« 熱海梅園あたみ桜のメジロ | トップページ | ブーゲンビリアのメジロ »

2020年2月 8日 (土)

2020熱海梅園白梅とメジロ

 2月6日の熱海梅園の見頃に咲いた白梅の吸蜜に来たメジロさんです。澤田政廣記念美術館満開をすぎたあたみ桜の吸蜜に来た十数羽のメジロを撮影後に次は足湯の傍にある一番早く咲くあたみ桜を確認に行きましたが散り(下り)の三分咲で盛りはかなり前に過ぎていました。まだ観光客がいない足湯のおじさんに梅に来る目白の様子を聞いていると足湯の近くにの白梅に待ちに待った目白の番がやって来ました。 ”白梅に 足湯の目白 睦まじい”

撮影日2月6日 曇り空

_dsc97421

熱海梅園管理事務所チケット売り場から入園した正面の紅梅・白梅、この時季は昨年大晦日の紅白歌合戦と同じように白が勝っています。

_dsc89790_20200208084201

足湯の前にある一重の白梅に目白が吸蜜しています

_dsc89880

右ボケは吸蜜中、中央正面はカメラ目線のメジロです

_dsc89950

白梅の蜜を吸うメジロの様子です

_dsc90191

まだ蕾が多い梅に移動しました。剪定の諺に”桜切るバカ、梅切らぬバカ” 梅は切ることにより枝数が増えて花も多く付きます、流石は梅園の剪定は「ウメをきらぬバカ」はいないようです。

_dsc90350

_dsc90570

_dsc91040

番のメジロの吸蜜

_dsc91060

仲良く白梅を吸蜜する番の目白

_dsc91480

近くで吸蜜

_dsc91551

番のメジロ

_dsc91710

八重咲の白梅と目白

_dsc91820

うめいように梅の種類を替えたメジロです

_dsc91860

梅花が増えて選択が迷うのか?梅花が増えて倍か!

_dsc91901

八重咲の梅花の方が蜜が倍か?

_dsc92030

首を伸ばしての吸蜜

何年振りか?久し振りの白梅と目白でした。

1月25日の採青から始めた中華街の春節イベントは2月8日は春節のフィナーレを飾る元宵節灯籠祭(げんしょうせつとうろうさい)です。カメラマンは今日もブログを書いた後はマスク姿でお出かけです。

 


 

« 熱海梅園あたみ桜のメジロ | トップページ | ブーゲンビリアのメジロ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱海梅園あたみ桜のメジロ | トップページ | ブーゲンビリアのメジロ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ