« 桜の枝にカワセミ | トップページ | 桜の花柄と雀の紋次郎 »

2020年4月 2日 (木)

地元のサクラとカワセミ

 生命維持のための食料品を近所のOKストアへの買い出しはOKであるが、フォトブロガーの写真撮影は不要不急の外出を控える、自粛の禁を犯すことだろうか?
勝手気ままに残された人生の残日録とも思えるブログを生きがいとしている自分にとって死活問題並みと認識しています、生活の糧を得ることと同様であると自覚しています。今朝は日の出とともに起きて家から約800mのサクラ咲く地元の公園に来るカワセミを撮りにフォト散歩に出かけました。桜の見頃を迎えた公園ではマスク顔で散歩がてらに見頃のサクラを撮る人が三々五々、カワセミを撮影するCMが三名いましたがあまり会話がない中でマスクの顔は3名とも初めてお会いする人でした。
本日は久し振りに当日の写真をブログにしましたこれも稀有な事です。

撮影日4月2日AM6時30分~7時30分

_dsc3801

数年ぶりの地元の公園、若くてまだ色が出ないのか、それとも老いて色が落ちたのか、カワセミ♀に聞いてみないと分からない?

_dsc3851

ハトの群れが時々一斉に飛び立つ羽音、カワセミも上空を警戒する、この公園の一角にツミの番が営巣しているらしい。

_dsc3985

満開の桜と翡翠

_dsc4023

見上げる空に何か?

_dsc4031

_dsc4055

鴨が近ずくと池面にたてる波で魚が見えないのか時々桜の枝を移動する

_dsc4072

_dsc4088

 

_dsc41611

小魚をゲットして花弁の散る石の上

_dsc41621_20200402130701

採食は桜の枝の中へ飛び出し

_dsc4197

また採食後も池面を凝視

_dsc4210

花筏の浮かぶ池の杭の上でも採餌の構え

この公園はやらせの止まり木はなく自然の中であるがままの撮影、飛込と小魚をゲットする瞬間は手持ち撮影では至難の技でした。

 

« 桜の枝にカワセミ | トップページ | 桜の花柄と雀の紋次郎 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜の枝にカワセミ | トップページ | 桜の花柄と雀の紋次郎 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト