« 敗戦記念日に思い出の廃線駅 | トップページ | 旧太子駅とチャツボミゴケ公園 »

2020年8月21日 (金)

四万温泉・積善館・佳松亭

 例年のお盆休みの家族旅行に出掛けた初日は、創業は元禄七年(1694年)新湯川に架かる赤い欄干の慶雲橋を渡ると正面に、元禄四年建築当時まま日本最古の湯宿建築がある、重要文化財となっている。右側に1階にあるのが大正ロマネスクを用いた当時のままの「元禄の湯」がある。積善館はこの本館と以前宿泊したことがある桃山様式の和室のある山荘と更に奥の高台の松林に囲まれて佇む佳松亭がある。今回はこの佳松亭に宿をとった。

撮影日8月17日(月)

Dscn0582-2

積善館本館

_dsc4703_20200821075301

積善館佳松亭の玄関

_dsc4677-2

佳松亭のロビー

_dsc4678-2

佳松亭6階の客室 梅枝の3

_dsc4680-2

客室からの老松

Dscn0520-2

まずは最初に元禄風呂へ

Dscn0575-2

洗い場は右奥に一つしかない不思議、天然の蒸し風呂二つ

Dscn0569

扉を開けて撮影したタイル張りの蒸し風呂、熱くてピンボケ3回も

Dscn0540

佳松亭の庭園にある夕食前に有料の貸し切り風呂へ

Dscn0541-2_20200821094301

貸切風呂は二つ、丸い「積」と四角い「善」、「積」を予約

_dsc4682

部屋での食事

Img005-3

この日の献立表、一部をコンデジ撮影

_dsc4686-2

カニと貝柱のジュレ

_dsc4684

立秋の頃の前菜盛り合わせ

_dsc4688-2

手前は甘鯛・煮麺・玉子豆腐・青柚子、奥に旬魚盛り合わせのお造り

_dsc4689

食後はまた温泉三昧

Dscn0613-2

岩風呂(混浴)本館1階

Dscn0563

佳松亭5Fの杜の湯

Dscn0561-2

杜の湯の露天風呂

Dscn0601-2_20200821131001

佳松亭から山荘への廊下

Dscn0599

山荘から本館へのトンネル

Dscn0600-2

山荘3階 山荘の湯 家族風呂

Dscn0574-2_20200821100001

朝の元禄の湯(本館1階)

Dscn0580-2

朝の散歩は本館玄関より

Dscn0584

赤い慶雲橋と元禄の湯(ヨシズの一階)

Dscn0588

朝のフォト散歩で橋の上から公衆浴場(AM9時より)

Dscn0603_20200821125101

Dscn0612-2

午前八時の朝飯

積善館のお風呂は五つの温泉、誰もいない早朝5時などに撮影。

 

 

 

 

« 敗戦記念日に思い出の廃線駅 | トップページ | 旧太子駅とチャツボミゴケ公園 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗戦記念日に思い出の廃線駅 | トップページ | 旧太子駅とチャツボミゴケ公園 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト