« 1月の伊東園リゾート・ホテル大野屋 | トップページ | 寒緋桜とワカケホンセイインコ »

2020年3月14日 (土)

ヒイラギナンテンの花とヒヨドリ

 三ッ池公園中の池から花の広場への入口に「三ツ池の桜」の案内板があり、ここには春の訪れを飾った大寒桜(オオカンザクラ)が葉桜となり桜の残り花にヒヨドリが吸蜜に来ていた。オオカンザクラの下にヒイラギナンテンの黄色い花が開花を始めていた。オオカンザクラの残り花とヒイラギナンテンが花の盛りを迎える弥生三月花の季節のリレーを見ているような、染井吉野の開花を待ち望む初春の光景に見える。ヒイラギナンテンの名称はナンテンに似ているが葉の縁にヒイラギのような棘がありことから命名されたようである、葉先のトゲに触れると痛い。この黄色い小さい花を貪るヒヨドリは花盗人に思える。

撮影日3月12日

_dsc0893

中の池の桜の案内板、染井吉野の開花はもう直ぐ!

_dsc22610

早咲きの桜、葉が出てきたオオカンザクラに居たヒヨドリの鳴き声

_dsc22641

吸蜜の時に花が落ちたのか、それとも花弁の落ちている萼の中を吸蜜している珍しい光景か、それとも吸蜜に花の無い・華のない写真かな?

_dsc22720

次の光景はオオカンザクラの下に咲くヒイラギナンテンの黄色い花を散らしながら採食を始める

_dsc22890

ヒイラギナンテンはまだ5分咲かな?小さい花は花ごと吸蜜?

_dsc22950 

クチバシの中にいっぱい入れる花の大食い!葉先のトゲは花を守ることは遂げず

_dsc22980

一花(一粒)を嘴(クチバシ)の先に咥えて

_dsc23010

一飲み

_dsc23050_20200314124801

クチバシの中に長い細い舌が見える

_dsc23070

ゴックン!と舌鼓

_dsc23170

今度はクチバシの先に放り込む

_dsc2323

_dsc23361

ヒイラギナンテンの葉先のトゲにかまわず!

_dsc23371

暫く間ヒイラギナンテンの花を食べ続けた

_dsc23520

その後は上のオオカンザクラに戻る

_dsc23570

何故か?鳴いたが・・・

_dsc23630

デザートはオオカンザクラの吸蜜かな?

三ッ池公園の横浜緋桜は開花前、ソメイヨシノはまだ小さい固い蕾の時季でした。

 

 

 

« 1月の伊東園リゾート・ホテル大野屋 | トップページ | 寒緋桜とワカケホンセイインコ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月の伊東園リゾート・ホテル大野屋 | トップページ | 寒緋桜とワカケホンセイインコ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ