« 巣立ち三番子の給餌と採餌 | トップページ | 16年目のタカの渡り »

2021年9月12日 (日)

翡翠三番子の親離れ

 16年前の野鳥撮影の原点とも言える撮影開始半年後の9月に、カワセミ親子の巣立ち後の親離れの場面に遭遇です。撮影場所は県立四季の森公園の子供の水遊び場となっていた、じゃぶじゃぶ池です。ここでカワセミ三番子の親子がバラバラになる親離れの直前の様子です。生きる術を親から教わる親離れの時期でした。

撮影日2005年9月15日

018_20210911110501

石の上にも三番子の給餌、左の三番子は腹や足が黒っぽい

019_20210911110701

親の獲物は川エビの一種のようですが川エビの種類は不明です

020_20210911110701

左の三番子、右はカワエビを給餌する親の焦らしのようです

047

飛び込みの練習をする三番子、水面を凝視

048_20210911111001

親の様に水中深くまだダイビング出来ない!

049_20210911111101

この時は嘴に獲物の収穫はなかったようです、ダイビングの練習

0921_20210911104801

何回もダイビングと採餌の練習、獲物は長い木の枝?

0931

見ていた三番子がそれは「木偶(でく)の坊」の役たたず!と言ったかどうか?

087

今度は豆の殻です、なかなか生きた獲物は捕れないようですが生きる術の練習です

096

じゃぶじゃぶ池の綱渡り、真ん中の足が赤いのが親、雛は黒い

099

子供の水遊び場のじゃぶじゃぶ池のカワセミ親子の給餌106

川エビの給餌のはじまり、親に近づく幼鳥

107

親は直ぐには給餌しない

109

親離れさせる給餌の焦らしのようです

111

親は幼鳥の嘴の中で餌のカワエビを直ぐ離しません

115_20210911155901

幼鳥も嘴を閉じれません

116

親は餌を離しません

117

幼鳥は必至で餌を求めています

118

親の焦らしは巣立ちの催促

121

焦らしは続きます

123

焦らしの終わりは親離れの始まり

130

子供の水遊び場のじゃぶじゃぶ池はカワセミの親離れの場であった

16年前から嵌り、16年継続している「継続は力なり」白樺峠のタカの渡りが始まりました。昨年はなんとか白樺峠の山登りをなんとか克服してタカ見の広場に辿り着きましたが、今年は16年継続した北海道撮影紀行もコロナ禍で中断の憂き目に合い、年々衰える気力・体力の余力が残っているのか心配されますが、機材を担いでノッシノッシと上り坂を牛歩戦術で登れるかどうか?
家族からは”もう”やめろと言われていますので”牛:ギュッ”と言わせてみたいものです。今年は丑年(うしどし)です。

 

 

 

« 巣立ち三番子の給餌と採餌 | トップページ | 16年目のタカの渡り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 巣立ち三番子の給餌と採餌 | トップページ | 16年目のタカの渡り »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト