« 日本100名城16箕輪城 | トップページ | 日本100名城18鉢形城 »

2020年11月10日 (火)

日本100名城17金山城

 群馬県太田市金山町の金山は標高約239mで関東平野北部の太田市中心部に位置する。城は新田氏の一族である岩松家純により、文明元年(1469)に築城された。後に岩松氏の重臣・由良氏が権力を握ると北条氏に仕えるようになり、城は上杉氏や武田氏の攻撃を幾度も撃退する程の堅城となるも、秀吉の小田原攻めでの北条氏滅亡によって廃城となった。(宝島社・城の攻め方・つくり方より)

金山城は石敷きの通路や石垣、大きな池などが数多くある石造りの遺構がある城址であった。

 

Img002-3_20201109091501

攻城日11月5日

Img007-2_20201109092001

公式ガイドブック日本100名城17金山城より

_dsc69041-2

_dsc69041

難攻不落と言われた金山城の攻城開始です

_dsc68160

史跡 金山城跡の攻城はここからです

_dsc6894

西櫓台址

_dsc6897

西矢倉台址の通路

_dsc6819_20201110073101

石畳の通路

_dsc68181

物見台案内板

_dsc68210

石垣

_dsc6887

攻める時は堅固な石垣の出現にたじろいたと思われます

_dsc6889

またも石垣と石敷きの通路

_dsc68810_20201110074401

物見台からの見晴、城下が一望

_dsc68700_20201110074901

馬場曲輪

_dsc68260

月の池 山の中に水の豊富な大きな池に驚き Σ(・□・;)

_dsc68280

大手虎口でNHKの正月3日のGTのTV撮影中でした、出演者は金山城保存会のボランティア活動の人々のようです。

_dsc6854

大手虎口

_dsc6861

大手虎口の石敷きの通路、通路両側の排水路

_dsc68330

日の池/戦勝や雨乞いを祈る為の儀式が行われたと思われる神聖な池

_dsc6856

水が見える井戸もあります。水の豊富な不落城のようです

_dsc68340

大手虎口、武器庫の横、井戸の前で攻めるのは赤い槍隊と右側の城を守る弓矢と鉄砲隊の撮影風景、石垣の上は三の丸

_dsc6860

石敷き遺構展示、石敷きされた当時のままの建物(武器庫兼兵の詰め所)

_dsc68390

スタンプの置いてある休憩所の横に金山城の石碑

_dsc68450

金山城跡から眼下の太田市の眺望

_dsc68441

大手虎口、今度は法螺貝を吹く場面の撮影です、正月3日のNHKのゴールデンタイムを忘れずに!

_dsc68630

ここを最後に下城です

Img011-3_20201110091701

初の山中にある石敷きの通路、多くの石垣、山の中の大きな池など石造りの金山城跡、難攻不落と称された金山城の攻城でした。

 

 

 

 

« 日本100名城16箕輪城 | トップページ | 日本100名城18鉢形城 »

日本100名城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本100名城16箕輪城 | トップページ | 日本100名城18鉢形城 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト