« 昔日の記録・松法漁港の大鷲 | トップページ | 流氷・バードウォッチング »

2021年2月16日 (火)

羅臼のスケトウダラ刺し網漁

 巣籠の継続中は昨日の松法漁港のオオワシの続きです。14年前の冬の北海道で2月16日~19日まで知床・羅臼で三泊四日の撮影旅でした。初日に鷲の宿の女将さんにシマフクロウを撮影した翌朝に羅臼港に集合の流氷クルーズ船を予約しておいた、初めての流氷観光船は宿の女将さんが電話口で長谷川さんの観光船と聞こえていたが船名はエバーグリーン号であった。この日は羅臼港近海には流氷は全く見られず、流氷観光船はスケソウダラ観光船に早変わりした。


0721-0801
羅臼港と羅臼の街並みと国後島が一望できる「羅臼国後展望塔」がある望郷の森、国後からの日の出直後の風景
0721-0030
日の出直後の羅臼港、この日は流氷がないので流氷クルーズ船の出港は取り止め、スケトウダラ船団もここに来て、流氷の多い日はこの展望塔から状況を見てから出港する
0721-0810
日の出直後の羅臼連山の羅臼岳などの山々が一望できる
07217-0011
この日は流氷がないので流氷クルーズ観光船の船長の計らいでスケトウダラ刺し網船団の観光、出港直後の氷上クルーズ船上からの羅臼港の風景
07217-0061
羅臼港岸壁のオオワシに見送られての出港
07217-0100
羅臼港出港直後にスケトウダラ刺し網漁の船が操業中
07217-0110
07217-0131
刺し網の巻き上げ中、オコボレを目掛けてカモメが群がって来る
07217-0090
クルーズ船上からの羅臼港と羅臼岳
07217-0171
07217-0181
刺し網船団
07217-0210
操業中のスケソウダラ刺し網巻き上げ機の様子
07217-0220
07217-0230
Photo_20210215121601  Photo_20210215120801
明太子はこのスケトウダラあるいはスケソウダラと呼ばれる魚の卵巣
07217-0501
青空に二羽のオオワシ飛翔
07217-0531
07217-0561
羅臼の雪山を背景にオオワシ
07217-0580
オオワシ2羽の空中ダンス?
07217-0591
オオワシの空中ダンスに見えた!
07217-0650
07217-0751
一日目と三日目は鷲の宿に宿泊、二日目に宿泊した「よね丸」は漁師経営の民宿で魚料理と刺身が美味かった。二日目は外国人で鷲の宿が満員で女将さんからここを紹介された。
07217-0871
羅臼港のオオワシ
07217-0921
07217-1021
光り輝く海と羅臼港岸壁のオオワシ
流氷が見えない日はオオワシとオジロワシ野鳥撮影が目的で乗船した流氷観光船がスケソウダラ漁の観光船に早変わり、当時は流氷観光クルーズは2~3時間で料金8000円の記憶であったが長谷川船長からこの日の料金は2000円であった。
目的の流氷のオオワシ・オジロワシ野鳥撮影で翌日も流氷観光船に乗船予約をした。

« 昔日の記録・松法漁港の大鷲 | トップページ | 流氷・バードウォッチング »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔日の記録・松法漁港の大鷲 | トップページ | 流氷・バードウォッチング »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト