« 寒緋桜とワカケホンセイインコ | トップページ | 修善寺温泉・登録文化財の新井旅館 »

2020年3月19日 (木)

修善寺温泉街の散策

 国の登録文化財の宿 新井旅館に宿泊した日に、宿の駐車場に車をとめて新井旅館から目の前の「とっこの湯」から散策を開始する。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで修善寺温泉街・修善寺・竹林の小径・指月殿が二つ星(☆☆)の評価が記載された修善寺温泉マップを手に温泉街を散策しました。

宿泊日3月17日

Img0460

新井旅館のパンフレット
_dsc1977

修善寺温泉のシンボル・とっこの湯は見るだけで入れません

_dsc1976

桂川で病父を洗う少年に心打たれた弘法大師が独鈷(仏具)で川の岩を打ち霊湯を湧き出させ、温泉療法を伝授したと伝わる、修善寺温泉のシンボル。伊豆最古の温泉と言われています。

_dsc1981

とっこの湯の隣は「河原湯(足湯)」ここから桂橋を渡り竹林の小径に向かう

_dsc1983

桂川沿いを通り突き当りの新井旅館を左に朱色の桂橋へ

_dsc1984

朱色の桂橋を対岸の渡り竹林の小径へ

_dsc1987

今夜の宿、桂橋から清流桂川に寄り添うように建つ新井旅館

_dsc1989

竹林の小径入口(ミシュラン2つ星☆☆)ここを素通りして指月殿に向かう

_dsc1991

指月殿は北条政子が息子頼家の冥福を祈って建立した経堂

_dsc1995

指月殿(ミシュラン2つ星☆☆

_dsc1998

鎌倉二代将軍 源頼家の墓

_dsc1996

源頼家と十三士の墓、ここから450mの山の中に義経の石像がある案内標識を見て、判官びいきとしてはぜひ観光したい欲望に駆られて義経像を見たさに登山を開始して夫婦で助け合いながら観光客の居ない山道を往復40分かけて登山する。

Dscn13690

義経なのかはたまた伝説のチンギスカンなのか?ライオンにまたがった像

_dsc20121

Dscn13720_20200319145801

チンギスカンになった伝説の義経像と記念写真

_dsc2003_20200319151001

岩谷観音とおしゃぶり婆さん

_dsc2004_20200319151001

行きに通り過ぎたおしゃべり婆さんと勘違いしていた「おしゃぶり婆さん」

_dsc2020

義経像から20分山道の石段を下山してくると、ようやく登りはじめた急坂の下に二代将軍頼家の墓に戻る、散策を開始して1時間30分を経過。
Dscn1386_20200319153501

手打ち十割蕎麦の「朴念仁」は定休日、竹林の小径近くふつうのそばや「八百考」で季節の野セリ蕎麦を昼食、久し振りに食した野セリは春の風味満点でした。

_dsc2106

竹林の小径に戻り、空を見上げる、それから楓橋方向へ

_dsc2029

修善寺温泉街を流れる桂川に架かる朱色の楓橋

_dsc2090

楓橋から桂橋方向の景色

_dsc2095

ギャラリーしゅぜんじ回廊

_dsc2048

弘法大師が大同2年(807年)に開基したと伝わる古刹

_dsc2113

修善寺(ミシュラン2つ星☆☆

_dsc2065

境内の本場の修善寺寒桜は葉桜の中に残り花

_dsc2064

Img0450

見学した宝物館には岡本綺堂の名作「修善寺物語」ゆかりの寺宝の面がある

_dsc2070

修善寺に隣接する日枝神社の鳥居

_dsc2078

日枝神社 昔は修善寺の鎮守様

 

修善寺温泉マップによる温泉街の散策でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 寒緋桜とワカケホンセイインコ | トップページ | 修善寺温泉・登録文化財の新井旅館 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒緋桜とワカケホンセイインコ | トップページ | 修善寺温泉・登録文化財の新井旅館 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト