« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月25日 (月)

御城印は御朱印に非ず、登城記念札なり

 自分にとって御城印は2018年5月北海道から始めた日本100名城スタンプラリー帳による歴史散歩とスタンプラリーの登城記念、攻城記念が主で御城印はお土産程度のプラスαみたいなものであった。御朱印は持参した御朱印帳にその場で墨痕鮮やかに毛筆で記され、参拝した証や神仏とのご縁を感じるが、御城印はハガキ位の大きさの和紙などに印刷されたもので御朱印に比べ有難味をあまり感じないお札である。御朱印ブームに乗ってこの1~2年に急に人気になったと思われる。そのためか自分が収集はじめた御城印の記念札も昨年からである。
日本100名城のうち60城までスタンプラリーを終えているが昨年の令和2年からはスタンプラリー帳に捺印の際に御城印発売の有無を確認するようになって、販売していればコレクター魂で購入するようになり、300~500円の有料スタンプラリーもどきの御城印コレクターとなった。現在までの三年間で日本100名城巡りを終えた60城のスタンプラリーのうち昨年登城した16城のうち、スタンプ窓口で御城印の有無を聞き忘れたものと発売していない城もあったので九城しか御城印をコレクトしていない。
2020年11月に登城した姫路城の管理事務所窓口では、10月まで販売していたが11月は販売していなとのつれない返事で、国宝の日本100名城といえども必ずしも御城印を発売しているとは限らない。全く御城印を販売していない日本100名城もあります。

日本100名城の天守閣のあるなしに関わらずお城などは登城記念、登閣記念、入城記念などが記され、城名と城主ゆかりの家紋が印刷されている。遺構だけの石垣や山城の城址・城跡のお城に訪れた証としての御城印も同じように城名と城主の家紋が印刷されて発売されている。城よりも大石神社の方が有名な赤穂城跡は御城印は無く、四十七士の絵柄が印刷された特製ケースに入れた大石神社の御朱印を勧められる。

地元の小田原北条氏の小田原城の御城印

Img003-2_20210125114101

小田原城の御城印。北条早雲から5代約100年間続いた戦国北条家の御城印の家紋は小田原北条家の三つ鱗(うろこ)。この他に小田原北条氏初代の北条早雲(伊勢宗瑞)1519年没の没後500年の数量限定1519枚を2019年に発行されて即売り切れている。

 

御城印としては珍しい武士の守護神として信仰される摩利支天がお札の中央にある。小田原城の天守閣に摩利支天像が祀られており現在の天守にも摩利支天像が安置されている。左上の家紋は江戸時代の城主・大久保家の家紋、大久保藤(上がり藤に大の文字。小田原城の御城印は期間限定や枚数限定など数種類発行されている

Photo_20210125114001 1960年に小田原城天守閣が復興されて、今年が60年目になることを記念した期間限定の御城印で、同期間中に天守閣で開催する特別展「復興 小田原城天守閣―昭和から平成・令和へ―」との連動企画です。
 小田原城の歴代城主をコンセプトに前期大久保氏の「上り藤に大」、稲葉氏の「折敷に三」、後期大久保氏の「上り藤に大」、北条氏の「三つ鱗」、そして徳川氏の「三ツ葉葵」の家紋をあしらい、中央に「小田原城」と表記して歴代城主×小田原城を強調しています。期間 2020年11月21日(土) ~ 2021年2月28日(日) までの限定販売 天守閣復興60周年記念 小田原城御城印 (小田原市観光協会HPより)

小田原北条氏の小田原城の有力な支城であった地元の小机城址に関する小机城址まつりの2014年4月6日のフォト(孫が小学4年の時に少年少女隊として参加)

0871_2

相模国・小田原城の有力支城として地元に小机城跡が横浜線小机駅近くにある

0920

小机城址本丸広場下の空堀、現在は立派な竹やぶとなっている

3740_20210125103001

小机城址本丸広場で毎年4月の桜の時季に小机城址祭りが行われ港北区長が北条氏綱の城代として、小机城主笠原越前守信為の役で小机城址祭りの出陣式で活躍する

4730

少年少女隊の出陣式

4200

小机城址祭りの鉄砲隊、陣幕は小田原北条家の三つ鱗、幟の旗印は笠原越前守の家紋、小机城址への途中に小机駅前で鉄砲隊の発砲演技もあった。

Img002-4_20210124202901

御城印が無い播州赤穂城跡の一角にある大石神社の御朱印入れの絵柄、日本橋の馬上に大石内蔵助と赤穂浪士四十七士、三つ折りの紙ケースを開いて撮影。

Img001-4_20210124203001

御朱印ケースの大石神社の由緒書 日本橋の四十七士(日本橋一部)

Img0082_20201005115301-2

大石神社の御朱印は左に大石内蔵助由雄と印刷済みの金色の大願成就の印

Img011-2_20210125133201

登城日2020年11月5日 日本100名城足利氏館の御城印は鑁阿寺となっている現在の御朱印と同じ大日如来

Img012-2_20210125133301

登城日2020年11月5日日本100名城の金山城の不落の城の由来は左の御城印の中に添付されていた。御城印の印影は地元の作家の作成

Img0072_20201005115001

登城日令和2年10月1日 印面は南海の鎮 紀州徳川家伝来の金印

Img0022_20201005115101

登城日令和2年10月2日 急階段の険しい人気のない山城であった。金剛山麓の豆腐屋にてスタンプラリーと御城印を500円で購入、左は楠木正成を称える昭和11年軍国時代の書

Img0032_20201005115101

登城日令和2年10月2日 御城印は明石城初代小笠原忠正の家紋と越前徳川家の家紋

Img004-2_20210125143001

登城日令和2年10月2日 6代にわたり篠山城主であった青山家の青山銭紋、小さい御紋は築城を命じた徳川家康の葵の紋、他に篠山城主を勤めた、松井松平・藤井松平・形原松平の家紋も右の書にあります

Img0112_20201005115201

左から築城主 山名宗全の家紋、中央は山名氏と赤松氏の家紋、右は最後の城主赤松広秀の三枚セット、登城日10月3日

Img0062-1

登城日令和2年10月4日 日本100名城の二条城の御城印には世界遺産と元離宮の印刷と徳川家の葵の御紋。左は御城印を入れる特別配布されていた松と鷹のプラスティックケース

御城印は100%印刷されたほぼハガキ大の印刷紙または和紙に城主の家紋が赤く印刷されていたが(城主の家紋とは限らない御城印もあります)登城日が記入されていたのは約1/3で大部分は登城日の日付は空欄であった。一部はゴム印が置いてあり自分で日付を入れる処もある。

 

 

 

 

2021年1月22日 (金)

終活と老活の青い鳥

 新たな”詐欺(サギ)”として時節柄の”ワクチン接種”の振り込みサギと総務省をかたる”2度目の特別定額給付金”の不審メールが現れたと今朝のモーニングショーを見ました。悪賢い詐欺師たちは次から次とネットを利用した新手のサギを考えるものです。
話が代わるがサギ被害の多い年代になって20年が経ちましたが「終活と老活」の違いについてあらためて確認しました。
 ~終活~ 「自分が死んだあとのことを考え、周囲に迷惑をかけないために葬式やお墓等の希望を伝えるためのもの」 ~老活~ 「自分らしく豊かで幸せな老後を送るために、今できることを考え、実行に移すこと」。老活(ろうかつ)とは人間が老後になってから行うことが好ましいとされる活動のこと、または素晴らしい老後が過ごせるための活動。出典:フリー百科事典ウィキペデア 
Img006-2_20210122104401
老活として北海道に15年間通って毎年訪れる旧国鉄広尾線の「愛国駅」と「幸福駅」は、かつてNHKの紀行番組で紹介されたことから“愛の国から幸福へ”のキャッチフレーズで一躍有名になった駅です。そして赤字ローカル線として、旧広尾線が廃線になったのちも、縁起のいい駅、愛と幸せをはこぶ駅として訪れる観光客は後を絶ちません。愛と幸せがもたらされる駅として、今も根強い人気を誇る愛国駅と幸福駅。観光キップ大きさは10x23cmの大判です。
_dsc7910
愛国駅に静態保存のSL19671号機
_dsc7892

幸福駅待合室内に貼られている愛国⇒幸福 大判10x23cmの観光キップ 

Img004-2_20210122134601

お土産に販売中の硬券キップと入場券(JR北海道現在の入場券は170円)

メーテルリンクの童話「青い鳥」のあらすじは、貧しいきこりの子の兄妹チルチルとミチルは街中の楽しそうなイブの賑わいとは違い静かなクリスマス・イブの夜を過ごしていると、仙女の訪問を受け、その言い付けで「幸せの青い鳥」を見つけに旅に出て行く、いろいろな国を探しまわるが、どこにも「青い鳥」は見つからず、自分たちの家に帰ってきたとき、夢だったことがわかる。そして「青い鳥」(幸福)は家で飼っていた身近にいたアオバト(キジバト説もあり)だったことに気付く。大筋はこんな概要大要でした。



 林住期の61歳で現役を引退して、4年間は桜を追いかけていた、65歳から始めた鳥撮りも15年間を過ぎた。75歳から後期高齢者のお仲間入りとなり、お迎えの仕度を始める遊行期の6年目を迎える。目標とした400種以上の野鳥撮影で野鳥の生態などがやっと「知る知る身知る」の健爺さんが昨年からの新型コロナ禍の緊急事態宣言の世にも幸せの青い鳥を求めて未だに全国放浪の旅を続けていく気概が残っている。3月の誕生月で男の平均寿命81歳の到達を迎える。81歳の男の平均余命は残り8年間の厚生労働省の統計も見てしまった(仕舞った)。

追い求めていた”幸せの青い鳥”はこの現役引退後20年間に桜・野鳥・温泉・鉄道・日本100名城と幅広くなっている。桜と野鳥は目標として数字は達成したと思うが温泉と鉄道は目標値の設定がない未来永劫の目標のようである。三年前の北海道から始めた日本100名城は残り40城まで達成しているが中国・四国・九州・沖縄と遠方の城郭・城跡が残されている。平均寿命まで生き延びたので残された余命で、まだまだ幸せの青い鳥を追い続ける夢を見ているコロナワールドの世の中です。

今日は幸せの青い鳥にちなんでブログを始めた頃から今までに撮影した青い鳥、冬の瑠璃(ルリ)ビタキですの履歴写真です。

07110_002s_20210122124901

2007年1月相模原市道保川公園

0842728_107s 0842728_118s

2008年4月 日光湯ノ湖畔 残雪のルリビタキ

091102_027s091103_159s

2009年1月山中湖畔旭ヶ丘 雪のルリビタキ

1521 5701

20010年1月横浜市大池公園 紫式部を啄むルリビタキ

03611082_20210122133901

2010年1月横浜市 ボケの花とルリビタキ

1022

2010年5月輪島市舳倉島タンポポとルリビタキ

1371

2010年5月夏鳥と冬鳥の交差点の舳倉島 夏鳥の大瑠璃(オオルリ)

_dsc67641_20210122140201

2019年11月 戸隠森林公園ツルマサキの実とルリビタキ

撮り始めの頃はルリビタキはカワセミの次に多かったが最近の写真は少なくなったようです。青い鳥は夏鳥として渡来するオオルリとコルリ、繁殖地の針葉樹林や広葉樹林の高山で繁殖し冬になると平地や公園で越冬する、春には高山に戻るルリビタキなどが一般的な青い鳥です。

 

 

 

 

 

 

 

2021年1月20日 (水)

八ヵ所のヤツガシラ

 野鳥撮影を始めた頃のヤツガシラは珍しい野鳥とか綺麗な珍鳥と認識して、情報があると正月小寒の日でも何処へでも遠征した程の熱の入れようでした。一番最初のヤツガシラの撮影は2007年1月5日でした。場所は兵庫県尼崎市の地方競馬場(園田競馬場)の隣にある猪名川公園、猪名川の対岸にある大阪国際空港(伊丹空港)に離着陸する航空機が頻繁に見える場所でした。この時は琵琶湖にオオワシを撮りに行く途中で、2006年11月末からネットに出ていたヤツガシラを思い出して、米原の手前で目的地を伊丹空港方面に変更して、目的地の公園に6時前に到着した、夜明けを待ちましたが7時過ぎに地元のカメラマンが一人来られたので、ヤツガシラの様子を伺うと、3日はカメラマン10名程度でしたがヤツガシラは園田競馬場の駐車場に姿を見せた後にどこかに飛んでしまい写真は撮れなかったが、まだ抜けていないとの確信が取れたと言われたので安心しました。この日はカメラマンは4人でした、8時までこの公園で待ちましたが、姿は見られませんでしたので、ひとまず琵琶湖に10時頃に戻りオオワシの撮影をしました。撮影後夕方4時過ぎに湖北町を出てから尼崎市まで一般道を5時間掛かり9時に到着して、5日早朝のヤツガシラを待つことにしました。一周500mの池を周回する遊歩道の内側と池の縁にある生垣の下で長い嘴で地面を刺して虫を捜すヤツガシラを見つけました、時は7:25です。カメラマンは二人がようやく三脚を並べてたてるスペースしかありませんが、二人だけの撮影でしたのでヤツガシラの初見初撮が出来ました。

0715_119s_20210119160301 0715_124s_20210119160401

2007年1月5日 尼崎市園田競馬場隣の猪名川公園

_dsc6929s _dsc6956s

2008年3月 西表島の小学校校庭のヤツガシラ

0831 1181

2009年3月石垣島の電信屋跡(台湾から海底電線引揚処)ヤツガシラ

2052

2010年千葉県富津市 八っの冠羽と羽を広げたヤツガシラ

0891 4461_24591

2012年平塚市相模川河岸グランドのヤツガシラ(同一個体)

2500_2 2560

2012年3月 石垣島川平湾の針葉樹 ヤツガシラ

3261_20210120115901 5050_20210120120001 

2012年3月 石垣島牧草地 ゴキブリを採餌するヤツガシラ

0621_2

2013年6月 舳倉島海岸の岩場 ヤツガシラ

今日は二十四節季の大寒です。半月前は小寒でした。コロナ禍とあって野鳥撮影は昨年12月から控えています。巣籠中は昔の写真をスキャンして老活しています。本日の大寒の日に、14年前の小寒の日に初めて撮影した戴勝(ヤツガシラ)を思い出しました。その後に撮影した各地のヤツガシラですが南西諸島での撮影が多いようです。最後に撮影したのは石川県輪島市の舳倉島のヤツガシラを最後にヤツガシラ撮影を卒業しました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年1月19日 (火)

サギ、サギ、サギ・・・です

 今年の箱根駅伝の記録では往路初優勝の創価大学、復路優勝の青山学院、復路最終十区ゴール手前2kmで創価大学を抜いて13年ぶり総合優勝の駒澤大学でした。記憶に残ることでは白バイと言えばHONDAの大型バイクでしたが今年は警視庁白バイ隊のBMWの電動スクーターの初登場と警視庁と神奈川県警の白バイの「その電話サギかも」標語の襷(たすき)リレーもどきに注目し、記憶に残りました。詐欺(サギ)と言えば次から次と新手のサギが年寄りを騙します。オレオレ詐欺からフィッシング詐欺、キャッシュカード詐欺、還付金詐欺、架空請求サギなどPhoto_20210119111501 最新ではマスク詐欺まで次から次と悪知恵・新手のサギが現れて、被害総額が驚愕な金額 になります。(ある処にはあるものですね、騙される金額にも驚きです!)

同じサギでもペリカン目サギ科のサギは二十種が野鳥図鑑にありますが、この15年間のサギの撮影では二十種近くのサギ類を撮影しました。

野鳥撮影を始めてから15年間に撮影したペリカン目サギ科のサギ類です。
以下の写真は前掲のクロサギを除くサギ、サギ、サギ・・・ペリカン目サギ科のサギです。

_dsc9550-2_20210118211801

2020年11月真鶴半島三ツ石海岸のアオサギL93cm

0751

2009年9月平塚市の田んぼ アマサギ

_dsc6129

2015年4月 石垣島のアマサギ L51cm

0521 0591

2009年4月鶴見区二ッ池公園満開の桜の中にアカガシラサギL45cm

0411

2011年11月寒川町相模川ダイサギL90とミサゴの狩り

2631 3870-12571

2012年5月常陸国の田圃チュウサギL69とカナダヅル

_dsc72951

2019年2月 大倉山梅園 観梅会の宴とコサギL61cm

08882_157s08882_205s

2008年8月 平塚市田んぼ 子育て中のタマシギ♂とコサギ

_dsc6741s _dsc6845s

2008年5月 西表島田んぼ ムラサキサギL79cm

1041 0432

2009年4月 石垣島牧草地のムラサキサギ

3740 3840

2009年4月 那覇市 クロツラヘラサギL77cm

1160

2010年9月寺家ふるさと村むじな池ゴイサギの若鳥ホシゴイ57cm

_001s_1_20210118113201 _008s_1_20210118113301

2008年1月名古屋庄内緑地公園のゴイサギL57・5と飲み込めない鯉

2281 2521

2012年3月 与那国島の田んぼ カラシナサギL65cm

Dsc_6557s Dsc_6567s

2008年5月 舳倉島 ミゾゴイ L49cm

1461 Dsc_72651_20210118123901

2009年3月 石垣島 ズグロミゾゴイ L47cm

07616_085s_1_20210118210901

2007年6月千葉県印旛沼 サンカノゴイL70cm

07616_015s_20210118211101

2007年千葉県印旛沼 ヨシゴイL36cm

今までにブログに掲載したペリカン目サギ科のサギ類でしたが真鶴半島番場海岸のアオサギは最新の写真ですがブログには未掲載です。

サギは撮っても詐欺には騙されない、取られないようにしましよう❕

 

 

 

2021年1月15日 (金)

箱根駅伝とサギ

 2週間前の箱根駅伝をTV観戦時に、「コース、沿道での応援、観戦はお控えください。」とのTVからの呼び掛けがありました。正月2,3日それぞれ約7時間にわたるLIVE中継テレビ画面から何回も聞こえてきました。テレビ画面にはスタート、ゴール地点、区間中継地点、コース沿道などでの応援、観戦風景を見ているとかなりの密集、密接が見られたが箱根駅伝から2週間経ってこの沿道観戦でCOVID-19の感染がなければ良いと他人事ながら心配である。


例年の箱根駅伝のこの時季は恩賜公園・浜離宮庭園の正月イベント、諏訪流放鷹術を観覧席で撮影していたが今年は浜離宮庭園は令和2年12月26日~令和3年1月11日まで新型コロナ感染拡大防止のため臨時休園となり、諏訪流放鷹術の実演は中止となっております。この一年間晴れの舞台を夢見て腕を磨いてきた若い諏訪流門下生の皆さんはさぞかしガッカリしていると思われますがコロナ禍では、なによりも生命の安全には致しかないことです。

話を箱根駅伝に戻します。創価大学の往路初優勝と復路の十区ゴール寸前に十数年ぶりの総合優勝となった駒澤大学に劇的に奪われて波乱万丈の大会でした。先導する白バイにも波乱がありました。白バイと言えばHONDAの大型バイクでしたが今年は異変?がありました。外国産のBMWの電動スクーターです。国産ではまだ生産していない電動の大型バイク(スクーター)でした。遅れを取った今後のホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキなどの対応はどうなるのでしょうか?車とオートバイに興味がある人には気になります。

令和3年の一番目立った箱根駅伝の衝撃は白バイのフロントの標語です。都内を管轄する警視庁と神奈川県の神奈川県警との往路・復路の白バイの標語のたすきリレーは詐欺被害多発の世の中に白バイでヒットを飛ばしました。たすきの文字は「その電話サギかも」でした。小学生からお年寄りまで読めるタスキもどきの標語の文字でした。

 

Photo_20210115055101

箱根駅伝都内一区を先導するBMWの白バイ電動スクーター

Photo_20210115055201

白バイの襷(たすき)?の文字「その電話サギかも

Photo_20210115055202

復路九区のトップ創価大を先導する神奈川県警HONDAの白バイ、「その電話サギかも」標語の襷(たすき)は最終十区の警視庁白バイに繋がれます。

最近の詐欺(サギ)の種類はオレオレ詐欺からフィッシング詐欺、キャッシュカード詐欺、還付金詐欺、架空請求サギなど、最新ではマスク詐欺まで次から次と新手のサギが出てきて、2十種類以上のサギ被害が出ています。

同じサギでも鳥撮り屋には野鳥のサギに関心が大です。鳥のサギの種類も数多くありますが、中でも「寒中お見舞い」で貼りましたクロサギの白色型クロサギが詐欺にあったように気になります。写真は昔撮った成果物です。

028_20210114192701

白色型クロサギ 奄美大島大瀬海岸

0300

白色型と黒色のクロサギのつがいもいるようでした。

0350

白色型クロサギ

07312_001s_20210114193001

江の島のクロサギ シャッタースピード1/2500秒

07312_011s_20210114193001

江の島のクロサギ

07312_013s_20210114193001

江の島のクロサギ

07391_009s_20210114193101

真鶴半島のクロサギ

07391_035s_20210114193101

真鶴半島のクロサギ 昔の写真の再利用です

例年の最善は正月2,3日は浜離宮庭園の正月イベント諏訪流放鷹術の実演を撮影していましたがコロナ禍で休園を余儀なくされたので、次善の国民的行事のようになった二週間前の箱根駅伝の正式名称「東京箱根間往復大学駅伝競走」 のテレビ観戦のサギの記憶を記録にしました。

 

 

 

2021年1月13日 (水)

農活と脳活で回文です

 家庭菜園を営むご近所さんから農業活動(農活)の成果物である新鮮な大根を頂きました。お隣さんからは知り合いのレストランで8日からの二度目の緊急事態宣言で休業となり、商売用に仕入れた野菜が余ったのを頂いたので食べきれないと、おすそ分けと言いながら白菜とキャベツとトマトなどの野菜が届きました。
家庭菜園を持たないのに農活をしているかのような大量の野菜のプレゼントです。
野菜のトマトと言えば上から読んでも下から読んでも同じ回文です。子供の頃に遊んだ”竹やぶ焼けた” たけやぶやけた ”新聞紙” しんぶんし など回文遊びを思い出しました。

昔の仕事仲間は団塊の世代が多かったので仕事の天才であった彼等も今は爺さんになり、身内の老老介護の時を迎えて御苦労されていると思われます。更に追い打ちとして団塊の世代の年齢が75歳以上になる時期を狙って現在1割負担の医療費の窓口負担が2割に引き上げられ、彼らも自分も負担は増すばかりです。

父(ちち)母(はは)も漢字一文字の回文です。彼らが身内や父母を老老介護をする懸命な姿を回文にすると・・・老々で始まり老々でおわる

老老で爺さん天才児で老老(ろうろうでじいさんてんさいじでロウロウ)

老老でけだるき一日、生きるだけで老老
(ろうろうでけだるきいちにちいきるだけでろうろう)

老老に薬のリスクに老老(ろうろうにくすりのリスクにろうろう)

回文になっているかそれとも怪文か、NO活か脳活か詠み方次第です。

 

2021年1月10日 (日)

寒中お見舞い

令和三年一月・新型コロナ二年目・緊急事態宣言二度目

 厳しい状況の中に寒中お見舞い申し上げます

Img001-3_20210110121301

服喪中に潜んでいた松の内が明けましたので今年初のブログです。

Img001-4_20210110121401

昨年11月の年賀欠礼のご挨拶が行き届かなく、9通の年賀状を頂いた寒中見舞いの御挨拶です。

 

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト