« JR釧網本線の色々な入場券 | トップページ | 函館本線のわがまちご当地入場券と普通入場券 »

2021年2月25日 (木)

鶴見台ツルおばあちゃん回想録

 ブログは私的な(素敵な かも?)記録、後で読むと役に立つ覚え書き(メモ)のようなもので、後日開いてと見ると回想録にもなる。自伝は作者が自分の人生全体を語るもので、伝記は自分以外の他者によって書かれた人生の主な出来事。回顧録は作者の人生の一部に関するもので自伝と重なる部分が多い。回想録は回顧録よりより狭い時間範囲を対象としている。(自伝・伝記・回顧録・回想録などを一行で表した私的な解釈)
巣籠中の今回は15年前の六月
と14年前の二月の鶴見台のタンチョウ撮影と思い出「鶴おばあちゃん」と呼ばれた渡辺トメさんの「釧路湿原国立公園指定20周年記念出版(ツルになった おばあちゃん)」の伝記と15年前に初めてお会いした時の思い出とフォト回想録です。
このブログを開始したのは野鳥撮影を始めた2005年3月の1年3ヶ月経過後(遅れ)の2006年6月1日でした。このブログを始めた直後の6月3日に横浜を発ち4日より3週間の初北海道撮影旅の五日目は釧路湿原鶴居村、6月8日に鶴居村下雪裡鶴見台でタンチョウの撮影と翌年2月に再び訪問したお馴染みの鶴見台です。
06693-0050
06693-0340
06693-0631

2006年6月8日撮影。飛んでくるタンチョウの衝突防止の黄色いカバー付き電線がある鶴見台・渡辺トメさん宅庭先の小高い丘に群れるタンチョウ。この鶴見台は観光バスが必ず立ち寄る処、外人観光客のバスもかなり多く来る。この日はシンガポールから来た中国系の子供連れの団体客が来た時は、生憎タンチョウが飛び去った後で、大型レンズの600mmが珍しいのか皆で覗きにくる。エプソン・フォトビューワーP2000に収録したタンチョウの写真を披露すると皆さん喜んでくれたので、国際親善をしたようだ。彼らがバスの戻った直後にタンチョウが飛来して来たのでバスまで行き、タンチョウが来たと教えてあげる、発車間際の観光バスが時間延長して乗客全員がタンチョウを観光。帰りに彼ら全員から謝謝と言われていい気分になった。私が自販機でお茶を購入したのを見ていたのか、手ぬぐいを頬被りしたおばあさんが「ありがとうございます」と近づいてきた。この人が鶴居村観光ガイド掲載の有名人だと直感した。この時が鶴おばあちゃんとの最初の出会いであった。その後数年間は鶴見台に行くたびにここの自販機で買う度に鶴おばあちゃんにボトルを向けて”買ったよ”と合図をすると喜んでくれた。自分の庭先に来るタンチョウを見に来る向かいのレストランの自販機を買う観光客の愚痴とマナーの悪い外国人の愚痴をこぼすことなどを聞くことが多かった。これが縁で観光客の居ないときは誰も見ていないからと自宅の庭先での撮影を勧めてくれたのでご自宅庭先での撮影は普段は撮れない小高い丘の後まで見える特別席の撮影が出来た。 

三年前の2019年4月28日朝日新聞デジタル「鶴のおばあちゃん」の訃報記事です。ここにツルおばあちゃんの功績がまとめられています。今年は三回忌です。
 国の特別天然記念物タンチョウの保護のため、給餌(きゅうじ)の草分けとして長年にわたって給餌活動を続けてきた北海道鶴居村の渡部トメさんが26日夜、老衰のため死去した。99歳だった。 渡部さんは、絶滅の危機に瀕(ひん)したタンチョウを守るため、自宅の牧草地を開放し、1962年から給餌活動を始めた。餌が不足する冬場、一輪車にトウモロコシを満載し、待ちかねたタンチョウに与えた。生前は「鶴のおばあちゃん」として村民や野鳥愛好家らから親しまれた。 長男正博さん(78)によると、給餌を始めたころは20、30羽だったタンチョウはその後、徐々に数を増やし、今では200羽を超すこともあるという。10年ほど前からは体が弱ったトメさんに代わって次男の繁博さん(71)が給餌を受け継いでいる。2001年には長年の給餌活動に対し勲六等瑞宝賞が贈られた。

 渡部さんの死去を受け、大石正行村長は「鶴居村の名声を高められたことは村民の誇り。タンチョウを守り続ける遺志を受け継ぎ、子どもたちに広く伝えていきたい」とのコメントを出した。以下略

「鶴おばあちゃん」こと渡辺トメさんの伝記です。2007年5月12日発行 (話)渡辺トメ(文)伊藤重行(カラー写真)和田正弘 P44~63は三か国語訳(韓国語・台湾語・英語) 中西出版(株)

Img015-2_20210223154401

2007年5月21日初版発行・中西出版 表紙と帯 P44~63に渡辺トメさんの話を英語・韓国語・台湾語の訳付

Img016-2_20210223155801

35頁モノクロ写真の渡辺トメさんのタンチョウが給餌に来るお庭の入口の掲示板類


巻末の63頁に(渡辺トメさんに対する表彰)が記されています。

北海道文化財保護功労賞(昭和56年)
北海タイムス社会善行賞(昭和56年)
鶴居村文化功労章(昭和57年)
第33回NHKk紅白歌合戦審査員(昭和57年)
勲六等瑞宝賞(平成13年)

このフォト伝記が発刊されたのは2007年5月でその後の表彰記録は不詳です。この3ヶ月前の2007年2月15日~22日の二度目の北海道撮影旅、初めての冬の北海道撮影旅行でした。
釧路湿原の5つのエリアの中で一番広い観光バスが良く立ち寄る鶴見台に午前10時半頃、苫小牧に戻る直前に寄りました。晴天の下でタンチョウが数十羽が、トウモロコシの採餌・鳴き合い・威嚇・飛立ち・着地などの動作があちこちで見られました。


072153-0460

600mmで撮影した鶴見台の看板

07221_189s_20210224205101

夏に見えた小高い丘の草地は真っ白い雪に覆われここにトウモロコシが撒かれていた

07221_033s_20210224205101

この時期(2月3月)は求愛ダンスが見られる

07221_034s_20210225122201

求愛デイスプレイは鳴きあいや求愛ダンス

072153-0580-2

072153-0670

 

072153-0920

雪裡川下流の塒のある音羽橋方面から鶴見台に飛んでくるタンチョウ

072153-2700

次から次に舞い降りて来るタンチョウ

072154-1410

衝突防止の電線カバーを飛び越えてトウモロコシを啄みに降りて来たタンチョウ

鶴見台には名物おばあさんの渡部トメさんがいます、ここの地主でもあり、この鶴おばあちゃんの管理する自動販売機で飲み物を買うとご機嫌が良い、行く度に自販機でお茶かコーヒーを買って、このおばちゃんに買ったよと挨拶すると、ありがとうございますと返事が返ってくる、ここの鶴おばあちゃんです。

15年前に初めて鶴見台で撮影した6月のタンチョウと14年前2月に初めて撮影した鶴見台冬季のタンチョウのフォト回想録。鶴おばあちゃんと呼ばれた渡辺トメおばあちゃんのフォト伝記・写真集。朝日新聞デジタルの今年で三回忌の渡辺トメさんの訃報記事でした。




« JR釧網本線の色々な入場券 | トップページ | 函館本線のわがまちご当地入場券と普通入場券 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR釧網本線の色々な入場券 | トップページ | 函館本線のわがまちご当地入場券と普通入場券 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト