« ハスの花とカワセミの回想録 | トップページ | 蓮と翡翠の記憶・その2 »

2021年7月20日 (火)

長井海の手公園ソレイユの丘

 7月18日の日曜日に娘と孫が初心者運転練習の目的地に三浦半島横須賀市長井の「ソレイユの丘」に行こうと誘いに来て、タブレットで写したソレイユの丘のホームページのヒマワリの写真を見せられた。ソレイユ(soleil)とはフランス語で太陽の意味。ソレイユの丘は東京ドーム5.2個(24.6ヘクタール)の広大な園内には、ソレイユ(太陽)に育まれて、四季折々の花々が咲き誇ります。
高速道の横浜横須賀道路をドライブして、衣笠ICから三浦縦貫道路に入り林ICを出て、長井のソレイユの丘に到着。新横浜を出発してからおよそ1時間、約50kmを走行、初心者マークを付けた孫の運転で助手席に座りナビ役をこなし無事に到着する。途中の逗子はサンコウチョウの撮影、長井港はウミスズメでその昔撮影に来た懐かしい場所でもあった。

Img_1614e1625013180593

ソレイユの丘HPには、ヒマワリフェスタの開催中 7月17日(土)~8月22日、入口花畑とソレイユガーデンの二ヵ所のヒマワリ約10万本。このソレイユの丘HPの写真につられて現地にむかったが早とちりであった。入口花畑のヒマワリは8月が見頃であった。

_dsc8737

入口花畑は一本の大型のヒマワリしか見られず、HPの写真と現実の乖離

_dsc8751

ソレイユガーデンの小さいヒマワリは咲いていました

Img007-2_20210720105001

7月18日 ソレイユの丘のパンフレット

Img009-2_20210720105201

パンフレットのマップ、目指すヒマワリは入口花畑ソレイユガーデンの二ヵ所のヒマワリ

園内を一周するロードトレイン(ソレイユ号)に乗車して園内を見物しながら写真の撮影。ここは花畑の他にキャンプ場やふれあい動物園、ファーストフード、レストラン、てぶらでBBQ、温浴施設などが揃っている。

_dsc8738

入口ゲートの内側 10:15

_dsc8739

入口ゲートから芝生広場方面、左はロードトレインの出発駅

_dsc8780

ロードトレインの車内

_dsc8778

ロードトレインからの風景

_dsc8781

左手はボート池

_dsc8782

右手はわんぱく広場

_dsc8783

ロードトレインの乗車券販売機に並ぶお客さん

_dsc8784

じゃぶじゃぶ池と子供連れテント村の様相

_dsc8785

うだるような暑さにじゃぶじゃぶ池は子供天国

_dsc8786

幾つものじゃぶじゃぶ池は暑さで賑わう

_dsc8788

ソレイユの丘の海が見える最高地点、長井の海にヨット

_dsc8790

無料の遊具

_dsc8791

左手はレストラン

_dsc8792

花壇のロータリーと左はボート池

_dsc8793

花壇ロータリーを回るロードトレイン

_dsc8794

_dsc8798_20210720113001

ロードトレインの最終は入口花畑、一本のヒマワリを二度目

_dsc8799

出発点に到着、約20分間の園内周遊

_dsc8801

入口ゲートのヒマワリ 11:15 

_dsc8808

昼食は三崎港でマグロ丼、「うらり」の前にあるお店に入る

_dsc8815

獲れたて三浦野菜と三崎まぐろの産直センター「うらり」、1Fさかな館、2Fやさい館、連れ合いと娘の女の買い物は時間がかかるのでこの間は車で待機する

_dsc8809

お土産は三浦のスイカ、地元のスーパーで3000円のサイズはここでは500円位安いようです。三浦半島の道端で農家が直接販売しているスイカは市価よりも半値程度安いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

« ハスの花とカワセミの回想録 | トップページ | 蓮と翡翠の記憶・その2 »

観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハスの花とカワセミの回想録 | トップページ | 蓮と翡翠の記憶・その2 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト