« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

日本100名城52 観音寺城

 日本100名城51安土城の次に近くにある隣の繖山(きぬがさやま)別名観音寺山の山頂にある観音寺城を攻城したが生憎の雨天で思うように攻めることが出来ない。

Img0101_20191230104801

Img0022_20191230104901

Img0121

安土山にある安土城、その隣の繖山の観音正寺の奥にある観音寺城

Dscn0928

有料道路を通り駐車場に車を置いて登ってきた急な石段を登り切り上から写した参道

Dscn0926

ここは西国三十三所第三十二番所の観音正寺の境内、案内図を見ても安土城の直ぐ近くであることが分かる、ここは西国三十三所第三十二番所の観音正寺の境内

Dscn0924

仁王門はないが仁王像が境内を守る

Dscn0899

観音正寺庫裡のスタンプ場所で捺印

Dscn0901

観音正寺の境内を進み左の観音寺城へ山道へ

Dscn0915

観音正寺の本堂左脇下にある観音寺城跡への山道を登る

Dscn0912

苔むした石垣のある山道を下りる

Dscn0904

Dscn0905

Dscn0906

Dscn0909

Dscn0907

Dscn0910

台風や大雨の被害で通行止めがあるので雨天の中で大石垣跡は諦める

 

 

 

2019年12月28日 (土)

日本100名城51 安土城



 日本100名城巡りは、2018年5月に根室駅前のお土産店にある観光協会で千島桜の開花状況を調べている時に、目に入ったのが「日本城郭協会の日本100名城」のスタンプ帳でした。地元の根室にもあるアイヌ民族の城跡を含めて北海道に三ヶ所の日本100名城「根室半島チャシ跡群・五稜郭・松前城」の3城を皮切りに、日本100名城スタンプラリーを「人生百歳時代」の健活に歴史を学ぶ生涯学習のテーマ―の一つとして始めました。 

今年は台風の襲来でなかなか日程が定まらず、愛知県の天気予報を見て10月4日に新横浜を出発した、東名・新東名をドライブして浜松SAスマートICから出て国道1号浜名バイパスから国道42号で伊良湖崎の7km手前にある渥美の森まで313kmを6時間掛けて辿り着く、10月6日の午前中までここでタカの渡りを撮影して、午後から三重県伊賀市の伊賀上野城と翌日の7日に松坂市の松坂城をスタンプラリー、午後から滋賀県長浜市の小谷城と彦根市の彦根城を巡る琵琶湖畔の旅。8日は小雨の中を傘をさしながらの近江八幡市の安土城と観音寺城の山城登山となり、杖と傘を両手に厳しいスタンプラリーでした。9日は滋賀県近江八幡市から新横浜まで新名神・新東名424kmを走り、総走行距離約1300km五泊六日の車中泊の旅を無事ゴールした。この旅でマイカーは2年10ヶ月間に総走行距離5万3千キロを記録した。(この遠征後の10月15日よりホンダのミニバンSTEPWGN SPADAに乗り換えた)              

安土城は標高199mの安土山一帯にある織田信長(1534-82)の居城跡。国指定の特別史跡です。天正4年(1576年)から織田信長が約3年の歳月をかけて完成しました。安土・桃山時代の幕開けとして築城されましたが、織田信長が倒れた本能寺の変後、焼失して石垣だけが残っています。安土山の南側には、堀が巡っていて往時の名残りを留めています。天主跡と本丸跡には礎石が、また二の丸跡には、豊臣秀吉が建立した織田信長廟が残っています。天主閣跡から東へ少し下った黒金門跡(くろがねもんあと)付近には、壮大な石垣もあります。また、山の中腹には家臣団屋敷跡があり、山の尾根づたいに北へ行くと八角平や薬師平があります。城山の中心部への通路は、南正面から入る大手道のほかに、東門道、百々橋口道、搦手道などがあります。
 城の外面は各層が朱色・青色・あるいは白色、そして最上層は金色だったといいます。内部は、狩野永徳が描いた墨絵で飾られた部屋や、金碧極彩色で仕上げた部屋などがあり、当時の日本最高の技術と芸術の粋を集大成して造られたといわれています。わが国最初の本格的な天主の建築は、この安土城が始まりとされ、歴史上に名を残す名城跡です。滋賀県観光情報より

二つ月前の10月7日に安土城跡駐車場で野営して8日朝から攻城した記録。
Dscn08881 Dscn08961

大手道跡安土町城郭資料館の安土城天主模型1/7と安土城ひな型1/20からも信長の絢爛豪華な型破りの城がうかがえる

 

Img0093

Img0021_20191222121501

Dscn0850

_dsc5925

_dsc5930

大手口石垣址

 

_dsc5927

 

_dsc6004

大手門の石垣

_dsc5936

大手道の両側に階段状に家臣団の屋敷跡のひとつ

_dsc5938

焼失した信長の菩提寺総見寺はこの石垣の上に復元

_dsc5941

幅6m両側に溝がある入口にあった杖を借りて大手道を攻城する

_dsc5944_20191228110201

上から見た大手道

_dsc5945

安土城は急造したので所々に遺跡を使用、大手道の石仏

Dscn0863

Dscn0864

豊臣秀吉が建立した二の丸跡の織田信長廟

Dscn0871

仏足石

_dsc5984

_dsc5953

黒鉄門跡

_dsc5958

黒鉄門付近

_dsc5961

本丸跡

_dsc5963

本丸跡

_dsc5966

天主閣への石段・石垣

_dsc5969

_dsc5975

天主台跡

_dsc5970

安土城だけは天守ではなく天主

_dsc5988

安土城で現存する建造物は総見寺の三重塔と仁王門だけ

Dscn0876

三重塔

Dscn0878

仁王門

 

2019年12月21日 (土)

日本100名城4 弘前城

 野鳥撮影の前はサクラを追いかけていた、日本さくら百選の弘前城は何回も通った有名なサクラの名所であった。日本100名城のなかで江戸時代の天守で現存するのは12天守、弘前城は東北唯一の天守が現存する。
弘前城は、現在の弘前市における弘前公園がそれにあたり、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、二代目信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しました。以後、弘前城は津軽氏の居城として、廃藩に到るまでの260年間、津軽藩政の中心地として使用されました。
弘前城は、東西約600m、南北約1000m、面積約50haの中に、三重の濠(ほり)と土塁(どるい)に囲まれた6つの郭(くるわ)から構成されています。 城内には、天守閣、櫓(やぐら)3棟、城門5棟が残され、いずれも重要文化財に指定されています。また、城跡は築城当初の形態が良くのこされており、昭和27年に国の史跡として指定を受けました。(弘前市HPより)

弘前市では、弘前城本丸の膨らんで崩れそうになった石垣修理に伴い、天守を約70m本丸の内側へと曳屋する工事を平成27年に実施しました。

 

159

2005年5月6日 下乗橋からの満開の桜と弘前城天守と石垣・内濠

028_20191221073901
 撮影日2005年5月4日 満開のソメイヨシノと天守

Img0081_20191220101401

2018年8月15日 既に天守は本丸の内側70mに曳屋で移動済でした

Img0102

Img0103

_dsc2954

2018年8月15日撮影 工事中の石垣と濠、下乗橋から撮影出来た弘前城天守は本丸方向へ70m曳屋で移動した弘前城天守は屋根の一部しか見えません

_dsc2931

曳屋70mで移動した天守

_dsc29322

_dsc2940

工事中の本丸石垣修理作業と天守の見学台、この日は雨天で人影少なし

_dsc2937

見学台には4月22日~5月5日弘前さくらまつりのポスター展

_dsc2945

見学台から撮影した弘前城天守、5年後の石垣修理後に元の位置に曳屋で戻る予定(2021年)

_dsc2958

_dsc2962

_dsc2964

2018年8月15日 雨の中の石垣修理現場

これから後は2005年5月4~6日撮影の桜まつり弘前城の思い出

004

2005年5月4日撮影 下乗橋からの弘前城

018

内濠に写る弘前城、奥は下乗橋、この頃から本丸の石垣は膨らんでいるように思える

017

本丸内濠のオシドリ

1380

外濠一面の花筏

018_20191221161201

1500

東門外濠

1510

東外濠

179

西外濠

4550

辰巳櫓、この他に同じような形の丑寅櫓と未申櫓と三つの隅櫓

225

夜間撮影の花筏

261

下乗橋と夜の弘前城

2290

夜間撮影の弘前公園 撮影日2005年5月6日

 

 

 

 

2019年12月19日 (木)

日本100名城6 盛岡城

 昨年のお盆休みの東北地方旅行中に盛岡城址公園のもりおか歴史文化館で日本100名城のスタンプラリーを済ませた。当日は雨天で盛岡城址公園の石垣の一部しか撮影出来なかったがこの記事が下書きのまま一年以上も忘れていましたので完結しました。
2005年から始めた野鳥撮影の前は、現役引退後から始めた「サクラ観光巡り」で盛岡地方裁判所の庭に咲く有名な「石割ザクラ」の撮影に訪れたことがある盛岡市です。巨大な花崗岩を二つに割って成長して咲く樹齢400年ともいわれるエドヒガンは遠くまで撮影に来たかいがある桜の思い出があります。
2018年8月15日からのお盆休みの家族旅行で青森県の三内丸山・鶴の舞橋・弘前城などを観光した翌日雨天の16日に日本100名城6番目の岩手県盛岡市の南部氏が築いた総石垣の城跡に立ち寄りました。

南部藩主の居城であった盛岡城の旧跡。盛岡城は28代藩主重直の時代寛永10年(1633)に完成。北上川、雫石川、中津川を自然の壕に利用した平城で、不来方城とも呼ばれた。現在は石垣や池が残り、盛岡城跡公園(もりおかじょうあとこうえん)として四季を通じて市民に親しまれている。

盛岡城は,三戸から不来方(こずかた)の地に居城の移転を決定した南部信直(なんぶのぶなお:盛岡藩初代藩主)が,慶長2年(1597年)に嫡子利直(としなお:2代藩主)を総奉行(そうぶぎょう)として築城を始めたと伝えられ,翌慶長3年(1598年)の正式許可の後,築城工事が本格的に進められました。
城の縄張りは豊臣家重臣の浅野長政の助言によるものといわれ,北上川と中津川の合流点に突き出した丘陵に本丸・二ノ丸・三ノ丸・腰曲輪(こしくるわ)などを配し,それぞれに雄大な石垣を構築して内曲輪(うちくるわ)=御城内(ごじょうない)としています。さらに,内曲輪の北側は起伏の激しかった現在の内丸地域を平坦にして堀で囲み,南部氏一族や藩の重臣たちの屋敷を配置して外曲輪(そとくるわ)としました。また,外曲輪の北側と東側の中津川対岸の城下を堀で囲み,武士や町人たちの屋敷街である遠曲輪(とおくるわ)=総構(そうがまえ)が配置されています。
築城工事は,北上川や中津川の洪水にみまわれながらも続けられ,築城開始から36年後の寛永10年(1633年)に南部重直(しげなお)が入城して以降,藩政時代を通じて盛岡南部氏の居城となりました。(盛岡市HPより)

Img0031_20190906103101

Img0022_20190906103201

Img0021_20190906103301

「日本100名城に行こう」6盛岡城より転載

Dscn92001

南部家の家紋「なんぶづる=対い鶴に九曜」と甲冑

Dscn92020

雨天の日に、スタンプのあるもりおか歴史文化館を見物中に撮影

_dsc2970

右の二の丸石垣、左本丸の石垣、空堀を渡る赤い太鼓橋
_dsc2977

手前の二の丸から橋を渡り本丸へ
_dsc2973

盛岡城址公園の本丸跡

_dsc2967

_dsc2969

_dsc2981

_dsc2985

この日は雨で公園内を隈なく歩き回れず撮影したのは石垣ばかり、見事な総石垣造りの盛岡城址でありました。

2019年12月18日 (水)

日本100名城14 水戸城

 二週間もブログの更新を見送り、最後に頂いたコメントの返信が公開(12月4日発信)されるのを待ちましたが一昨日ブログのシステムの確認で二週間待ち続けたコメントの返信がやっと公開されたのを確認しました。今回の原因不明のままですがシステムを変更してからの異変の一つと感じています。

歳の瀬も二週間と迫りましたが北海道撮影旅行の写真は未整理のまま今年も年を越えそのままお蔵入りの運命を迎えます。未整理の中で日本100名城の未整理がありましたのでこれだけは完結して令和2年の新年を迎えようと思います。
4月18日に北海道でアップロードした「国営ひたち海浜公園のネモフィラ」の撮影後に車で30分の水戸市内へ、日本三名園の偕楽園は過去に2,3回観光していますが徳川御三家の水戸城は初です。日本100名城14 水戸城のスタンプをゲットしてから大洗港から苫小牧港行のフェリーに乗船しました。

_dsc8532_20191217094901

 撮影日2019年4月16日 国営ひたち海浜公園の春のネモフィラ、今頃は秋のコキアで赤く染まっていると思われます。
Img0051_20191217095702
Img0061_20191217100101

苫小牧に出発前に水戸城址に立ち寄り日本100名城のスタンプラリー、水戸城址の本丸・二の丸・三の丸などの城址は幼稚園・小学校・中学校・高等学校が建っている。

_dsc8559

_dsc8561

2019・4・16 撮影時は大手門復元の工事中でした。

032_s     034_s

2019年9月に完成しました(水戸市HPより)右は二の丸側の写真

Img0071_20191218071801

「開校・彰考館」プロジェクトの資料より抜粋・転載、お馴染みの水戸黄門様は二代藩主水戸光圀、藩校の彰考館と偕楽園を造った水戸齊昭は9代藩主

_dsc8557

_dsc8558

大手門橋を渡った右手に9代藩主水戸齊昭(なりあき)の銅像、江戸幕府最後の将軍15代徳川慶喜の実父。
_dsc8550

スタンプは弘道館料金所窓口にある
_dsc8552

常陸水戸藩9代藩主 水戸齊昭の建てた藩校の弘道館

_dsc8562

大手門橋からの右手の土塁と下の切通し
_dsc8565
工事中の大手門を通り二の丸側の風景

_dsc8567

_dsc8569

大日本史の編集所の彰考館跡

_dsc8570

_dsc8568

_dsc8578

_dsc8577

石垣の代わりに二の丸と本丸の間のJR水郡線が走る深い土塁跡の堀底、御三家でありながら天守の代用として三重五階の御三階櫓(おさんかいやぐら)

_dsc8582

土塁と堀で守られた御三家の城

_dsc8586

本丸跡の県立水戸第一高校内に復元移築された現存する唯一の遺構の薬医門(橋詰門)
_dsc8585

_dsc8584

薬医門

 

 

2019年12月 2日 (月)

初夏の回想・二羽の巣立シマエナガ

 何回もブログに登場した初見のシマエナガ二羽の巣立ちです。あとから7羽が巣立ちして9羽の団子状態になる前の二羽だけの巣立ちの様子です。
撮影日6月9日

_dsc80581

巣立ち雛が親にエサチョウダイ!

_dsc80601

餌をせがむ巣立ち雛、右下の巣に親が給餌に来た!

_dsc81831_20191202095801

親の傍に来て餌を強請る(ねだる)巣の中から雛が覗く

_dsc81861

親は飛び去る!巣立ち雛は鳴き、巣の雛はのぞく、三羽三様

_dsc83681

巣の近くの枯れた蔦の上、餌を貰えずつたない様子

_dsc83811_20191202095901

巣立ち雛への給餌、親よりも丸まる大きいが尾は短い

_dsc84402

初の巣立ち雛の2羽並びだが顔が見えない後ろ向きでした

_dsc84771

蟻でも採餌かな?

_dsc85251

巣の上で親からの給餌を待つ兄弟

_dsc85661_20191202100301

給餌に来た親

_dsc86411

巣の上の巣立ち兄弟

_dsc88261

給餌

_dsc88410

巣立ち雛2羽の団子

_dsc88412

兄弟の初団子のトリム

_dsc88692_20191202100501

初団子兄弟の給餌

巣の七羽はその後の巣立ちでしたがこの後は阿寒のフクロウ四兄弟と比布のハヤブサ四兄弟へ移動しました。

 

2019年12月 1日 (日)

初夏の思い出・シマエナガの巣立ち

 可愛いシマエナガの巣立ちを初めて観察したのは6月9日でした。先に巣立ちした一番子と後から巣立ちした二番子の二羽だけの巣立ちでした。
撮影日6月9日

_dsc77221

Am10:20 巣立ち直前の給餌

_dsc77521

Am10:24 営巣の中から全身が出てきたので巣立ちのようです

_dsc77581

巣立ち雛と巣の中から顔が見える雛がいる

_dsc77601

巣の中の顔は二番子かな?

_dsc77721

二番子も顔を出す

_dsc77781_20191201105001

一番子は巣の上の枝、二番子も巣立ちのように見える
_dsc77961

一番子は巣の上

_dsc78011

二番子の巣立ち

_dsc78281

二番子と巣立ち前(翌日の巣立ち)が親に餌を強請る

_dsc78341

昆虫の給餌

_dsc78401

給餌後に親は飛び去る

_dsc79221

巣の近くの枝葉の上に餌を強請る(ねだる)巣立ち雛

_dsc79281

前ボケは給餌の親

巣の中の七羽の雛は翌日の巣立ちでした。

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ