« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月30日 (火)

三ッ池公園・桜フォト散歩

 三日前に翌日は雨の予報に満開のサクラ見納めと思い、車で20分の三ツ池公園のサクラ・フォト散歩の帰りに、近所のマーマー保育園の卒園式の当日でした。保育園の駐車場横の満開のソメイヨシノを撮りましたが階段に咲くソメイヨシノが卒園式を祝うように咲く満開の一枚と三ツ池のサクラ・フォト散歩の三十枚の🌸です。

撮影日3月27日(土)

_dsc8276-2

保育園のソメイヨシノ

_dsc8071-2

午前7時三ッ池公園の桜フォト散歩は下の池前の水辺の広場から始まる

_dsc8092_20210330105201

水辺の広場の右手には天馬の像「馬超龍雀」が見える

_dsc8101

水辺の広場を右回りから下の池を巡るフォト記録

_dsc8103

いきなり老木のソメイヨシノの胴咲サクラ

_dsc8106

中央の桜は下の池から撮影した売店左の三ッ池公園開花標準木

_dsc8107

右手にプールのある場所にコロナ対策の看板

_dsc8109

中の池と下の池を区切る遊歩道は花盛りを終えた横浜緋桜

_dsc8112

テニスコート脇の大島桜

_dsc8115

大島桜にも胴咲サクラが咲く

_dsc8118

さまざまのこと 思ひ出す 桜かな 芭蕉の看板

_dsc8119

コロナ禍の対策看板と飲食伴う花見の禁止と左側通行のお願い

_dsc8120

売店・標準木開花木・中の池方向への左側通行の→

_dsc8125

売店横のソメイヨシノ

_dsc8129_20210330111701

売店横の三ッ池公園・開花標準木

_dsc8139_20210330112101

開花標準木の胴咲桜

_dsc8143

開花標準木の隣に咲く薄いピンクの「苔清水」
_dsc8148_20210330112401

右は中の池、左は下の池 見頃は散った早咲きの横浜緋桜

_dsc8155

中の池の看板と中の池のキンクロハジロと染井吉野

_dsc8164

中の池の山桜

_dsc8167

里の広場 例年ならばブルーシートの花見の宴が広がる処

_dsc8170

染井吉野(ソメイヨシノ)

_dsc8178

白妙(シロタエ)

_dsc8188

里の広場前の遅咲きの紅豊はまだ蕾

_dsc8194

花の広場前のエドヒガンは花盛りは終わる

_dsc8202

遊びの森方向

_dsc8206

売店方向

_dsc8212

上の池

_dsc8214

南門・水の広場横

_dsc8220

水の広場の花筏

_dsc8232

滝の広場の上、休憩所付近の老木の根元は雑草と咲く胴咲桜

_dsc8247

丘の上の広場の看板

_dsc8248_20210330120001

丘の上の広場のソメイヨシノ

_dsc8252

丘の上の広場の下り坂を下りて来ると下の池の天馬の像

まだ人の少ない午前七時から八時までサクラ満開の三ッ池公園の三つの池を🌸フォト記録のフォト散歩でした。歳をとるとあと何回の満開のサクラを鑑賞できるのか感傷的になる年頃になりました。

 

 

 

 

 

 

2021年3月27日 (土)

三ツ池の櫻と天馬の像

 県立三ッ池公園は日本さくらの会によって「さくらの名所100選」に選ばれた78品種1600本と言われる桜は早咲きから遅咲きまでさまざまなサクラを長く楽しむ事ができるます。撮影日の27日(土)は下の池の売店横の開花標準木が3月19日に開花しソメイヨシノの満開の時季でした。今回は「馬超龍雀」と言われる中国遼寧省から贈られた天馬の像とソメイヨシノとのコラボです。

Img016-2_20210327142001

三ッ池公園マップ

撮影日3月27日(土)晴天AM7~8時

_dsc8260-2_20210329150901

正門から入るとパークセンター(管理棟)の前を通り、芝生の広場の正面に下の池周囲のソメイヨシノは満開、午前8時前の花見客は例年に比べるとまだチラホラ

_dsc8263-2

芝生の広場の左にお隣の中国とは領土問題などで最近は友好関係とは言いがたいが中国遼寧省から友好の記念として寄贈された‘天馬の像’「馬超龍雀」像が満開の染井吉野の中で宙を疾走している

_dsc8078-2

太陽を背に近づく馬超龍雀と題する馬の銅像が設置されいる、中国遼寧省人民政府からの寄贈であるとの説明がしてある。

_dsc8083-3

日本語の部分のみトリム

_dsc8079-2

「馬超龍雀」像は桜に彩どられた天馬の広場の一角に馬が首を上げ、尾を仰向け、三本の足を空に舞いあがらせ、右後足を龍雀(飛燕)にかけて、疾走する姿が天を駆けるように躍動感にあふれている。

_dsc8088-2

天馬の像の説明によると実物は甘粛省武威で1969年に出土し、甘粛省博物館に保管展示されている1700年以上前のものであるらしく、躍動感に富む馬の姿は飛燕の上(燕よりも早く走る姿をあらわす)に一本の脚のみによって支えられ、力学的平衡原理が正確に計算されているといわれる。

_dsc8252-2

初めて正面から撮影してみた、躍動感あふれる馬体です

_dsc8257-3

縦撮りのままです、補正しないと疾走する馬を失笑ものです。

_dsc8257-2

上の縦撮りを補正して起こしました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月25日 (木)

十年前の三月の一ヶ月間

 2月には福島と宮城の両県で震度6強を観測した地震に続き、お彼岸の3月21日午後6時9分頃宮城沖を震源とする地震があり、最大震度5強を観測、これらの地震は2011年3月11日の東日本大震災を引き起こした余震と考えると気象庁の発表であった。昔から怖いものは地震・雷・火事・親父と教わってきたが昭和の時代には親父の権威がなくなり、怖いものから外されたが十年前から怖いものは、大地震と大津波の震災と原発事故となった。地震と津波は自然災害であり震災大国の日本では仕方がないと思われているがが原発事故は十年前に安全神話が崩壊した人災である。安全神話は原発事故が起きるまでは、メディアなどの根拠もない神話に「絶対に安全と思っていた」原発事故が起きるまでは人々が安全・安心を信じていた事と思われます。怖いもの知らずの無鉄砲のような自信に満ちていたものと思われます。
十年前の3月は百年に一度と言われる大地震と大津波が起きた東日本大震災の月、安全神話が崩壊した3月でした。
あろうことかその十年前の三月にはブログを休んだのはたったの二日間でした。
怖いもの知らずの無鉄砲そのもの桜の時季でした。

さまざまのこと 思ひ出す 桜かな   芭蕉

_dsc7901-2_20210325132201

県立三ッ池公園の桜絵巻

十年前の東日本大震災の三月に公開したブログ一覧

3月1日  黄頭鵐(キガシラシトド)Ⅲ
3月2日  水場の銀椋鳥(ギンムクドリ)
3月3日  桜木と銀椋鳥
3月4日  近所の百舌鳥
3月5日  近場の百舌鳥
3月6日  長元坊の大きな獲物
3月7日  ブログの休日、毎年誕生月の3月は夫婦旅行でした。
3月8日  ブログの休日、法師温泉と奥塩原新湯温泉二泊三日
3月9日  ハヤブサの目は七変化
3月10日 法師温泉 長寿館
3月11日 奥塩原新湯温泉 渓雲閣
3月12日 春楡と紅猿子
3月13日 春楡と紅猿子Ⅱ
3月14日 小耳木兎の面相
3月15日 小耳木兎の獲物は野ネズミ
3月16日 葦鴨と巴鴨
3月17日 画眉鳥
3月18日 鷦鷯(ショウリョウ)
3月19日 茅潜・萱潜
3月20日 小耳木菟の空中停止
3月21日 百舌の雌雄
3月22日 百舌の雌
3月23日 百舌の雄
3月24日 オカメとメジロ
3月25日 寒緋桜とメジロ
3月26日 おかめ桜と鵯
3月27日 頭高
3月28日 雪の頬白
3月29日 長元坊の番
3月30日 長元坊に春が来た
3月31日 横浜の桜開花

まだこの頃は目標の野鳥撮影400種が未達で毎日のように野鳥撮影とブログを書いている時期でした。


_dsc8004-2
今頃は桜名所100選の県立三ッ池公園のソメイヨシノは満開と思われる


今日の3月25日は新型コロナ感染拡大の影響で1年延期された東京五輪の聖火リレーが25日、東日本大震災から10年の福島県からスタートした。大会理念の「復興五輪」を象徴する場所として、東電福島第1原発事故の収束作業の拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発。7月23日の開会式で国立競技場の聖火台に点火されるまで、121日間をかけて日本列島を巡り、約1万人のランナーが聖火をつなぐ旅が始まった。

このブログの旅も野鳥撮影目標400種は2012年11月に達成したが日本100名城のスタンプラリーなどが未達でまだまだ旅は続くつもりだが首都圏の緊急事態宣言が解除されても、安全・安心の遠征にはワクチン接種が待ち遠しい今日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月23日 (火)

🌸三ツ池公園はまだ三分咲き

 昨日の朝は、曇り空で風の吹く中に桜の名所県立三ツ池公園を桜散歩してきました。90mmΦ55のマクロレンズで桜花の接写を目的にフォト散歩です。
三ツ池公園のソメイヨシノの開花標準木はまだ二分咲きか三分咲き程度でまだ花見には早かったが横浜緋桜は見頃を迎えていました。
今年の三ッ池公園は酒を飲みながらの花見などの宴会は禁止で、歩きながらの花見を推奨していました。

撮影日2021年3月22日曇り・風力4m・午前7時~8時

_dsc7903-3

売店の横

_dsc8006

例年ならば花見の宴会が多い花の広場

_dsc8021

所々にあるKEEP LEFT

_dsc7963-2

中池と下池を区切る遊歩道に横浜緋桜は満開

_dsc7928-2

満開の横浜緋桜

_dsc7932-2_20210323121201

横浜緋桜のマクロ写真

_dsc7957-2

三ッ池公園の開花標準木はまだ二分か三分咲き程度

_dsc7962-2_20210323124801

老木になるほど胴咲が多くなる

_dsc7959-2

開花標準木の胴咲サクラ、幹の部分から直接咲いている。
_dsc7973-2

山桜

_dsc7995-2

エドヒガン桜

_dsc8000-2

大島桜 園内でひときわ青白いサクラ

_dsc8010-2

シダレソメイヨシノは染井吉野よりも早咲きで花盛りは過ぎていた

_dsc8013-2

シダレソメイヨシノ

_dsc8047-2

染井吉野のマクロ

_dsc8041-2

万里香
_dsc8054-2

苔清水

_dsc8062-2

大島桜の若木のマクロ

78種1600本のサクラ名所100選の県立三ッ池公園、この日のサクラのフォト散歩では染井吉野の見頃は週末のようです。今は早咲きのサクラが終わり、ソメイヨシノが咲き始め、遅咲きはまだ蕾でした。

 

 

 

 

 

2021年3月21日 (日)

15年前の今日・名刹の野鳥フォト記録

 現役引退した2001年6月の翌年から始めた趣味のサクラ撮影から2005年3月に野鳥撮影に転向、2006年6月1日より「ケンさんの探鳥記」のブログを開始する3ヶ月前のフォト記録。2006年3月21日のお彼岸の中日に冬鳥のヒレンジャクと野鳥を名刹の境内で撮影しました。いまだに未公開のほとほとに古いフォト記録です。
15年前の今日のフォト記録。日産スタジアム前から車を運転して、川崎市・横浜市・町田市の流域を流れる全長42・5kmの鶴見川沿いを、町田市内にある鶴見川の源流方向に向かう。町田市三輪町の古刹の境内に欅の大木に連雀の好きなヤドリギの実が成り、お寺に隣接する屋敷林などの梅の花や雑木林には花蜜を求めるメジロやヒヨドリなどがいました。

撮影日2006年3月21日

007

早朝の朧月とヒレンジャク、お墓参りの邪魔にならない時間の撮影

009

朧月夜のヒレンジャク

018_20210321124601

ヒレンジャク 四羽合せ(しわわせ)幸せ?

0040

ヤドリギとヒレンジャクの群れ

0020

境内のヤドリギの実とヒレンジャク

030s

枝垂桜の蕾で?採餌の休憩

034s

ヤドリギの実の採餌後はお寺でも数珠つなぎは蕾よりも大 

1781

ヤドリギ実の採餌後はこの水場に来ます

1821

1871

お寺の泉水を飲むヒレンジャク

0211

新芽に2羽のヒレンジャク

0121

070s

冬鳥のジョウビタキ♂ 背景は椿

051

藪にガビチョウ

117s

梅にメジロ

128

梅にヒヨドリ

2021年3月20日 (土)

お彼岸の塔婆供養

 生涯学習とは良く言ったもので80歳を過ぎても無知であると自覚したお彼岸の塔婆の申し込みでした。無知は「知らないことを自覚する」と言う高尚なことではなく、単なる無茶であった。

Img001-2_20210320112301

菩提寺の天宗山東林寺さんから彼岸入りの前日に「東林寺 便り」を頂きました。緊急事態宣言のなか感染拡大に注意しながら法事を執り行っているなど檀信徒宛の「ごあいさつ」と「お彼岸」の案内で「お彼岸塔婆供養」を恥ずかしながら初めて知りましたので、三月十七日の彼岸入りお墓参りの当日に両親の塔婆を申し込みましたが副住職様から10分後に父母それぞれの戒名の塔婆をその場で頂きました。
大変有難いことです。

本来ならば「東林寺 便り」にも記述されていましたが、事前の申し込みをお墓参りの当日にお願いして、その場で快諾していただきました。

仏教では、塔婆供養は故人の追善供養(ついぜんくよう)になります。追善供養とは、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という仏教の教えからくる儀式です。
塔婆を立てることが善行につながると言われますが、このような塔婆の申し込みでは故人も喜んでくれる善行とは言えないと深く反省しています。今後は年忌法要やお盆の施餓鬼会の塔婆の申し込みと同じように事前の申し込みを必須に心掛けたいと思います。生涯学習は趣味の範疇ですのでカテゴリーは趣味にしました。

  

2021年3月18日 (木)

室蘭本線の入場券

 室蘭本線ご当地入場券は2018年11月8日のブログに公開済ですが今回は一部の駅の観光旅行記念入場券・マルス入場券・常備入場券・硬券入場券などを追加して「室蘭本線の入場券」として岩見沢から長万部に南下する方向で再編成しました。2020年7月12日より沿線の白老駅にウポポイ(民族共生象徴空間)が開業した。室蘭本線はJR北海道が運行している鉄道路線の一つで、長万部駅から岩見沢駅まで及び東室蘭駅から室蘭駅までの218.0キロメートルを走っており、この間の駅数は47駅ほどあります。

 室蘭本線(むろらんほんせん)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線幹線)である。北海道山越郡長万部町長万部駅から、室蘭市苫小牧市等を経て見沢市の岩見沢駅を結ぶ本線と、室蘭市の東室蘭駅から室蘭駅までを結ぶ支線からなる。長万部駅と岩見沢駅の両端で函館本線と接続している路線であり、長万部駅 - 苫小牧駅間では海沿いを、苫小牧駅 - 岩見沢駅間では内陸部を走る。
現在、全線を通して運転される旅客列車は無い。長万部駅から千歳線と接続する沼ノ端駅までの間は札幌駅発着の特急列車が多く経由する区間となっており、札幌市函館市とを結ぶ動脈の一部となっている。このうち室蘭駅 - 東室蘭駅 - 沼ノ端駅間は交流電化されている。一方、沼ノ端駅 - 岩見沢駅は優等列車の運転が無く、ローカル輸送が中心となっている。(出典:ウキペディア) 

北海道南西部を走る JR北海道。全長 217.4km。長万部岩見沢間 209.3kmで,東室蘭-室蘭間 8.1kmの支線をもつ。長万部で函館本線から分岐し,内浦湾北岸沿いに走り東室蘭を経て苫小牧にいたり,内陸部をほぼ北進し岩見沢で再び函館本線に合する。

Photo_20210317223801

JR北海道路線図 室蘭本線は赤色の路線、 長万部から内浦湾沿いに、東室蘭から太平洋岸、苫小牧から内陸に入り沼ノ端から千歳線と分岐して岩見沢へ。東室蘭⇒室蘭 支線を含む室蘭本線

Photo_20210317223501

北海道南西部を走る JR北海道。全長 217.4km。長万部岩見沢間 209.3kmで,東室蘭-室蘭間 8.1kmの支線をもつ。長万部で函館本線から分岐し,内浦湾北岸沿いに走り東室蘭を経て苫小牧にいたり,内陸部をほぼ北進し岩見沢で再び函館本線に合する。

Img008-3_20210317231001

わがまちご当地入場券 岩見沢駅

Img006-2_20210317225001

183系初期型入場券 岩見沢駅と軟券常備入場券

Img0151-4

わがまちご当地入場券 栗山駅

Img0151-2

わがまちご当地入場券 由仁駅

Img0151-5

わがまちご当地入場券 早来駅

Img010-2_20210317231601

わがまちご当地入場券 苫小牧駅、マルス入場券と常備入場券

Img013-2_20210317231901

わがまちご当地入場券 白老駅と硬券入場券。ウポポイとは北海道の先住民族アイヌ文化の復興と発展のナショナルセンターが2020年7月12日より開業した白老駅。

Img0106_20210319142801

わがまちご当地入場券の裏面(ウポポイの完成前はアイヌ民族博物館があった)

2020年(令和2年)7月12日開業日にウポポイを見物、内部のイベントは全て予約制で建物の外観のみの見学で終える。ウポポイは北海道白老郡白老町にある「民族共生象徴空間」の愛称。主要施設として国立アイヌ民族博物館、国立民族共生公園、慰霊施設を整備しており、アイヌ文化の復興・創造・発展のための拠点となるナショナルセンター。

Img011-2_20210317232701

上から登別駅の硬券観光旅行記念入場券・マルス入場券・わがまちご当地入場券

Img012-2_20210317233001

東室蘭ー室蘭の支線・室蘭駅の硬券観光旅行記念入場券・マルス入場券・わがまちご当地入場券の室蘭駅

Img0151-3

わがまちご当地入場券 伊達紋別駅

Img00311

わがまちご当地入場券 洞爺駅

Img0043

2008年7月7日~7月9日まで北海道洞爺湖サミット開催地。

Img014-2_20210318102701

わがまちご当地入場券 小幌駅

Img0151

列車でしか行かれないトンネルに挟まれた豊浦町の秘境駅

Img00310_20210318104501

わがまちご当地入場券 長万部駅

Img0041_20210318103801

34年前に車で家族旅行、1987年8月の夏休み最後の青函連絡船で北海道に渡り、最初に宿泊した長万部の宿で家族3人で食べた毛ガニが美味かったのを思い出す。ここの名物は毛ガニ弁当でもある。1988年3月で青函連絡船は青函トンネルにバトンタッチした。その後の北海道撮影旅行は大洗港から苫小牧港のフェリーに替った。2030年北海道新幹線長万部駅開業予定。

 

 

 

 

 

 

2021年3月16日 (火)

赤い実を啄む黄連雀(キレンジャク)

 以前にも述べたが、野鳥撮影は2005年3月から、ブログは1年3ヶ月後の2006年6月1日から始めた。そのためにこの1年三ヶ月間に撮影した野鳥写真は殆ど公開前である。15年前の今頃は緋連雀(ヒレンジャク)黄連雀(キレンジャク)の撮影で信州・甲州・相州・武州など関東甲信越の連雀のポイントで、ヒレンジャクの中に紛れ込んでいるまだ見ぬキレンジャクを探し求めていた。
鳥友から諏訪湖畔のナナカマドの実を啄むヒレンジャク数百羽の中にキレンジャクが1,2羽混群で採餌しているとの情報で信州・諏訪湖まで遠征した。

「日本の野鳥」図鑑ではキレンジャクL20cm、雌雄同色で全体はベージュ色に近く、過眼線と喉は黒色。顔の全面には赤褐色味があり、頭には冠羽がある。翼は黒く、次列・三列風切りの羽先には蝋のような質感の赤い突起物がある。腰は青灰色。尾羽は黒く、先は黄色で、その先にも蝋状の赤い部分がある個体もいる。

ヒレンジャクはL18cm、キレンジャクに似ているが、尾羽は灰黒色で羽先は緋色、その内側は黒い、大雨覆は暗赤色。初列風切は黒褐色で羽先は白く、その白い部分に赤い斑のある個体もいる。次列風切りは青灰色で羽先は黒い。

撮影日2006年3月25日

0180

諏訪湖湖畔午前6時30分頃 連雀の群れの一部

0252

緋連雀の中に黄連雀が混じると言われたが・・・

0260

なかなかキレンジャクは見当たらず!

0491

ナナカマドの実を啄む緋連雀ばかり

0531

1151

あ~!羽先が黄色い黄連雀だ!!ここから後は行方知れず

1921

これも緋連雀

3430

3時間後のナナカマド、気が付くと頭の上にキレンジャク、ラッキー!

3470

動くと飛ばれそうなのでそのまんまの東、気付いたカメラマンは道の反対側からの撮影、動くと飛ばれるので近すぎる撮影を余儀なくされる

3530

640では本当に近すぎた

3600

ナナカマドを啄む

3620

構図が不自由、嘴の先が汚れているところまで写る

3690

640では目に焦点を合わせると黄色い尾羽がピンアマになる

3710

諏訪湖畔のナナカマド並木のキレンジャクでした

熱望していて偶然に撮れた初見初撮りのキレンジャク、15年前の名刺はこの大写しを使用していました。

2021年3月12日 (金)

河津桜と185系特急「踊り子号」

 3月12日今朝のメディアは、国鉄時代から「踊り子」などで親しまれた185系が今日でお別れとなるラストランのニュースに着目した。
引退する185系特急踊り子号が東京駅を出発するラストランの撮影をするニュースが流れ、ラストランを一目見ようと正午に出発する予定で東京駅には大勢のファンが集まっていた。伊豆急沿線の人気の撮影スポットでは鉄オタが線路内に立ち入りなどの危険行為などのマナー違反の防止を呼び掛けていた。



二年前から今日の185系特急踊り子号の引退の噂をを耳にしてから、満開の河津桜と185系踊り子号を記念に撮りためていました。2019年2月26日と2020年2月15日に撮影した河津桜と伊豆急河津駅付近の195系特急踊り子号のある日の雄姿です。

_dsc76430

河津桜満開の河津川鉄橋を渡り河津駅に到着する185系特急踊り子号、七両編成では河津川橋梁では全車両が橋上に撮れません

_dsc764611

河津駅に入線する上りの185系特急「踊り子号」

_dsc765021

撮影日2019年2月26日17:02 河津駅上りホームにて撮影

_dsc10761

2020年2月15日河津川鉄橋を渡る185系特急踊り子号

_dsc10770

カメラを構える左隅の鉄男と鉄子の鉄オタクかな?

_dsc10820

東京行き185系特急踊り子号

_dsc11170

河津川鉄橋と185系踊り子号

_dsc11200

河津川橋梁付近で撮影ポイントを探す若者達

_dsc12010

185系特急踊り子号の下田行き下りと満開の河津桜

_dsc12011_20210312171001

河津川橋梁を渡る直前の185系下田行き下りの踊り子号ヘッドマーク

_dsc12170

185系特急踊り子号東京行き上り 河津川鉄橋

_dsc12190

上り 河津川鉄橋と河津さくら

_dsc133401

河津さくらと185系特急踊り子号

_dsc12971_20210312171901

185系「踊り子号」東京行最後尾の赤いテールランプの哀愁列車

_dsc76502

185系特急「踊り子号」の河津駅ホーム入線のヘッドランプ

西暦2021年令和3年の今年は昭和でいえば昭和96年、185系は旧国鉄時代の昭和56年(1981年)に運行を始めた。「踊り子号」は人々に人生いろいろな思い出を残して、国鉄時代から40年間お疲れ様でした。

2021年3月10日 (水)

三ツ池の早咲き桜と野鳥

 3月7日の誕生日がコロナに負けそうと題したが、巣籠中の4ヵ月継続はコロナに負けたようなもだが?久し振りの好天に誘われて、日本さくらの会によって、「さくらの名所100選」に選ばれている県立三ッ池公園へ、ここは16年前に野鳥撮影で公園デビューした記念すべき公園である。今年は例年3月16日~4月15日の「さくらまつり」がコロナ禍により中止の公表となりましたが、早咲きの桜は2月25日に修善寺寒桜の開花、3月4日に寒緋桜・オカメ桜・枝垂桜などの開花が三ツ池公園のHPに公表されていました。
県立三ッ池公園のリーフレットから公園の地図と早咲き桜のガイドです。

Img016-2_20210310155701

Img017-2_20210310154501

久し振りの三ッ池公園はセキュリティポスト1の正門駐車場(3月15日まで無料)に車を停めて、セキュリティポスト13の南門・水の広場で開花しているが既に若葉が出て来た修善寺寒桜の吸蜜に来たメジロとヒヨドリの撮影です。

撮影日3月10日

_dsc7887-2

若葉が出て来た修善寺寒桜

_dsc9904-2_20210310161801

修善寺寒桜とメジロ

_dsc9948-2

修善寺寒桜を吸蜜する目白

_dsc9962-2

_dsc9965-3

修善寺寒桜とメジロ

_dsc9839-2

ヒヨドリ

_dsc9876-2

修善寺寒桜とヒヨドリ

_dsc7910-2

セキュリティポスト10付近・休憩所の枝垂桜

_dsc0306-2

枝垂桜のメジロ

_dsc0317-2

枝垂桜を吸蜜のメジロ

_dsc0347-2

寒緋桜のメジロ

_dsc0376-2

寒緋桜は釣鐘状に下向きに開花、思案?のメジロ

_dsc0437-2

寒緋桜の吸蜜のメジロ

_dsc9784

寒緋桜のヒヨドリ

_dsc7899

セキュリティポスト31テニスコート更衣室前付近のオカメ桜

_dsc0049-2_20210310171701

オカメとメジロ

_dsc0146-2

オカメと吸蜜するメジロ

_dsc0141-2

オカメ桜とメジロの嘴に黄色い花粉

_dsc7904-3

公園内の散歩は人との距離を取るように目安の距離が示されてコロナ対策を行っていました。

好天に恵まれた久し振りの桜撮影と野鳥撮影でしたが、歩く歩幅は狭くなり、速度も遅くなり4ヶ月の巣籠は体力・気力の衰えを自覚させられました。

2021年3月 7日 (日)

コロナ禍で負けそう健康寿命!

 niftyからの誕生日祝いをいただきました。

Mvimg-2

十年一昔と言うが二十年二昔とも言えなくはない。緊急事態2週間延長された今日の3月7日誕生日も引退後に20回を数えた。2001年(平成13年)6月に現役を引退してから令和3年の今年で20年も歳を取った。20年前までを思い出すままに一言で簡単に纏めると入社以来の永年にわたり、管理組織の中で上司や社命により記憶にある全ての仕事は管理サークルを廻すことが業務の基本であった。最初は品質管理、それから業績管理、事業部の売上・利益管理、そして経営管理など全ての社業について、管理サークル(P・D・C・A)を廻して業務を遂行していた。

Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(評価)⇒Action(改善)

この管理サークルを廻し計画を実現することで「働きがい」を満たしてきた。管理組織を卒業してから20年も過ぎ去った。この間「働き甲斐」から「生き甲斐」を求めて、自由気ままに20年過ごしてきた。生きがいを考えるうえでマズローの「欲求の5段階説」「①生理的欲求」「②安全欲求」「③所属欲求」「④自尊欲求」を満たした最上位の「⑤自己実現欲求」、自身の能力を最大限に発揮したいという欲求を満たすことで満足感や幸福感を感じ、生きがいを感じることが出来る。
20年前の初春から初夏にかけて日本のサクラの名所を追いかけることから始まり、16年前に野鳥撮影に転じ、ブログの野鳥撮影に開眼して15年も過ぎた、この間自己の実現を果たし生き甲斐を感じての20年目での今日の誕生日を迎えた。

誕生日が来たぞ~81になったぞ~!!男の平均寿命に到達したぞ~⁉

令和元年簡易生命表の平均寿命の年次推移(表2)によると、男の平均寿命は
81.41年、女の平均寿命は87・45年となり前年と比較して男は0・16年、女は0・13年上回っている。表1の令和元年・主な年齢の平均余命では男の60歳の平均余命は23・97歳、男80歳の平均余命は9・18歳である。

Img012-3_20210305101901

厚生労働省の資料、2001年(平成13年)の男の平均寿命は78・07歳、最新の令和元年では81・41歳、この間に男の平均寿命は3・34歳も延命した。

Img010-2_20210304213801

平均寿命よりも健康寿命が大切。厚生労働省が発表する健康寿命は5年に一度、最新データは2016年(平成28年)、次回は今年の2021年であるがまだ公表されていません。

健康寿命とは、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間
2000年にWHO(世界保健機関)が健康寿命を提唱して以来、寿命を延ばすだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかに関心が高まっています。
健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康でない期間」を意味します。(生命保険文化センターHPより)

上の図表1-2-6より2016年において、この差は男性8・84年、女性12.35年した。

ここで15年前の2016年3月20日のブログを参考までに再掲する。





タイトルは健康寿命と「末はころり観音」




 弥生の月初めに春告鳥(ウグイス)の初鳴きを聞いたが今日は春分の日、お彼岸前の3月16日に二年ぶりの法師温泉長寿館へ温泉旅行、2時に到着したが3時のチェックインまでに時間があるので入館前に敷地内にある「末はころり観音」へお参りした。厚生労働省の発表したデータで気になっていたのは、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2013年は男性71.19歳(同年の平均寿命は80.21歳)、女性74.21歳(同86.61歳)の記事。この記事から「平均寿命」-「健康寿命」=介護を受けたり寝たっきり期間
男性80.21-71.19=9.02
女性86.61-74,21=12.4
このデータを見て願うのが
「元気よくピンピン生きて、最期は寝込まずコロリと逝く」 ピン・ピン・コロリのP・P・K (完)

このブログでもかなり健康寿命に関心があったようです。

2014年11月17日のブログのタイトルは「人生80年どのように生きるか!」翌日の11月18日のタイトルは「平均寿命よりも健康寿命」と何故か?二日続けて寿命に関する統計資料のブログを掲載していた。
この時の健康寿命と2016年のデータでは平均寿命と健康寿命とも延びたのは良いが平均寿命と健康寿命の差が男では9・02ー8・84=0・78年縮小したのは問題である。

最近、目にとまり気になるのは再春館製薬所の「つらい、しんどい。動きの衰え・その不安。」こんな不安を感じたら機能性表示食品「歩みのゼリー」の宣伝漫画。

Img013-2_20210307133501

マンガでは「靴下を履くときよろける」とありますがこんなもんではありません。既に5年前から片足立ちでは靴下を履けず、椅子に座って履きますが体が硬くなり足指に靴下を入れるのがやっとになりました。階段は上りは辛いが下りが怖いのは太田道灌です。歳とともに歩きが遅くなる。これはあたり前田のクラッカーです。
唯一救われるのは、歩くときフラつきやすい。これはまだ自覚がないことです。

昨年の11月まではコロナ禍下でも「旅は人生」、「旅は生き甲斐」と北は北海道全域から西は兵庫県の姫路城まで野鳥撮影・桜・鉄道・温泉・日本100名城とブログのカテゴリーをこなしていましたが11月の箱根と真鶴半島を最後に、閉じ籠り生活が四ヶ月ともなると、過去に獲得し鍛えた体力・気力も失うことになり、体の老化・心の老化が、老~いどん!と始まり我が若さの秘訣は目覚める如く去り行くことになった。まだ再春館製薬所のお世話にはなっていませんし、他のサプリメントも服用したことがありません。
81回目の誕生日を迎えて、まだまだ続けたい健康寿命と生きる価値としての生き甲斐です。人生の1/2以上45年間も長患いの花粉症は、コロナ禍で昨年は買占めされて入手が困難でしたが今年は簡単に手に入るので助かりマスクです。

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト