる気持ちで次の場所に移動しました。

 

 

 

 

 

 

2019年10月16日 (水)

ハイタカの飛翔

 渥美の森展望台で空高く遠く豆粒に見えた西に渡るハイタカを見て、7月の北海道・札幌の公園内で近くで撮影したハイタカを思い出しました。

撮影地 北海道札幌市

_dsc21611

ハイタカ成鳥♀の飛び出し

_dsc21621

飛び出し二枚目 ♂が狩りしてきた獲物を受け取りの飛び出し

_dsc21632

飛び出し三枚目

_dsc14522

ハイタカの飛び出し

_dsc15751

公園内の飛翔

_dsc12361

公園の森の上を飛翔

_dsc17741

ハイタカ成鳥♀ 青空の飛翔

_dsc17821

ハイタカ成鳥♀

_dsc17862

ハイタカ成鳥♀

_dsc17921

ハイタカ成鳥♀

2019年10月15日 (火)

日本100名城48 松阪城

 松阪と言えば高級銘柄牛肉の松阪牛(まつさかうし)を連想するが松阪市の観光コースは蒲生氏郷が縄張りした石垣の城を巡る蒲生氏郷コースの「武将の道」、本居宣長コースの「国学の道」、三井高利コースの「豪商の道」などの松阪市の観光案内板が至る所にあり、豪華なパンフレットも充実しているので驚いた、流石は豪商の街である。今回は日本100名城に限定しての武将の道を観光した。

Img0082

松阪市観光情報センターでスタンプと観光案内を収集する。

Img0161

いつものように”日本100名城に行こう”スタンプ帳より

Img0190

松坂市役所文化課発行の国史跡 松坂城跡・表紙より(松阪城址の空撮と入口付近)

Img0230

国史跡 松坂城跡2頁目

Img0210

国史跡 松坂城跡3頁目

Img0220

国史跡 松阪城跡4頁目

_dsc56000_20191015172501

松阪城址の入口

_dsc56021

_dsc56070

本丸の石垣
_dsc56061

_dsc56080

本丸の石垣

_dsc5624

野面積の石垣

_dsc56170

本居宣長記念館手前の石垣

_dsc56160

本居宣長記念館

_dsc56190

_dsc5625

中御門跡 屈曲した城内の通路が多い
_dsc5632

金の間櫓跡

_dsc5634

天守台跡

_dsc5636

天守閣跡
_dsc5638

_dsc5640

天守台石垣に使われた石棺、古墳の上に建てられたので至る処に遺跡がある
_dsc5659

御城番屋敷の倉庫
_dsc5662

御城番屋敷 藩士の居宅が通路の両側に昔日の面影を残して20軒現存する

 

2019年10月14日 (月)

日本100名城47 伊賀上野城

 忍者の里と呼ばれる伊賀国、慶長13(1608)築城の名手藤堂高虎が筒井定次が築いた筒井故城を高石垣で囲み大拡張した城、現在の天守は昭和10年に地元の名士が私財を投じて木造の復興天守を再建した日本100名城47 伊賀上野城と伊賀上野は俳聖松尾芭蕉翁ゆかりのふるさとでもあります。

Img0081_20191014065901

Img0111_20191014065901

Img0171

伊賀文化産業協会パンフレットの表紙

 

 

_dsc5508

_dsc5513

高さ30m日本一高いと言われる有名な高石垣

_dsc5512

高石垣の上まで恐々(こわごわ)近寄り撮影するが石垣と壕の界面まで写らず

_dsc5518

高石垣側よりの伊賀上野城

_dsc5525

正面からの二つの天守閣

Img0172

伊賀上野城の天守閣への入館は登閣料 金600円也

_dsc5530

天守閣への入口

_dsc5534

鯱の展示

_dsc55352

鯱の左脇・藤堂高虎の由緒

_dsc5536

一階の展示品

_dsc5539

豊臣秀吉から藤堂高虎が拝領した唐冠形兜(とうかんなりかぶと)

_dsc5537

一階の展示品の数々

_dsc5547

一階展示の兜

_dsc5548

一階の展示品 藤堂家の家紋・屋根瓦・鯱・槍など

_dsc5561

3階の格天井
_dsc5569

_dsc5568

3階からの景色
_dsc5577

天守閣3階からの景色

Img0173

伊賀上野城登城の後は芭蕉翁記念館に立ち寄る

_dsc5596

展示室前のこの奥の細道の芭蕉翁旅姿以外は撮影禁止であった

Img0180

スタンプのみが芭蕉翁記念館の記念となった。

 

 

 

 

2019年10月12日 (土)

渥美の森・タカの渡り・その2

 愛知県田原市の渥美半島伊良湖岬は江戸時代の昔から鷹とは馴染みが深く、伊良湖岬の先端近くの芭蕉園地に俳聖松尾芭蕉の句「鷹ひとつ 見つけてうれし 伊良湖崎」の句碑がある。

自分にとってタカの渡りの撮影は、高く遠くを飛ぶ単なる渡った数ではなく、渡るタカの羽数が少なくてもいかに近く低空で飛ぶかである。2011年に渥美半島でタカを近くで撮れる場所として渥美の森展望台をネットで知り、標高100m・距離300m上り坂の渥美の森・展望台に上り、ここの管理人が鳥友のTさんと知り、この展望台で撮影するルール(展望台の上では最大定員18名が三脚の使用禁止と椅子に座っての撮影など)を承諾して「渥美の森・鷹を愛する会」の会員になったのが8年前であった。

今年は台風の襲来でなかなか日程が定まらず、愛知県の天気予報を見て10月4日に新横浜を出発した、東名・新東名をドライブして浜松SAスマートICから出て国道1号浜名バイパスから国道42号で伊良湖崎の7km手前にある渥美の森まで313kmを6時間掛けて辿り着く、10月6日の午前中までここでタカの渡りを撮影して、午後から三重県の日本100名城を巡る、三重県伊賀市の伊賀上野城と翌日の7日に松坂市の松坂城をスタンプラリー、午後から滋賀県長浜市の小谷城と彦根市の彦根城を巡る琵琶湖畔の旅。8日は小雨の中を傘をさしながらの近江八幡市の安土城と観音寺城の山城登山となり、杖と傘を両手に厳しいスタンプラリーでした。9日は滋賀県近江八幡市から新横浜まで新名神・新東名424kmを走り、総走行距離約1300km五泊六日の車中泊の旅を無事ゴールした。この旅でマイカーは2年10ヶ月間に総走行距離5万3千キロを記録した。

野鳥のブログから変心してスタイルが変身したがコメントには苦情が来ないので返信した試しがない。それよりも猛烈な台風ではタカの渡りはどこで退避していつまで待避するのでしょうか?
撮影日10月5,6日のタカの渡りです。

_dsc59242

オオタカ幼鳥

_dsc59291_20191012192201

ノスリ

_dsc59962

サシバ幼鳥

_dsc60462

ハチクマ
_dsc62461_20191012192601

サシバのサンバ

_dsc64002

サシバ幼鳥

_dsc67112

_dsc67142

_dsc68222

_dsc69412

_dsc68992

_dsc70611

快晴の10月6日午前中の最後にミサゴを撮影して渥美の森を去り、三重県の日本100名城(伊賀上野城)に向かう。

 

 

2019年10月11日 (金)

渥美の森タカの渡り

 10月4日後期高齢者になってから避けていた夜間ドライブそれも距離は300km以上、年甲斐もなく数年ぶり久し振りの深夜ドライブを敢行してしまった。午前1時に新横浜を出発して横浜町田ICから東名に入る、この時間帯は殆どが大型トラック、1時間後に御殿場JCTから新東名に入るが静岡あたりから降り出した雨が激しくなり、掛川付近ではワイパーをハイスピードにしても視界が見えず恐怖の走行10分間が長かった、事故の懸念で止む無く掛川PAに駆け込む、土砂降りが小止みになるまで30分の休憩、掛川PAはプロのトラックドライバーも休憩するほどの猛烈な大雨でトラックなどで駐車場は満杯の状況で一部が走行車線出口まで続いた。小降りになるとPAを出発して浜松PAへ下り浜松SAスマートICを出て、国道1号浜名バイパス→潮見バイパス→国道42号で渥美の森駐車場に到着したのは雨上がりの午前7時であった。30分かけて山登りして誰も居ない渥美の森展望台に到着した。朝方の雨で出足が遅く8時頃になって地元のCMも集まりだした。
この日は伊良湖岬 定点観測地の観測データは無かったようです。
撮影日10月4日

_dsc49161

サシバ幼鳥

_dsc49201_20191011174201

 

_dsc49272

_dsc50152

 

_dsc50241

_dsc50491

 

_dsc50542

昔の使用レンズ640と違い安価・軽いレンズではそれなりの写真(全てトリム)であった。

 

2019年10月10日 (木)

陽の光で赤いサシバ

 愛知県田原市の伊良湖岬に在る芭蕉園地に俳聖松尾芭蕉の句碑がある「鷹一つ 見つけてうれし 伊良湖崎」どんな句も芭蕉の句となれば名句に思わます。

10月6日 快晴の日の出直後の陽光に舞う、赤色のサシバです。

 朝焼けに あかいろのサシバ 見つけたり
_dsc61940

渥美の森展望台からの日の出 150-600mmの150で撮影5:55

_dsc62230

赤く見えた サシバ

_dsc62231

サシバの幼鳥 尾羽が千切れそう

 

_dsc62332

尾羽が途切れそうに見えるサシバ

_dsc62410

赤色に翔ぶサシバの天体ショー

_dsc62412

気になる尾羽をトリム

_dsc62461

_dsc62361

日の出の空に飛ぶサシバの群れ

_dsc62601

陽光の空に舞う赤いサシバでした

渥美半島のタカの渡りと三重・滋賀方面に日本100名城の撮影旅行で一週間振りのブログです。

 

 

2019年10月 3日 (木)

白い回想・シマエナガの雌雄給餌

 春採湖のシマエナガの営巣の様子をいつから開始したのかHDD在庫の写真を調べ直したら今年の5月8日~6月9日の二羽の巣立ちまでの一ヶ月間に10回の観察・撮影を行っていた。この時期は阿寒のエゾフクロウやタンチョウの子育て時期とも重なるので阿寒・春採湖・風連湖周辺を行ったり来たりしていた。
今回の白い回想は巣穴の中で♀が抱卵か、雛への給餌をしていると思われる時期に♂が♀に給餌する場面が撮れました。

撮影日5月15日

_dsc68652

巣穴の中で餌を待つ♀(トリム)

_dsc68692

♂が飛んできて巣穴の♀に餌渡し

_dsc68722 _dsc68732

餌渡し後に飛び去る♂と見送る巣穴の♀(ピントは巣穴に固定)

_dsc68782

巣穴の♀が餌を待つが・・・

_dsc68812

エサが待ち切れないのか?

 _dsc68812

エサを持ってこないと♀が巣穴から乗り出す

_dsc68832

巣穴から飛び出す♀、ピントは巣穴

_dsc68872

今度はまた♂が持ってきた

_dsc68892

口うつしならぬ嘴うつし

_dsc68902

そして飛び去る♂見送る♀

_dsc69261

_dsc69271

_dsc69281

_dsc69291

♀が巣穴の中にいる間は何回も何回も餌運びを繰り返す

2019年10月 2日 (水)

初夏の白い回想シマエナガ

 人気の白い小鳥シマエナガ。今年の春採湖で営巣中のシマエナガに遭遇したのは5月8日でした。この日から6月9日の巣立ちの日まで10回の観察と撮影を行っていますが、観察3回目の5月25日に子育て中のシマエナガが営巣木周囲の枝や梢に給餌に入る直前や巣に飛び込むシマエナガの番とヘルパーの3羽の給餌活動回想の写真です。

_dsc17501

巣の近くの枯れた蔦での待機

_dsc17881
梢から左の巣へ給餌に飛ぶ

_dsc16751

枯れた蔦から巣に給餌に飛ぶ直前

_dsc16840

梢の上を飛び給餌の飛翔

_dsc17001

給餌の飛翔

_dsc17211

給餌の待機

_dsc17391

梢の新芽とのコラボ

_dsc17410

新芽から給餌の飛び出し

_dsc17710

巣の右下の背景は新緑の緑一色

 

_dsc17730

緑の中で飛び出し

_dsc17841

 撮影日2019年5月25日春採湖のシマエナガ

 

2019年10月 1日 (火)

初夏の思い出・望岳台・白金温泉・青い池

 美瑛町のナキウサギ撮影は十勝岳の避難場所「十勝岳望岳台防災シェルター」の駐車場に車を止めて撮影の準備をはじめます。鉄筋コンクリート造り平屋建てのシェルターは十勝岳周辺の気象情報や水洗トイレやWiFiなどが使えるので雨天の場合はここで待機することがある。天候が良ければ望岳台より登り始めて約30分の十勝岳登山道の脇にある沢のガレ場が自分好みのナキウサギのポイントである。

Dscn01290

5月28日望岳台シェルターの駐車場はまだ雪に埋もれていた
Dscn01190

望岳台のからの雪の十勝岳、噴煙あげる活火山
Dscn0121

前年のナキウサギのポイントのガレ場はほとんど雪に覆われていました
Dscn01260

5月28日、雪のガレ場の上方からタイマー撮影の自撮りです、この日はナキウサギは空振りでした

Dscn0131

美瑛町の観光名所青い池

Dscn0132

5月28日の青い池

Dscn03691
望岳台で雷雨に打たれて休憩に飛び込んだ白金温泉

Dscn03670

白金温泉ホテルの大浴場

Dscn03640_20190831161401

温泉で身体を温めての癒しのひと時

Dscn03730

5月28日白金温泉ホテル露天風呂、雨で入れず
_dsc31660_20190831161601

二度目の望岳台は7月2日 望岳台のナキウサギ
_dsc31780_20190831161801

ナキウサギ若とイワブクロのショットが撮れて大満足

美瑛町の観光名所と初夏の北海道の思い出でした。

 

 

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ