« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

中華街大通り店舗の採青

 令和二年の春節の採青は萬珍楼本店と王府井本店の店内より獅子舞の採青を撮影したがこの二店舗以外は混雑のため中華街大通りから観客の頭越しの撮影となった。爆竹と獅子舞の楽隊の太鼓・銅鑼・鐘が鳴り響く中で、獅子舞が商売繁盛・五穀豊穣を祝う春節の行事・採青を待つ、中華街大通りの七店舗だけはなんとか獅子舞がご祝儀の紅包を採る採青の瞬間などをなんとか撮影出来ましたが大半のお店は混雑でパスしました。

撮影日 令和2年1月25日 横浜中華街大通り

_dsc77931

廣東料理・萬珍楼前より大混雑の中華街大通りの採青

_dsc75992

重慶飯店の紅包(ご祝儀)は店内に吊るしてあるので街頭では採青(獅子舞が吊るした紅包を取る)瞬間は撮れませんでした。
_dsc76211

重慶飯店のお隣は三國演義は店の軒先に吊るしてありました

_dsc76281_20200130204301

紅包(ご祝儀)を瓦に張り付けてあります

_dsc76451

獅子舞が立ち上がって採青の態勢です
_dsc76600

獅子舞が採青を終えた瞬間です、屋根瓦には紅包は残っていません、獅子舞の口の中にあります。三國演義でした。
_dsc76650

福臨閣の紅包は看板の下にあります

_dsc76861

採青の直前に国術団の獅子舞が顔を見せました

_dsc77021

採青の直後です、獅子舞が紅包を口に咥えています

_dsc77081

海南店の紅包は青菜に包まれている昔ながらに看板にとめてあります

_dsc77191

採青の瞬間はお獅子の頭と観客の頭で見えません、撮れません。

_dsc77211

お獅子の口の中に青菜と赤いご祝儀がありますが前に居る女性の頭でカメラアングルがよくありません。観客で混雑しているので止むを得ません

_dsc77451

中華街大通りの採青では占い店は珍しい採青と思える

_dsc77541_20200131085501

採青の瞬間直前

_dsc77551_20200131085601

看板には紅包が見えないので採青の瞬間は獅子舞の後頭部からは見えませんので撮れません。占いのお店では採青は撮れませんでした。

_dsc79561_20200131091401

 中国飯店の紅包

_dsc79581

フカヒレ料理専門店の看板と中国飯店

_dsc79631

お獅子にとっては美味しいご馳走に見えます

_dsc79651

採青の直後、赤い紐に紅包(ご祝儀)はない

_dsc80001_20200131092101

本日の一番入口が狭いお店、広東料理の楽園

_dsc80040

国術団の楽隊も獅子舞がお店の中に入れるか注目してます
_dsc80131

獅子舞が店内から出てくる時もリーダーがお手伝い、店の中でも帳場の電灯の笠をどけています。

_dsc80321

店内での採青をして来たので獅子舞の手にはご祝儀の紅包がある、後ろに見えるのは善隣門(中華大通りの反対にあるのは朝陽門)

春節の観光客で大混雑の中華街大通りで店内の採青を撮影した廣東料理の萬珍楼本店と小籠包の王府井本店以外に大混雑の中で7店の採青の様子を撮影出来ました。

 

 

 

 

 

 

2020年1月29日 (水)

令和2年春節・祝舞遊行(後編)

 2020(令和2)年の横浜中華街の春節二日目1月26日(日)に関帝廟通りの山下町公園を16時に出発して春節の一大イベントである祝賀パレードが実施されます。一番の人気である関帝廟前、ここでは全ての祝舞遊行が関帝廟に礼拝するのでカメラを構えている人が多い場所である。 昨日は高下駄を履いた将軍會 の後にチーパオの妖艶なパレードまでをブログUPしたが今回はその後の祝舞遊行です。人力車に乗った皇帝と皇后に従う華やかな皇帝衣装隊、しんがりは2台のトラックの荷台で古箏を演奏する優雅な行進です。写真30枚

撮影日1月26日16時~

_dsc75391_20200129162601

祝賀パレードが出発する山下町公園入口

_dsc82640

パレード前の3時頃皇帝と皇后が乗る人力車と車夫が待機していた

_dsc84571

皇帝衣装隊の看板がやって来た

_dsc84581_20200129170501

ハマの人力車にシルバーグレーの髭を蓄えた黄色い衣装の皇帝
_dsc84591

皇帝の後に皇后のハマの人力車

_dsc84671

人力車の皇帝衣装隊がつづく

_dsc84711

横浜中華學院

_dsc84771_20200129171601

横浜中華學院の3頭の獅子舞が関帝廟に勢揃い

_dsc84831

獅子舞を演技

_dsc84871

関帝廟に礼拝

_dsc84901

横浜中華學院の楽隊
_dsc84961

また???真美国際旗袍?② 前編では①でしたが②が出てきました
_dsc84981

旗袍 チャイナドレス姿の行進です

_dsc85071

 旗袍の次は 張海輪雑技団の張海輪が来ました、重たそうな大きな壺を頭の上で回していました

_dsc85131

廣東会館倶楽部廣東獅子舞 普段はあまり見掛けない獅子舞です

_dsc85181

廣東獅子舞楽隊

_dsc85201

右の御獅子は女性のようです

_dsc85261

関帝廟に礼拝

_dsc8532_20200129183301

観客の頭を齧(かじ)りまくります(サービス精神が旺盛)

_dsc85361

廣東獅子舞旗
_dsc85451

吉林総商会

_dsc85470

三蔵法師と猪八戒

_dsc85541

???

_dsc85551

横浜中華芸術学校 殿(しんがりの長い行列がやってきました
_dsc85581

_dsc85800

関帝廟の奉納舞?先生の真似をする子供の舞踊

_dsc8586_20200129185001

一台目
_dsc85951

二台目

_dsc8588

_dsc86461

古箏の先生

Img0241_20200129192401

祝舞遊行のルート

 

 

 

 

 

 

 

 


2020年1月28日 (火)

令和2年春節・祝舞遊行(前編)

  2020(令和2)年の横浜中華街の春節二日目の1月26日(日)に関帝廟通りの山下町公園を16時に出発するパレードが開始されるので一番人気のある(最も混む場所)である関帝廟前で3時頃から場所取りでカメラを構えていた。

Img0241

2020年春節のパンフレットより祝舞遊行の順路を抜粋・転載

_dsc82751

パレード開始前に関帝廟へ、祀られている実在の武将関羽様を礼拝

_dsc82800

関帝廟の門前で待機する

_dsc82910

4時20分頃にパレードの先頭がやって来た、主催の横浜中華街発展協同組合の横断幕を3名の女性

_dsc82920

関帝廟に礼拝する

_dsc82930

二番目は横浜中華学校校友会国術団

_dsc82941

続いてきたのは、けたたましい爆発音と煙をはく爆竹の車

_dsc82991

横浜中華学校校友会国術団の舞踊の一団が続く
_dsc8311

関帝廟前で舞踊を披露

_dsc83231

舞踊団の後に銅鑼・太鼓と獅子舞と龍舞

_dsc83261

獅子舞が関帝廟に挨拶

_dsc83331

火を噴く爆竹の爆発音が一段と近くで耳をつんざく!

_dsc83550

龍舞の登場

_dsc83580

関帝廟前にての龍舞がとぐろを巻く

_dsc83771

横浜中華街将軍會がやって来た

_dsc83811_20200128160601

先頭にやって来たのは先導役と主役の高下駄を履いた長い黒髭将軍は神様の関羽将軍

_dsc83871

_dsc83911

将軍が揃う

_dsc83971

先導役が関帝廟に礼拝する、整理役の陰で関羽様が入らず、カメラを構える人を無視した邪魔な整理役

_dsc84200

楊貴妃中国舞踊スタジオ

_dsc84250

子供二人が先頭の舞踊団

_dsc84411

関帝廟の前で舞踊の披露

_dsc84471

意味が分からない看板が来ました “旗袍”というのは女性の中国服

_dsc84510

派手な衣装から遠くからは若く見える?女性の一行でしたが・・

_dsc84521

艶やかなチャイナドレスの女性たちを近くで見ると昔のお嬢さん達でした・・・

旗袍(チーパオ)というのは中国を代表する女性の服装

祝舞遊行の前編(写真25枚)、後編は後日

 

 

 

2020年1月27日 (月)

小籠包の興(KOKI)の採青

 地下鉄元町・中華街駅を降り立ち中華街に向かい最初の中華街の門が朝陽門である。この朝陽門を通り、中華街大通り入口の角に建つ交番の斜め前約30mに小籠包の人気繁盛店に客が行列しているのが王府井本店である。ここまで地下鉄の元町中華街駅出口から徒歩約5分の処である。店名の間違いに気づきましたので訂正します。店名 興(KOKI)でしたのでタイトルを変更します。

 

撮影日1月25日午後3時

_dsc82541_20200127090501

地下鉄・元町中華街駅出口から約5分の王府井(わんふーちん)本店、看板の肉汁たっぷりの小籠包が人気のお店です

_dsc82531

王府井(ワンフーチン)本店前の小籠包のモニュメント?この周りでグルメな小籠包の立ち食いをしていた数人をカットしたので画面が縦長になりました

_dsc75440

採青の開始は午後3時、3時前に王府井本店前で待機する獅子舞の一団

_dsc75470

この一団は横浜中華学校校友会国術団(大陸系)の獅子舞チーム

_dsc75481

3時前はお獅子の中もまだカラのようです

_dsc75510

_dsc75550

15時になると爆竹が鳴り渡り、銅鑼や太鼓の音に合わせて獅子舞が始まります

_dsc75581

王府井本店の中に入ってきます、店内から撮影しています

_dsc75641

五色の小籠包のメニュー奥に天井に吊るした青菜と紅包(赤いご祝儀袋)を目指しています

_dsc75491

このお店は本物の青菜とともに紅包を吊るしています

_dsc75641_20200127082501

お店の中を一周してお客や店員の頭を齧ってから採青の始まりです

_dsc75651

採青の瞬間を狙い撮影するお客なのか、店員なのか?

_dsc75661

採青の瞬間は後姿になりました

_dsc75662

拡大!紅包(ご祝儀)よりも後頭部の国術団が目立ちます

_dsc75670

お尻からバックして店外へ

_dsc75680

店頭に出てきた獅子舞

_dsc75710

獅子頭を脱いで口に咥えた紅包を見せます、銅鑼・太鼓が一段と高鳴りします、大勢の観客・観光客に魅せます、見せます。

_dsc75820

店頭での最後の獅子舞

_dsc75850

獅子を脱いで紅包を咥えたままお店に一礼する

_dsc75860

仲間が記念写真を撮影して隣の重慶飯店へ移動

幸いにも店内に居たので採青の瞬間が撮れました。

 

2020年1月26日 (日)

2020春節の採青

 昨日の「春節」当日に、伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」が横浜中華街全域で行われました。爆竹や銅鑼・太鼓・鐘の音がつんざくように鳴り響く中、白・赤・黄色など5頭の獅子が商売繁盛・富貴吉祥・五穀豊穣を願って中華街全域を廻る。ご祝儀袋を用意した店の前で、その店の繁栄を祈願して獅子が舞う伝統行事です。このご祝儀袋(紅包)が昔は青菜(獅子の大好物)に包まれていたので、「青を採る」ということで「採青」と呼ばれている。今年も明治時代からの老舗 萬珍楼の採青を昨年と同じように店内のフロント前での撮影です。
撮影日1月25日

Img0230_20200126131101

2020年春節のパンフレット表紙

_dsc75091

広東料理の萬珍樓

_dsc75140

_dsc75150

萬珍樓フロント横の電飾の獅子舞が展示されています

_dsc78031

店内でいまかいまかと待機していると店頭に採青の獅子舞の一団がやってきました

_dsc78151

白い頭の獅子舞が店内に入ってきました

_dsc78210

獅子舞の入店です

_dsc78280

フロント前の客の頭をかじるつくと頭が良くなるなどの縁起の良い獅子舞

_dsc78330

お客の頭をかじるサービスで客席を一巡して出てきました

_dsc78400

一旦後さがりで店外に出ていきます

_dsc78450

店からのご祝儀のビールを飲むようです

_dsc78561

前足がビールを飲みます

_dsc78791

立ち上がってビールを飲み始めました

_dsc78841

飲んだビールを獅子の口から吹き上げました

_dsc78851

ビール一気飲みの吹き出しは団員も店員も観客も全員が注目した一瞬でした

_dsc78871

ビールを吹いた後の御獅子の顔が見えました
_dsc78960

ビール飲み芸の後に店内に入って来ての採青(ご祝儀)の取り方は他の店と異なり店主から直接受け取る方法です

_dsc79001

採青の瞬間です

_dsc79190

お獅子の後足から店外へ

_dsc79221_20200126125401

また店前での獅子舞です

_dsc79241

前足・後ろ足の顔が見えました

_dsc79291

最後の獅子舞の演技

_dsc79411

_dsc79492

最後は店に獅子舞の二人がお辞儀をして採青が終わります

 

2020年1月22日 (水)

「終活年賀状」と年賀はがき当せん番号

 1月20日に2020年お年玉付き年賀はがき当選番号の発表がありました。
毎年の年賀状の楽しみは元旦に届いた年賀状の表書きを一枚一枚確認しながら通信面を拝見する楽しみと年賀はがきの当選番号の発表後に、もう一度一枚一枚文面を読み返しながら3等のお年玉切手シート二ケタの当選番号を見つけるのが楽しみです。
平成最後の年賀はがき3等のお年玉切手シートは9枚当選していましたが今年の令和二年の当選は6枚でした。家内宛の30枚は一枚も当選がありません。年々賀状は減る一方ですが140枚程度で当選6枚は多い方と思われます。
歳をとると年賀状の枚数が年々減るのは当然の事と受け入れていますが、人生の下山途中の出来事であっても本年限りの年賀状辞退のご挨拶はやはり寂しい想いがしますが本年限りのご挨拶を出される人の事情と気持ちを考えると快く良く受け入れなければなりません。
今年限りで・・・本年を持ちまして・・・来年からの年賀状の挨拶は・・・視力が落ちたので・・・体調をくづしたので・・・高齢者になりましたので・・・などなどの理由で本年限りでの年賀欠礼のご挨拶が昨年にも増してありました。これらを称して「終活年賀状」とか「年賀状じまい」と言うそうですが野鳥撮影が続けられる限りは「年賀状辞退」のご挨拶は受け入れるだけにしたいと思います。
 

 

地元の郵便局にありました本年の年賀はがきの当選番号です。Img0202

2018年までは3等は下2けたの100本につき2本の当たりくじでしたが2019年より下2けたの当たりが100本につき3本の当たりくじに増えました。当選が5割増しになり嬉しいことです。

Img0210_20200121171301

今年のお年玉切手シート、ハガキ用63円と封書用84円各1枚

Img0190_20200121171401

1月21日に篠原郵便局で3等のお年玉切手シートをいただいてきました。昨年は過去最高の9本の当たりでしたが今年は6本でしたが文字通りのハッピー!ラッキー!でした。

2020年1月19日 (日)

梅まつり・熱海・大島交歓会

 先週の1月11日(土)に熱海梅園で開園式が行われた第76回熱海梅園梅まつり「1月11日(土)~3月8日(日)」で熱海市と大島町の交歓会がありました。その交歓会の様子です。熱海梅園には59品種472本の梅の木が植えられており、種類によって早咲き・中咲き・遅咲きがありますが、11日は早咲きの一部が一分咲き程度でしたので、この日の華はミス熱海やミス大島のお嬢さんたちと熱海芸妓の華の舞が梅花に優る湯の街・熱海の花のようでした。

撮影日1月11日(土)

_dsc72490

熱海・大島交歓会の熱海市長と観光協会長から大島町長と観光協会長への熱海の梅を贈呈

_dsc72520

梅を贈られた大島町長と大島観光協会長

_dsc72620

大島町から熱海市長(左)と熱海観光協会長(右)に椿の贈呈

_dsc72851_20200119105301

交歓会の華・左よりミス大島と椿娘、ミス熱海・梅の女王とミス梅娘・ミス桜娘の四名

_dsc73091

交歓会の華・熱海芸妓による正月衣装の黒留袖の舞

_dsc73201

_dsc73240

_dsc73381

_dsc73461

_dsc73501

_dsc73631

_dsc73711

_dsc73850

熱海芸妓の華の舞を仲良く観覧する熱海と大島の観光・商工関係者

_dsc73861

_dsc73891

_dsc74011

熱海芸妓の華の舞は5曲を披露しました

_dsc74170

熱海市長と観光・商工会幹部とミス熱海との記念撮影

_dsc74271

フィナーレは熱海・大島交歓会の記念撮影会

2020年1月18日 (土)

梅まつりとミス熱海・梅の女王

   一週間前の出来事なので週刊誌並みの遅いブログになりましたが備忘録なのかそれともミス熱海・ミス梅娘・ミス桜娘を撮影してきましたので美貌録(びぼうろく)とでも名付けましょうか?単なる少しのミスチョットなのかそれともミスショットでしょうか。ミスはミスでもミスコンで選ばれた女王様です。
この日は熱海梅園中央広場で1月11日(土)~3月8日(日)第76回熱海梅園梅まつりの開会式・熱海と大島の交歓会の当日でした。

撮影日1月11日 熱海梅園に於いて

_dsc72781

ミス大島(左から二人目)とミス熱海・梅の女王(右から二人目)

_dsc72851

熱海と大島の交歓会でミス大島・椿娘とミス熱海・梅娘・桜娘の紹介

_dsc72701

左からミス熱海・梅の女王・杉本和香奈、ミス熱海梅娘・小竹珠利亜、ミス熱海梅娘・佐藤未菜、ミス熱海桜娘・伊藤あすか、ミス熱海桜娘・本田りか

_dsc72911

特設会場の撮影会

_dsc72991

_dsc74051

ミス大島とミス椿の女王

_dsc74111

右からミス熱海・杉本和香奈、ミス熱海桜娘・伊藤あすか、ミス熱海梅娘・佐藤未菜、ミス熱海桜娘・本田りか、ミス熱海梅娘・小竹珠利亜

_dsc73521

ミス熱海・梅の女王 杉本和香奈さん

熱海市では2年に1度、市の花「梅」にふさわしい女性を選ぶ「ミス熱海梅の女王オーディション」を開催しています。2019年11月に行ったオーディションにて誕生した「第31代ミス熱海」、2020年1月から任期の2年間活動します。
1月11日がイベント初仕事のようです。

2020年1月14日 (火)

浜離宮放鷹術のオオタカ

 正月二日の浜離宮恩賜庭園で実演された諏訪流放鷹術の鷹匠とオオタカです。
鷹匠にとって浜離宮恩賜庭園は日頃の訓練を披露する晴れ舞台と思われますが長年観覧していると年々の変化にも気づきます。昨年はママさん鷹匠の稲田鷹匠は実演に参加されていましたが今年は見えませんでした。同じく女性の榊原鷹匠補と龍鷹匠補の女性鷹匠の姿が見えません。この3名に何があったのでしょうか?昨年は大学受験で欠席された篠田鷹匠補が今年は鷹を据えて輪回りに出演していました。堀内鷹匠補は下図の鷹匠衣装で出演していましたが昨年は法被姿の門下生(見習い)の衣装でしたのでこの一年間で鷹匠補試験に合格されたようです。今年から男性の鈴木門下生はオオタカを据えて、女性の鈴木門下生はハリスホークを据えて輪回りに参加されていました。両名とも浜離宮は初舞台のようです。このように毎年のように諏訪流放鷹術の実演には変化があります。

Img0181_20200113125001

当日現場で配布された「諏訪流放鷹術の実演」の説明書より抜粋

_dsc71291

実演前の記念写真、後列の鷹匠が実演の鷹匠たち

_dsc71451

オオタカをその場の雰囲気に慣らす、左の拳に鷹を据えて時計回りに輪回り

_dsc71602

諏訪流放鷹術鷹匠一同が整列して実演前の挨拶

_dsc84540

諏訪流17代宗家(先代)田籠鷹師

_dsc84980

_dsc8669

諏訪流18代宗家 大塚紀子氏

 

_dsc7231

左の拳に据えているのは珍しい白いオオタカ

_dsc7228

午前中の実演終了後に客席に来てのオオタカの披露でした

_dsc82451

昨年は大学受験で見えなかった篠田鷹匠補

_dsc83060

_dsc83400

菊池鷹匠補 据えているのはオオタカ♀

_dsc7222

オオタカ♀の頭の毛が立っていた?

_dsc71821

堀内鷹匠補 昨年は門下生の法被姿だったので鷹匠補に昇格

_dsc7200

_dsc83420

鈴木門下生 

_dsc7213

鈴木門下生 オオタカ♂

 

_dsc83430

鈴木門下生 ハリスホーク

_dsc8602_20200113184801

据え替えの実演

撮影日 正月2日午前中の放鷹術実演より

 

 

 

2020年1月10日 (金)

令和2年正月二日の浜離宮庭園

 令和二年正月二日浜離宮恩賜庭園は令和の御代最初の開園日でした。毎年の1月2,3日は新春の空に鷹が舞う!諏訪流放鷹術の実演がありました。

 

 

Dscn11060_20200109141401

江戸時代は江戸城の出城ともいわれた、堅固な石垣と濠に囲まれた特別名勝・特別史跡の浜離宮恩賜庭園の大手門、令和二年正月二日午前9時の開門を待つ

Dscn11190

大手門脇の天守台並みの石垣

Dscn11181

浜離宮庭園の沿革

Dscn11170

正月2日の午前9時開門後の大手門

Dscn11151

大手門は左上の隅、三百年の松の前を通り、諏訪流放鷹術会場の内堀広場へ

Dscn11161

Dscn11130

三百年の松

Img0171_20200110093601

Img0172_20200110093701

_dsc71301

諏訪流門下生の実演前の記念写真撮影

_dsc71381

実演前の諏訪流放鷹術保存会のテント前

_dsc7134

午前11時からの放鷹術の実演前には合気道の紹介と実演

_dsc71511

内堀広場にて諏訪流放鷹術実演開始前の鷹匠と門下生の紹介と挨拶、背後の白い三井ビル屋上からオオタカを放つのがメインイベントが行われる

Dscn11080

12時の実演終了後の売店

Dscn11090

歌舞伎座の将軍雑煮は毎年・毎回売れきれる

Dscn11091

Dscn11110

これが十一代将軍徳川家斉の正月雑煮(臓煮)を再現、四角い餅ひとつ、長菜は小松菜、花かつおが散り交ぜてある。この食後に家路につく。

今回は1月2日の大手門と放鷹術の実演場所・内堀広場の様子でした。

 

2020年1月 5日 (日)

外国人による放鷹術の据え替え

 正月二日の初夢はとっくに思い出せない令和初正月の初ボケです。
縁起が良い初夢として
一富士、二鷹、三なすび」は一説によると駿府にいた徳川家康が好んだものを挙げたというもの。富士山を見て、鷹狩りをして、なすびを食べる。あるいは語呂合わせで、富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」、いずれにしても徳川家康にあやかろうと縁起をかついだようです。
将軍家お抱え鷹匠の歴史をもつ諏訪流放鷹術の
「実演内容」は次の説明がありました。①据え(すえ)   水平に保った拳の上に、鷹を安定して止まらせておく。これがすべての基本です。②振り替え(ふりかえ) 鷹匠の拳から別の鷹匠の拳へと、鷹を飛び移らせます。 ③渡り(わたり)   樹上にいる鷹を呼び戻します④振り鳩(ふりばと)  一人の鷹匠が細紐をつけた鳩(疑似餌を用いる場合もあります)を振り、樹上あるいは他の鷹匠の拳から鷹を呼び寄せます。鷹が近づいたところで鳩(疑似餌)を投げ上げ、空中で掴ませます。実猟に向けた仕上げの過程です。
昨日のブログは諏訪流宗家の先代と当代二人による「振り替え」と「渡り」の実演でしたが今年はオリンピックイヤーなので午前中の浜離宮も外国人観光客が多く据え替え実演の希望者3名のうち外国人がドイツ人男性とオーストラリア人女性と日本男性の三名の「据え替え」実演でした。(午後2時からの二回目は気力・体力の消失で疲労困憊で帰路につく)
⑤据え替え(すえかえ) 鷹匠以外の人の拳に鷹を止まらせます。

_dsc8515

最初はドイツ人男性の「据え替え」は輸入種のハリスホーク(桃色ノスリ)、後ろの諏訪流18代宗家大塚紀子さんから事前に据え替えの要領を指導されている。

_dsc8520  

「餌を入れた餌合子(エゴウシ)の蓋をカチカチ鳴らしてハリスホークを呼び寄せる

_dsc8525

鹿革の手袋(エガケ)にとまったハリスホークがご褒美のエゴウシの生肉を食べる

_dsc8529

ハリスホークが食べ終わると向きを変える

_dsc8534

据え替えの相方に向かってハリスホークが飛び出す

_dsc8542

日本人男性に向かって据え替える、こちらの指導は鈴木門下生

_dsc8554

日本人男性のはめたエガケからハリスホークが飛び出す

 

_dsc8553_20200105094501

二人目の外国人は通訳帯同のオーストラリア人女性が据え替えの指導を受ける

_dsc8556

待ち構えるのはオーストラリア人女性と通訳の日本人

_dsc8570_20200104140001

エゴウシの蓋をカチカチ鳴らしてハリスホークを呼び寄せる、通訳の女性が撮影しているようです

_dsc8572

オーストラリアの女性は喜んでいる、通訳の女性が恐々(こわごわ)写している様子が対照的で面白い光景です。今年のトピックス?

_dsc8574_20200104140101

ご褒美の生肉を食べる様子をこわごわ撮影するように見える通訳の女性

_dsc8581

感激のオーストラリア人女性と安堵したかのような通訳の女性

_dsc8586_20200104140201

諏訪流18代宗家大塚紀子さんの指導に笑顔の二人の女性

_dsc8589

立ち位置を変えての据え替え、諏訪流18代大塚紀子さんの笑顔が素敵です

_dsc8591_20200104140301

ハリスホークがクチバシを開いて飛び出します

_dsc8592

ハリスホークは飛び出しの時に大きくクチバシを開けるのが癖なのか?

_dsc8595

飛び出し直後は門下生に見つめられながら前を飛んで行きます

_dsc8602

据え替えの門下生の手前で羽を開いてブレーキをかけてとまる

_dsc8622

据え替えの〆は参加者3名の感想は、日本人は鷹狩の将軍になった気持ちでした。外国人二人は??感謝感激の挨拶か?

いつも同じようなブログですが今年は二人の外国人参加者に焦点をあてましたがそれとも笑点でしょうか。たかだがタカの備忘録です。

2020年1月 4日 (土)

令和二年・諏訪流放鷹術の実演

 2010年に初めて浜離宮恩賜庭園の諏訪流鷹匠による放鷹術の実演を見物してから時の流れは速いもので今年で丸十年になります。2日朝7時は大学駅伝の中継を見たい気持ちを振り切って新横浜からJR横浜線と京浜東北線を乗り継いで新橋駅より徒歩で12~15分、江戸城の出城とも称された濠と大きな石垣のある浜離宮庭園の門前に8時半ごろに到着して9時の開園を待つ、入園時に配布されたのが下のチラシです。

Img0160

当日は諏訪流第18代宗家大塚紀子さんの挨拶の後に諏訪流放鷹術の実演は鷹を現場の雰囲気に慣らすため実演者全員による水平に保った拳の上に鷹を止まらせて、諏訪流第17代田籠善次郎氏を先頭に輪回りして、最初の実演は諏訪流第17代と18代宗家お二人による「振り替え」の実演から開演でした。

_dsc8369

諏訪流17代宗家 田籠善次郎氏の「振り替え」

_dsc8371

_dsc8377

諏訪流第18代宗家大塚紀子氏が「餌合子(えごうし):切り身の餌を入れた携帯用の容器」の蓋をカチカチ鳴らして鷹を呼び寄せる「振り替え」実演の開始

_dsc8380

鷹には背を向けていると鷹が飛んでくる

_dsc8384

鹿の皮で作った鷹匠の手袋「鞢(えがけ)」の上に鷹がとまる

_dsc8390

鷹はご褒美の餌を食べる間もなく

_dsc8393

18代から17代への「振り替え」の戻り

_dsc8398

鷹を押し出すように放つ

_dsc8401

地面すれすれに飛ぶオオタカ

_dsc8418

「振り替え」待ち受ける田籠鷹師

_dsc8426

「振り替え」の次は「渡り」樹上に鷹を飛ばし樹上から拳に呼び戻す

_dsc8428

目の前の樹に鷹を投げ飛ばす

_dsc8434

樹上にとまるオオタカ

_dsc8440

樹上から呼び戻す合図をすると

_dsc8448

拳の上にオオタカが戻って来る

_dsc8451

ご褒美の切り身の餌を与える諏訪流17代田籠鷹師

放鷹術の実演は先代の17代と当代の18代お二人による「振り替え」と先代による「渡り」の豪華キャストによる実演でした。

撮影日2020年1月2日AM11時~12時

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年 令和二年元旦

今年の年賀状は北海道の白い小鳥、雪のシマエナガです。
Img0150

Img0131_20191231170201

寒い冬はシマエナガも雪だるまのようにふっくら丸くなっています

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ