« ハイタカの飛翔 | トップページ | 日本100名城49 小谷城 »

2019年10月17日 (木)

ハイタカの四兄弟

 10月初旬に渥美の森展望台のタカの渡りの撮影で、春に日本に渡って来て日本の各地で繁殖したと思われるハイタカ幼鳥が越冬地の東南アジアを目指して飛ぶ様子を見て夏の繁殖地の観察を思い出しました。3ヶ月前の7月初旬に北海道でハイタカ一家の営巣の様子を記録していましたので、今年の秋の渡りの時季は札幌の公園で生まれ育ったハイタカ幼鳥も含まれている初旅の渡りと思われます。
それでは3か月前の親鳥の給餌とまだ羽が白い育雛中の四兄弟の営巣の記録です。

_dsc03361

♂が狩りして来た獲物を♀が受け取りこれから巣に給餌に飛ぶ♀ 7月4日14時

_dsc11261

ハイタカ♀の給餌と四兄弟、給餌の時に雛が立ち上がるので見えます、巣の様子が見えるのポイントは巣から枝葉の中を通して見える2,3ヶ所から十数人のカメラマンで譲り合いながらの窮屈な撮影です。

_dsc11651_20191017135201

エサを強請る四兄弟

_dsc08271_20191017133001

立ち上がる雛以外は巣の中で見えません

_dsc05632

雌がエサを小さく食い千切っての給餌です
_dsc05200

雄が狩りしてきた鳥を給餌するのが雌の役目です

_dsc08051

巣の方向を見る♂

_dsc09263

給餌後の♀の飛び出し ♀の眉斑はハッキリ見える

_dsc11821

給餌後の♀の飛び出し 
_dsc11851_20191017135801

見送る四兄弟

_dsc11981

給餌後のヒナの羽伸ばし

_dsc12531

食欲旺盛な四兄弟に♂は狩りに大忙し、眉斑が見えない♂ 7月5日14時

_dsc13421

狩りして来る♂の獲物を待つ♀ 白い眉斑が太く長い
_dsc16671

待ち草臥れた雌のストレッチ

_dsc17041

尾羽の次は翼のストレッチ

_dsc17612

雌の白い眉斑は太く長い 7月6日10時

_dsc18421

狩りから戻った♂ いつもなら♀が直ぐ飛んでくるが・・・

_dsc18631

待ち草臥れた♀が狩りに出かけて留守の様子、この後は♂が巣に入る

滞在期間の都合で7月4日午後~6日午後1時までの3日間の短い観察記録でした。巣立ちの日まで観察したかったが後ろ髪(わずかに残っているはず?)を引かれる気持ちで次の場所に移動しました。

 

 

 

 

 

 

« ハイタカの飛翔 | トップページ | 日本100名城49 小谷城 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミントさん こんばんは

いつもお世話になります。
滞在期間の都合で今年は函館→青森に移動したために
白い雛ちゃんの巣立ちまで見られませんでしたので心残りです。
ご存知のように似たもの同士の識別。ハイタカ属の見分け方は難しいようですね。
特によく似たツミ雌とハイタカ雌はよく似て識別が難しいと図鑑にも解説がありますが
私には未だに難問の一つです。

ありがとうございました。

ツミの親子♪両親は 猛禽らしく かっこよくて・・雛ちゃん4兄弟は 愛らしいですね(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイタカの飛翔 | トップページ | 日本100名城49 小谷城 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ