« 見晴公園のSL D61 3号機 | トップページ | 6月中旬ハヤブサ親子の給餌 »

2020年9月 9日 (水)

桜山公園のC58 98&D51 312号機

 存続が危ぶまれている留萌本線の深川駅隣の難読駅北一已駅(きたいつちやんえき)の最寄り駅から1kmほどの桜山公園には二両のSLが静態保存されている。
このSL2両は2016年10月19日にC58 98号機と翌日の20日にD51 312号機を「静態保存その12と13」でブログにUPしているので5年ぶりの再訪である。

撮影日7月11日(道の駅るもい 新規開業日)

_dsc3999

山裾のような森に沿っての野晒し展示は昔のままの姿

_dsc4000

5年前にはテンダーには車のタイヤが山のように積まれてはみ出していたが・・・

_dsc4002

それが改善されているように見えましたが・・・

_dsc4003_20200909050501

_dsc4004

テンダーの後ろからは少しタイヤが見えました、頭隠して尻隠さず

_dsc4005

下方のD51 312の方向はパークゴルフ場

_dsc4010

_dsc4011

前はパークゴルフのハウス前に桜咲く時期に来ましたが今回は新緑の季節です

_dsc4012

外観は定期的に塗装などの整備が行われているようです

_dsc4015

連結器の白塗装が気になります

_dsc4016

D51の視界の前にサクラも目立つようになりました

_dsc4017

外部から機関室内部を覗くように撮影

_dsc4020

内部は外観と異なり錆びと汚れが目立ちます

_dsc4022

腐食よりも動輪軸の白と赤塗装に目が行きます

_dsc4023_20200909051201

5年前と同じように運転席側のデフが曲がっていました

_dsc4024_20200909051201

テンダーに山のように積まれていたタイヤが見えなくなりました

_dsc4025

前後の連結器と動輪の白と赤の塗装に違和感が残りますが、桜に囲まれた静態展示D51 312の最近の様子でした。

« 見晴公園のSL D61 3号機 | トップページ | 6月中旬ハヤブサ親子の給餌 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見晴公園のSL D61 3号機 | トップページ | 6月中旬ハヤブサ親子の給餌 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト