« 静態保存三ヶ所の蒸気機関車 | トップページ | 動態保存の森林鉄道雨宮21号 »

2019年11月18日 (月)

しづか号とアイアンホース号

 北海道旅行すると何故か?義経伝説に関係のある市町村が多いと感じている。義経と言えば静御前その名のSL「しづか号」が展示保存されている。小樽市総合博物館(旧鉄道博物館)の”しづかホール”(一階中央ホール)に1880年(明治13年)北海道の開拓期に最初の鉄道を走った1号機の「義経号」2号機の「弁慶号」に5年遅れてアメリカから輸入されたH・K・ポーター社製の蒸気機関車 6号機の「しづか号」が貴賓車と共に展示されている。西部劇で見たままのアメリカン・スタイルで同じ型のSL8両が輸入された。そのうちの義経号(京都鉄道博物館蔵)弁慶号(さいたま市鉄道博物館蔵)の3両が”鉄道記念物”として現存する。
小樽総合博物館の構内を走り、転車台で方向転換して乗車体験出来る人気の動態保存車のSLもアイアンホース号も同じH・K・ポーター社製の蒸気機関車です。
アイアンホース号は昨年は修理中で乗車出来なかったが今回で4度目となる2019年7月6日にこれらのSLの見学と乗車ならびに撮影の記録です。

_dsc35711

入館(有料)すると直ぐ正面に「しづか号」展示されている

_dsc36961

キャブ(運転席)の横に「SHIZUKA」テンダーに「しづか」

_dsc36021

障害物除けの「カウキャッチャー」と鐘と大きなソロバン玉のような煙突は西部劇から出てきたようなアメリカンスタイル

_dsc35940

キャブ(運転席)の内部も見学できる

_dsc35981

「しづか号」の履歴

_dsc36971

ローマ字のSHIZUKAは「しずか」のはずがなぜか「しづか」

_dsc3580

博物館で動態保存されているアイアンホース号、中央ホームで発車前

_dsc3581

中央ホームから発車直後

_dsc3616

客車の最後尾右側に乗車しての撮影、前方に手宮ホーム

_dsc3618

客車最後尾の左側、前方に手宮ホームと転車台

_dsc3622

手宮ホームで乗客全員を降ろして転車台に向かうアイアンホース号

_dsc3627

手宮口の転車台

_dsc3632

転車台で180度の方向転換

_dsc3642

転車台を降りる

_dsc3647

客車の接続に向かう

_dsc3650

北海道鉄道開通起点を通過して中央ホームに戻る

_dsc3672

15時30発の最終便は約20分間の運転を終了。中央ホームに到着して乗客を降ろして転車台に向かう

_dsc3674

車庫前の転車台に乗る直前

_dsc3675

アイアンホース号の銘板が見える

_dsc3678

キャブ(運転席)が見える、燃料は石炭から重油に改造されているので焚口の石炭投入作業はありません

 

_dsc3684

車庫の左端に向かう

_dsc3690

歴史のある車庫の左端に入るアイアンホース号

_dsc3694

この日の最終運転を15時50分頃に終了する

 

 

« 静態保存三ヶ所の蒸気機関車 | トップページ | 動態保存の森林鉄道雨宮21号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静態保存三ヶ所の蒸気機関車 | トップページ | 動態保存の森林鉄道雨宮21号 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト