« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月27日 (水)

昨年の木登りエゾフクロウ

 昨年の5月下旬に阿寒の営巣木近隣の森林、トド松の木でしきりに動き回る巣立ちエゾフクロウの木登りの様子です。

撮影日2019年5月23日

_dsc05060

_dsc05280 
_dsc05440

_dsc05690

_dsc05850

_dsc06010

_dsc06081_20200527134101

_dsc06331

_dsc06360

_dsc06480

_dsc06590

_dsc06690

_dsc06700

_dsc07070

_dsc07440

_dsc07470

_dsc07650

_dsc07870

トドマツの幹と枝を昇ったり跳んだり飛んだりと動き回る巣立ちの一番子?でした。

 

 

2020年5月25日 (月)

昨年の丹頂親子のフォト記録

 昨年の今頃のフォト撮影では、幌戸沼のタンチョウ親子はかなり遠くの対岸に居てもこちら側が姿を見せると即座に草むらに雛を連れて隠れてしまう。かなり遠くからでも親子の撮影は難しくフォト記録がありません。
釧路市から根室市を結ぶ根釧国道の国道44号沿い、風連湖前のレイクサンセットのタンチョウ親子は人馴れしているせいか大勢のCMが傍に来ても雛の給餌に勤しみ、風連湖の動植物の採餌やレイクサンセットの餌付け場所の採餌をする程人間に慣れているので写真撮影の優しい四羽のタンチョウ親子であった。

撮影日2019年5月17日~20日

_dsc78200

_dsc78380

_dsc79271_20200525070401

_dsc79681_20200525070501

_dsc79851_20200525070701

_dsc80001_20200525070701

_dsc80140_20200525070801

_dsc80620_20200525070901

_dsc86990_20200525071001

_dsc87791_20200525071001

_dsc89252

_dsc9198

_dsc9213

_dsc9224

_dsc9239

_dsc93221

_dsc93391

_dsc93570

_dsc93661

_dsc93811

この撮影の数日後にお兄ちゃんが岩場で足を挟み二度と四羽の親子の姿が見られなくなったと鳥友から連絡を受けた自然界の厳しい記憶も蘇りました。風連湖を泳ぐ姿は遠かったが親の背中・給餌・採餌・名物の夕日の中・兄弟一緒などの様子がこんなにも近くで撮れたタンチョウ雛の兄弟でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月24日 (日)

昨年の今頃のシマエナガ

 シマエナガの営巣木前に給餌に来た成鳥(尾羽が痛んでいる親鳥♀とあまり痛んでいない♂と3羽目は尾羽が綺麗な若いヘルパーでした)と巣穴から嘴をあけて顔を出して餌を催促する雛鳥の様子です。

撮影日2019年5月21日

_dsc9407

_dsc9417

_dsc9474_20200523200801

_dsc9475

 

_dsc9510_20200523200901

_dsc9513

_dsc9518

_dsc9522

_dsc9537

_dsc9544

_dsc9554

_dsc9561

_dsc9562

シマエナガの雛に親鳥の給餌でした。

 

2020年5月20日 (水)

北海道滞在1週間 最後の日

 4月17日から苫小牧・北大研究林での野鳥撮影から最終日の4月23日浦臼神社のカタクリとエゾリスの撮影後、浦臼神社の崖下にある道の駅「つるぬま」に寄り、その後にかってはふくろう街道メッカの三笠市の市知来神社を参拝後にエゾフクロウ営巣木の現状を確認。その後は国道12号線を札幌市方面に上る岩見沢みなみ公園の生態保存D51 47号とC57 144の2両ともまだブルーシートが被ったままを確認、後に昨年新設された安平町の道の駅「あびらD51ステーション」のSL D51320号機と特急おおぞらの現状を確認してから、隣町の厚真町の厚真神社のエゾフクロウの様子を見に立ち寄り、道の駅ウトナイ湖から苫小牧フェリーターミナルで18:45発の夕方便の乗船手続きを済ます。
このように北海道最終日の4月23日は浦臼神社で早朝5:30からのカタクリとエゾリスを7:30まで撮影してからその後に浦臼町・三笠市・岩見沢市・安平町・厚真町・苫小牧市と夕方便に乗船するまでの慌ただしい日であった。
ノートPCの故障はモバイルPCでブログが書けなくなったのは今になって「新しい生活様式を始めなさい」との予知であったような気がする。

Img019-2

最終日の4月23日、ピンク色マークの地名と道の駅は、浦臼町朝5:30~苫小牧市17:30の活動・移動した撮影地

Dscn1745

4月23日 浦臼神社AM5:30頃は小雨降る朝だった

Dscn17470

AM5:50頃は小雨から霰が落ちる寒い朝に変わる

Dscn17480

AM6:17頃この場所の世話人が釣り竿の先にエゾリスの餌を入れてカタクリを踏まないように餌場に撒く

_dsc7421_20200520071101

これを待っていたかのように直後にエゾリスが3匹現れて6:45頃には森の中に消えたので7時過ぎに撮影終了、前日は11時~16時までエゾリスは来なかった。噂通り朝しかエゾリスは見えないようだ。

 

Dscn1750

浦臼神社隣のいこいの森公園駐車場から見える山々には雪が残る

Dscn1753

AM7:50道の駅つるぬま 観光マップ
Dscn1755

AM10頃 三笠市の市来知神社参拝

Dscn1754

人影の見えないかっての人気エゾフクロウ撮影地に残る注意書

_dsc2447

4月23日AM10:30 まだブルーシート保存中でした

_dsc2446

岩見沢みなみ公園のC57 144号機とD51 47号機の冬支度

_dsc68220_20200520100901

2016年10月9日ブログ・岩見沢みなみ公園のD51 47号ナメクジ

Dscn07720_20200520101001

 2016年10月8日のブログ、C57 144号 シゴナナ 貴婦人

Dscn1763 

 

AM11:30頃 道の駅あびらD51ステーションの屋外展示キハ183系特急おおぞら

Dscn1760

D51 320号機の格納庫内は閉館中で外での展示も中断中です

Dscn1757

鉄道資料館は閉館中によりSL D51 320は近くで見れません、屋外展示も中断中

_dsc2453

特急おおぞら キハ183系の内部見学も中断中でした

Dscn1764

PM12:15頃厚真町の厚真神社、エゾフクロウは見られず

Img017-2

厚真神社のお土産は厚真神社の御守りと言われるフクロウの根付けのお守りと新型コロナ感染予防を謳っている200円の布製フクロウ絵柄のマスクです。
次回はこのマスクでフクロウを観察したいものです。

Dscn1768

PM5:30頃 さんふらわあ ふらの に乗船、1階の乗用車甲板は5台のみ

Dscn1770

客室は5階のコンフォート

Img021-2

Img020-2

4月15日大洗出港19:45、4月24日大洗入港14:00の船旅でした。

 

2020年5月19日 (火)

苫小牧市の静態展示のSL

 苫小牧市科学センターの屋外展示の蒸気機関車 C11 133号機と王子製紙苫小牧工場前の王子製紙が整備したアカシア公園内に展示されている軽便鉄道SLと貴賓車両の2両が展示されています。北大研究林で野鳥撮影の帰路に苫小牧市内のフォトトラベルでした。この二ヵ所はかって当ブログでも静態展示SLとしてご紹介済です。

撮影日4月17日 

Dscn1690

苫小牧市科学センターの屋外展示SL C11 133号機(たるまえ号)

_dsc2397

_dsc2398

日付の無いのはD810フルサイズの写真です

_dsc2399

後方の館内に旧ソ連の宇宙船ステーション・ミールが展示されている

_dsc2402

_dsc2403

かっては機関室に入れたが現在は新型コロナウイルスで不可でした

Dscn1691

Dscn1692

蒸気機関車「C-11-133号」
昭和13年3月9日に川崎重工によって製造されました。長さ12.65m、高さ3.85m、幅3.0m、重量66.05トンです。運転距離は約1,736,000kmで、地球43周分に当たります。昭和50年5月に旧国鉄より永久貸与されました。(苫小牧市科学センターHPより)

_dsc24151

アカシア公園の王子製紙軽便鉄道 ミニSL4号機

_dsc24161-2

王子製紙苫小牧工場前に王子製紙が整備したアカシア公園内のかつてこの工場と支笏湖間を千歳発電所建設のために作られた山鉄と呼ばれた軽便鉄道です。

 

_dsc2419

C11 133号機のたるまえ号と比べて物凄く小さく見えます

_dsc2422

この貴賓車には昭和天皇が皇太子時代にもご乗車されたそうです

_dsc2423

_dsc2426

_dsc2424

_dsc2428

天気が良すぎて撮影が難しい日でした。

Dscn1701

Dscn1698

苫小牧は王子製紙の城下町、王子製紙の歴史がうかがえるミニ蒸気機関車と貴賓車の2両を展示する王子製紙の高層社宅が立ち並ぶ横のアカシア公園でした。

 

 

2020年5月18日 (月)

北への旅行、十日間に何が起きた!

 4月15日に大洗FT港を出発して16日午後1時半過ぎに苫小牧FT港に到着、17日から23日午前中まで北海道・苫小牧と浦臼に滞在した一週間。想定外の22日ノートPCが故障して使用不可となったので旅行を諦めて23日の夕方便で苫小牧FT港から乗船して、24日午後2時ごろに大洗FT港に帰港した十日間、残された人生の時間を記憶よりも記録の思い出となる一日二枚の写真に限定して記録したブログです。

 

Dscn1667

4月15日大洗港の商船三井フェリーさんふらわあ ふらの 出港は19時45分、乗船手続き前に体温測定があります。

Dscn1669

乗船開始は17時30分頃この日は駐車場にはかなりの乗用車が待機

Dscn1675

16日午後12時30分頃の船上からの北海道の景色

Dscn1680

4月16日14時に苫小牧港に入港

_dsc5105_20200517221901

4月17日北大研究林のエゾリス

_dsc5062_20200517221701

4月17日北大研究林のクマゲラ

_dsc5480_20200517223001

4月18日 クマゲラ番の巣穴掘り

_dsc6016_20200517223101

4月18日 シマリス

Dscn1710_20200517223401

4月19日 巣穴掘りのクマゲラ♂

_dsc6134_20200517223701

4月19日 クマゲラ巣穴掘り雌雄交替

_dsc67521_20200517224101

4月20日 キバシリ

_dsc67131-2_20200517224601

4月20日シマエナガの巣穴放棄

Dscn1717_20200518082901

4月21日北大研究林・コンデジ撮影のヤマガラ

Dscn1719

4月21日ハシブトガラ

_dsc72081_20200518084301

撮影日4月22日浦臼神社 アトリ

_dsc72661_20200518084401

撮影日4月22日 浦臼神社 シメ

_dsc7582_20200518085101

撮影日4月23日早朝 浦臼神社のカタクリ・エゾエンゴサクとエゾリス

_dsc75701_20200518084801

撮影日4月23日昼頃アカゲラ この日帰浜のためにフェリー予約する

Dscn1765

撮影日4月23日苫小牧港の乗船した夕方便さんふらわあ ふらの、乗船手続き前に非接触型体温計で体温測定する37・5度以下は合格

Dscn1769

撮影日4月23日さんふらわあ ふらの夕方便の乗用車5台のみで車両甲板はガラガラです、こんなに空いている乗用車の車両甲板は初見です。

Dscn1771

撮影日4月24日PM2時 大洗港に入港・接岸中、普段は大勢の乗船客が船上に見えず。

Dscn1773

売店・レストランのスタッフは暇そうでした。この日の乗客はガラガラでした、大洗港接岸中も乗客の姿は全く見えません。

Img011-2

ドライブマップの発売開始は4月25日でしたがフェリーの売店女性スタッフの好意で一日前に購入出来たお土産です。スタッフは乗客が16名だったので貴重な売り上げだと喜んでいました。気力・体力のある元気なうちに非常事態宣言の解消でこのマップが使用出来る機会(北海道道の駅スタンプ帳の発売などを含めて)が早く来る日を願っています。その前に新たに購入した使い難いLENVOのノートPC ideapad330(旧IBMの設計・技術:中国のメーカーLENVOに売却)の扱いに慣れることです。昨日からメールの送受信が出来なくなるトラブル中です。

 

 

 

 

2020年5月17日 (日)

北海道の日本100名城

 2018年5月に北海道道の駅スタンプラリー中に千島桜の名所・清隆寺の開花情報を聞くために立ち寄ったJR根室駅前の観光インフォメーションセンターで日本100名城スタンプラリーを知りました。根室市内の千島桜を撮影の時でしたので最初のスタンプはNo.1の「根室半島シャシ跡群」でしたがスタンプ捺印を最初に失敗しました。北海道には日本100名城のNo.1~3までの三ヵ所があります。

日本100名城の公式スタンプ帳の使用開始は2018年5月より、No.1根室半島チャシ跡群の温根元を訪問したのはこれより2年前の2016年5月15日のキョウジョウシギの撮影でした。桜の名所のNo2.五稜郭 と No.3松前城の写真は趣味のサクラ開花時期の撮影です。

Img001-2 

三ヵ所とも日本100名城のスタンプを開始したのは2018年5月

Img004-2

公式スタンプ帳「日本100名城に行こう」より転載

_dsc79380

撮影日2016年5月15日 オンネモトシャシ跡にて撮影。左上隅に見える野鳥観察小屋と根室半島チャシ跡群の説明板

_dsc7940

野鳥観察小屋の内部の写真、チシマシギとキアシシギはいませんでした

_dsc7944

野草の中にポツンと標識柱が立っていました

_dsc79451

これが遺構なのか?盛土や掘のような凸凹した海岸に面した丘の上です

_dsc7946

盛土のような先に見えるのは温根元の漁港のようです

_dsc7947

断崖の真下は温根元の漁港でした。シャシは砦や柵囲いを意味するアイヌ語である。丘陵や海岸に面した断崖上に自然地形を生かして掘、土塁、盛土で形成された単純構造のものが多い。(日本100名城の説明を抜粋)

_dsc76351

撮影日2018年4月30日

_dsc76361

_dsc7425

2018年4月30日、五稜郭の満開のソメイヨシノと五稜郭タワー
_dsc7432
五稜郭 函館奉行所と桜

_dsc7440

函館奉行所玄関
_dsc7468_20200517071801

五稜郭の環濠と満開のソメイヨシノ
_dsc59200_20200517072501

2016年4月26日鯉のぼりと五稜郭タワー

_dsc58990

2016年4月26日撮影 五稜郭の星型に開くソメイヨシノ

_dsc59350

老桜のソメイヨシノと函館奉行所
Img009-2

日本最後の天守の松前城

Dscn96661

松前公園マップ

_dsc7208 2018年4月30日撮影、 北海道最南端の松前町、海岸線を走る国道228号線の海側にある道の駅「北前船松前」より撮影したが靄なのか霞なのか薄ぼんやりした日本最後の日本式城郭の松前城(正式名は福山城)

_dsc53510

2016年4月27日撮影

_dsc7257

2018年4月30日、搦手二ノ門よりの松前城

_dsc7225

2018年4月30日北海道のソメイヨシノ北海道上陸開花標準木

_dsc7269

撮影日2016年4月27日

_dsc53951

2016年4月27日撮影 本丸御門

_dsc53530

2016年4月27日撮影 本丸表御殿玄関

_dsc695600

2018年4月28日撮影 松前城と夜桜ライトアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月16日 (土)

徳川慶喜も学んだ水戸学の道

 最後の征夷大将軍・徳川幕府最後の第十五代徳川慶喜も学んだ弘道館より水戸学の道をフォト散歩した。
徳川慶喜の実父は徳川御三家のひとつ常陸水戸藩第九代藩主徳川斉昭(なりあき)である。慶喜は斉昭の七男で幼名は七郎麿、2歳~11歳まで9年間水戸で学び11歳の時に徳川御三卿のひとつ一橋家に養子に入り、徳川慶喜と名を賜り幕末に徳川幕府最後の15代将軍推挙された。
今日は昨日の続き「水戸学の道」フォト散歩である。

撮影日4月15日

Dscn16460

大手門前の大手門橋の袂の徳川斉昭公像(第十五代将軍 徳川慶喜の実父)この像の前からフォト散歩が始まる

_dsc2368_20200516122001

弘道館は新型コロナウイルス対応で閉館中

Dscn1650

Dscn1653

Dscn1654
_dsc23651

_dsc23651-2

水戸市観光HPより水戸学の道の案内、昨日は主に1.光圀ルートであったが今日は主に2.斉昭や3.慶喜ルートのフォト散歩

散策ルート   
水戸の誇る歴史や文化、水戸藩が育んだ魁の精神などに触れ、親しんでいただくとともに、歴史的景観を楽しみながら回遊していただく散策ルートを設定しました。
 1 光圀(義公)ルート:義公生誕の地、大日本史編纂の地である水戸彰考館跡や二の丸展示館、弘道館等を散策するルート(約2km、約1時間)
 2 斉昭(烈公)ルート:弘道館を中心に、孔子廟や八卦堂、弘道館鹿島神社、水戸東照宮等を散策するルート(約2.5km、約1時間30分)
 3 慶喜(将軍)ルート:義公生誕の地から二の丸、弘道館を経て水戸東武館や空堀・土塁等を散策するルート(約3.3km、約2時間)

_dsc2369

斉昭ルートの始めは弘道館脇の梅林の散歩道を往く

_dsc2373

始めは孔子廟

_dsc2372

弘道館全体が閉館中で中に入れず

_dsc23750

弘道館に学ぶ人に時を告げる鐘

_dsc23741

_dsc23911

孔子廟は見られず、学生警鐘付近で初めて散歩の母娘を見つける程人通りは殆どないようです

_dsc23780

復元された北柵御門

_dsc23791

_dsc2381

北柵御門から見えた水道局の建物

_dsc2383

三の丸緑地公園の入り口

_dsc23841

水戸東武館の正門

_dsc23851

水戸東武館の附塀にある文化財・無形文化財の説明
_dsc2386

水道局の建物と水戸東武館

_dsc23901

_dsc23890

茨城県三の丸庁舎

_dsc2387_20200516124101

三の丸庁舎前の空堀(三の丸跡の空堀の遺構)

_dsc2388

三の丸庁舎前の遺構(三の丸跡の空堀、御三家でありながら水戸城は石垣のない高い土塁と深い空堀の土づくりの城であった)

_dsc2376

車を停めた弘道館の駐車場に戻り水戸学の道フォト散歩を無事終える

 

2020年5月15日 (金)

水戸城・大手門と薬医門(橋詰門)

 昨日の4月14日に39県の緊急事態宣言が解除された。北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、京都、大阪、兵庫の8都道府県への宣言は維持した。緊急事態宣言は4月7日に7都道府県へ発令し、16日に全国へ広げた。発令後に解除するのは初めて。首相は39県の解除理由について「徹底的なクラスター対策を講じることで感染拡大を防止できるレベルまで抑え込めたと判断した」と述べた。「医療提供体制も改善し、検査システムも十分に機能している」と語った。
「感染者は毎日100人を下回る水準で推移している。1カ月で7分の1以下に改善した。国民一人一人の行動の結果だ。改めて感謝する」と話した。特定警戒地域の8都道府県は来週の4月21日の再判断での全解除を期待したい。


緊急事態宣言を全国に広めた4月16日の前日の4月15日に横浜を出発して最初の訪問地は「国立ひたち海浜公園」の見頃を迎えたネモフイラの青い花であったが現地に着いてから閉鎖中を知った。それではと昨年と同様に大洗町から隣の水戸市の徳川御三家の日本100名城水戸城址に向かった。特に今年は昨年復元された大手門と水戸城址の主な遺構「橋詰門(薬医門)・切通し・空堀」などをフォト散歩した。

Img008-3

公式スタンプ帳「日本100名城に行こう」のNo.14水戸城より転載

_dsc8561_20200515072601

昨年4月16日撮影・訪問時は大手門の復元工事中であった。

Dscn1644

2019年に復元工事が竣工された大手門は道路の補修工事中

_dsc2367

大手門橋の右脇下の階段途中から覗くように大手門を撮る

Dscn1647

徳川斉昭公像と大手門橋左よりの復元された大手門を撮影

_dsc2298

大手門の次の復元工事、水戸城二の丸角楼復元及び土塁整備工事

_dsc2301

復元された大手門の内側、左隅は次の復元工事

_dsc2303

大手門内側左上は土塁の整備と塀の復元工事

_dsc2307

大日本史編纂の地記念碑

_dsc2310

大日本史を編纂の地とされた旧水戸彰考館跡

_dsc2311

二の丸展示館

_dsc2313

二の丸展示館前の通りは奥まで人影なし

_dsc2315

水戸城三階楼跡地(水戸城天守閣と代わりとみなされた)

_dsc2318

(1)散策ルート   
水戸の誇る歴史や文化、水戸藩が育んだ魁の精神などに触れ、親しんでいただくとともに、歴史的景観を楽しみながら回遊していただく散策ルートを設定しました。
 1 光圀(義公)ルート:義公生誕の地、大日本史編纂の地である水戸彰考館跡や二の丸展示館、弘道館等を散策するルート(約2km、約1時間)
 

_dsc2317

奥に見えるのは杉山門

_dsc2322

杉山門

_dsc2354

棚町坂下門

_dsc2353

柵町坂下門の徳川頼房公像 初代水戸藩主

_dsc2325_20200515094701

この本城橋を渡ると唯一の遺構建造物の橋詰門(薬医門)がある

_dsc2331

二の丸と本丸の間に大堀切、現在は水郡線が走る深い空堀

_dsc2334

本丸跡に移築された橋詰門がある

_dsc2335

本丸跡の県立水戸第一高等学校内に移築された橋詰門(薬医門)の外側

_dsc2336

_dsc2339

約医門の内側

_dsc2368

弘道館はコロナで休館中であった、駐車場に3台のみで復元された大手門の見学者

次回に続く

 

 

2020年5月14日 (木)

カタクリの花と小鳥

 薄紫のカタクリの花と青いエゾエンゴサクの花が咲き乱れる境内のある場所に、早朝にエゾリスの餌に撒かれた松の実とヒマワリの種を、昼過ぎに食べ残したおこぼれをご相伴にあずかる小鳥さんです。
撮影日4月22日

_dsc7213_20200514062301

カタクリとエゾエンゴサク咲く神社境内の群生地
_dsc7112

カタクリの花にピント、ボケているのはシジュウカラ

_dsc7116

半身を覗かせるシジュウカラにやっとピント

_dsc7124

近くの木にやって来たヤマガラ、木の襞に松の実の空の殻が見える

_dsc7125

餌場へ一直線に飛び出し

_dsc7176

山雀(ヤマガラ)
_dsc7184

ヤマガラ
_dsc7185

花に隠れる小鳥の餌場、トリが見えない
_dsc7187
ハシブトガラ
_dsc7189

ハシブトガラ

_dsc7259

アトリ♂

_dsc7263_20200514061801

ヒマワリの種を咥えるアトリ♂

_dsc7298

ゴジュウカラ
_dsc7315

シジュウカラ

_dsc7201

アトリ♀とシジュウカラのすれ違い

_dsc7263

シメとアトリのお尻合い

 


_dsc7238

シメとアトリの睨み合い

_dsc7242_20200514062901

おしめいはシメ

エゾリスの餌に撒いたおこぼれをご相伴にあずかる小鳥さんでした。

 

 

 

 

 

 

2020年5月11日 (月)

浦臼神社のカタクリの花芯

 カタクリの花は下向きに花弁を開くので花の中心にあるメシベとオシベの花芯を撮ることは稀であると同時に難しいようである。カタクリの「花芯(かしん)」を撮るためにカタクリの花のすぐ脇で腹ばいになって一眼レフの底にあたる部分を地面に付けて撮るCMもいるほど、ひたむきに下向きに開く薄紫色のカタクリの花芯撮影は難しい花です。
花芯に関するWebを散見すると中国語で花芯は「子宮」と言われる。小説家で尼僧の瀬戸内寂聴氏が1957年に新進作家の当時、瀬戸内晴美として発表した「花芯」は批評家から「子宮作家」「エロ作家」などとと批判されそれから5年間、文壇的沈黙を余儀なくされるきっかけとなった伝説的な作品と言われる。「花芯」は2016年に村川絵梨の主演で映画化されている。
本格的にカタクリの花芯を撮る訳でもなく、遊び心でコンデジのマクロ写真を過信して撮影したカタクリの雌しべ雄しべの花芯です。

撮影日4月22日13時~14時頃

Dscn1734

朝はつぼんでいた花弁が昼過ぎには開いていた朝の霙が雨になり朝露として葉や花弁に残るカタクリの花コンデジ撮影

Dscn1735

横からのコンデジ撮影

Dscn1736

昼間は開いているが夜は雌しべ雄しべの保護に花弁がつぼむ

Dscn1737

コンデジを地面につけ近づいたが手振れでピントが甘かった

Dscn1738

二つのカタクリが重なった?

Dscn1741

メシベとオシベが撮れた

Dscn1742

片手間に境内をコンデジで撮り歩いたカタクリでした

2020年5月10日 (日)

コンデジ撮影・研究林の小鳥さん

 北大研究林車両進入禁止の遊歩道は地元の人の朝の散歩道です。クマゲラを撮影した4月中・下旬当時は散歩する地元の人はここでは殆どの方が何故か?マスクなしでの散歩をしていました。遊歩道の入り口や所々の張り紙には「野生動物へのエサやりはご遠慮ください」の遠慮がちの呼びかけがありますが、クマゲラ撮影中に時々見かけるのは散歩するおばちゃんがヒマワリの種をエゾリスに与える姿でした。孫連れでエサやりを楽しみに散歩する👵の姿もありました。

撮影日4月17~22日

Dscn1682

駐車場前の車両進入禁止とエサやりの注意書

Dscn1704

4月19日に撮影した遊歩道入口の張り紙

Dscn1684

池の水芭蕉は終焉の時期を迎えていました

Dscn1687

遊歩道を散歩するとエゾリスが近寄ってくる、普段散歩する人からエサを貰っている習慣があるらしい
Dscn1706

コンデジの望遠で撮影したクマゲラ♂

Dscn1710

コンデジ撮影のクマゲラの巣穴掘り

 

Dscn1718

クマゲラ撮影中にカメラの近くに寄ってきた餌を催促に来たヤマガラ、ない袖は振れません!

Dscn1720

エサを持っていなくてもハシブトガラが一番多く近くまで寄ってきます、撮影中のカメラやレンズの上まで来ますので人からエサを貰っているのが常習になっているようです

Dscn1726

同じようにゴジュウカラも近くにきます

Dscn1727

ハシブトガラ

Dscn1729

遊歩道脇の倒木に座っていると近くに寄って来た小鳥のコンデジの撮影版です

 

2020年5月 9日 (土)

北大研究林の木走(キバシリ)

 3週間前の北大研究林のキバシリです。木の幹に縦にとまるが常に上昇志向と言うか、ゴジュウカラのように頭を下に向けて幹を降りることは出来ないようだ、いつも上を向いて幹を上って細くやや長めで下へ湾曲している嘴を樹皮の襞に差し込んで採餌している。

撮影日4月20日

_dsc66601

_dsc66781

_dsc66941

_dsc67301 _dsc67371

_dsc67391

_dsc67521

_dsc67601

_dsc67690

尾は褐色で長く羽先は尖り、体下面の腹は白い、体全体は樹皮のような複雑な色をして保護色になっている。L 14cm。

2020年5月 7日 (木)

松の実を採食するアカゲラ

 一部の県では自粛解除が出たがまだ出口の見えない新型コロナウイルス特別警戒のステイ・ホームで家で暇を持て余して過ごしているが二週間前に断念した5年連続北海道道の駅全制覇の夢の旅。PCの故障とコロナ戦争に敗れて苫小牧FT港より夕方便で帰浜した日の早朝に、浦臼神社でエゾリスを撮影中に管理人が餌に撒いた「松の実」を失敬して境内の樹木にとまり採食するアカゲラ♀をとらえました。

この「松の実」をネットで検索すると興味深い記事がありました。それらを拾い読みすると、曰く古来より仙人の食べ物として親しまれた松の実。五葉松の一種で大きな松笠をつける松の種子、茶色い殻の中は白い粒、それが松の実です。脂肪、ミネラル、ビタミンなどの栄養の豊富さと高エネルギー食品であることから滋養強壮が期待され食物繊維が豊富です。漢方薬としては体を温める性質があり、気を補い、肌を潤し、咳を鎮め、内臓機能を調節し、脳を活性化するとしている。このため、高齢者や虚弱体質の人に薬膳として食べることを勧める場合がある等など・・

撮影日4月23日AM6:42~44分

_dsc7533

カタクリとエゾエンゴサクの境内の杜に飛んできたアカゲラ♀

_dsc75541_20200506113801

樹皮の裂け目に埋め込んだ「松の実」の茶色い空の殻が沢山見える

_dsc7564

アカゲラがここえ運んで埋め込んだのか?それともエゾリスが貯食のために隠したのか?見られた松の実の殻は全て割られて中味の白い松の実は見えない!!

_dsc75621

松の実をアカゲラは二分間採餌していたがこんな多くの松の実は食べていない!

_dsc7565

松の実を咥えるアカゲラ、ここから一気に木に運ぶ

_dsc75651_20200506113901

ヒマワリの種は拾わない、松の実のみ

_dsc75661_20200507092101

花園の中では採餌しません、キツツキは殻をツツイテ割ります

_dsc7570

近くの古木の苔の生えた根元に飛んでいきます

_dsc75701

空の殻が見えます

_dsc75741

松の実(殻)を挟む樹皮の隙間を探しているのでしょうか?

_dsc75781

それとも松の実を貯食する場所探し?

エゾリスの餌にカタクリとエゾエンゴサクの花園に撒いた松の実を失敬して採餌するアカゲラでした、🌻のタネには見向くもしません、キツツキには不向きのようです。

2020年5月 5日 (火)

カタクリ群生地の花鶏(アトリ)

 二週間前の赤紫色に咲くカタクリと青い花のエゾエンゴサクの群生地、毎年訪れる浦臼神社です。花とエゾリスを撮りに来ましたが到着したのが11時頃でしたので、現場に残っていた方にエゾリスは早朝しか出ないと言われたが午後4時まで待機したがやはり、エゾリスは見られなかった。この日は花園に舞い降りる野鳥に遊んでもらった。

撮影日4月22日

_dsc71221

境内の林にアトリ♀が気になる

_dsc70501

木の根元の苔にピント、動くアトリにこけにされた

_dsc70541

アトリ♀がエゾリスが残した🌻の種を見つけたようです

_dsc70700

オリジナルの大きさです(アトリ♀)

_dsc70731

♀のトリムです

_dsc70970-2

アトリ♂が🌻のタネを咥えています

 

_dsc71033

カタクリの中で嘴から🌻の殻をポトリと落とす、アトリ♂

_dsc71340

アトリ♀オリジナル

_dsc71340-2

アトリ♀トリム

_dsc71711-2

🌻のタネを咥える♀

_dsc72081

アトリ♀ 正面顔

_dsc72801

アトリ♂

_dsc73031

アトリ♀

_dsc73101

アトリ♂

カタクリとエゾエンゴサクの花が咲き誇る群生地の花鶏でした。

2020年5月 4日 (月)

浦臼神社のカタクリとシメ

 カタクリとエゾエンゴサクの花開く名所の浦臼神社に、この花園の管理人がエゾリスを呼び寄せる🌻の種やマツノミを撒いたオコボレをシメシメとシメが採餌に来ました。

撮影日4月22日

_dsc72720_20200504113301_dsc72680

L19cm太い嘴ずんぐりした体形短い尾夏羽のシメ♂、境内の木にとまり次にリスのいなくなったタイミングに餌場に降りてくる

_dsc7242_20200504114101

木の根元に降りてきて餌を撒いた当たりを見つめるシメ

_dsc72471

カタクリの花とシメをトリム、硬い殻をかみ砕く丸い嘴

_dsc7236

🌻の種をクチバシにくわえている

_dsc72540

少し怖い顔をした正面顔のシメ、アトリなどの小さい鳥を威嚇顔?

_dsc72611

威嚇!

_dsc72661

目も怖い!!

_dsc72741

_dsc72762

_dsc72780

カタクリとエゾエンゴサクとシメでした

2020年5月 3日 (日)

シマエナガの巣穴放棄

 今年も可愛い人気のシマエナガの営巣場所が見つかったと喜んだのも束の間であったが一夜にしてぬか喜びに変わった。真新しい巣がカラスの攻撃を受けてシマエナガが巣を放棄してしまったのである。直接見たわけではないが地元の人の話ではシマエナガの雌雄が新居を巣作り中にカラスに悪戯されたらしいとの情報でした。写真の主役はシマエナガよりゴジュウカラになりました。

曇天や早朝の暗い写真を新PCの内蔵ソフトで補正を試用してみました。

撮影日4月20日~22日

_dsc67080

4月20日前日まではクマゲラを撮影していましたがこの日の朝8時より巣作り中のシマエナガの営巣木に移動した直後にシマエナガが巣にやってきました

_dsc67081

新PCで初めてのトリミングしたら枝が被っていました

_dsc67100

_dsc67121

暗い写真の補正とトリミングをしました

_dsc67131-2

更に大きくトリミング

_dsc67131

これが巣に来た最後の写真、巣穴放棄のシマエナガです

_dsc67151

巣穴の木の枝が最後です

_dsc68061

おや?何かな シマエナガの放棄してから1時間後にゴジュウカラ

_dsc68101

巣穴の様子を検分しています

_dsc68102

ゴジュウカラと巣穴の穴をトリミング

_dsc68171

巣穴の中を覗くゴジュウカラのトリミング

_dsc68221

オリジナルの大きさ

_dsc68261

シマエナガが放棄した巣穴の上のゴジュウカラ

_dsc68102_20200503094301

_dsc68110

オリジナルの写真を縦にカット

_dsc68261_20200503094601

_dsc68321_20200503094801

新PCの写真補正・トリミングなどの練習をしました

_dsc68640

放棄の巣穴

_dsc68730

4月21日AM7時 白い産毛がのぞいていますが中は留守のようです

_dsc69160

4月21日AM9時 巣の撮影角度を変える

_dsc69400

白いうぶ毛のようなものが見える

_dsc6956

4月22日AM5時40分 

_dsc7021

4月22日AM7:06 撮影の三日間放置されたシマエナガの巣 

 

4月20日AM8時~11時30分、この日シマエナガが放棄した日

4月21日AM7時~11時、シマエナガ待ち4時間も空振りした日

4月22日AM5時30分~7:06まで三日間10時間の観察でした。今年初の諦めの悪い爺さんになりました。これを最後に苫小牧から浦臼神社へ移動しました。

 

 

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト