« 旧信越本線鉄道橋第三眼鏡橋 | トップページ | 鳥居なければ鳥居を撮る! »

2021年11月16日 (火)

箱根VC周辺の貴重なコゲラ

 11月10日に箱根ビジターセンター周辺の野鳥撮影に遠征して来ましたが当日は、芦ノ湖桃源台の海賊船は営業していましたが箱根ロープウェイは運航中止する程の強風でした。7時頃に箱根ビジターセンター駐車場に到着したので9時開館までに子供の広場から探鳥に歩き始め、野鳥観察小屋で1時間の野鳥観察するも小鳥の鳴き声は聞こえず、風が強いためかヒヨドリの甲高い鳴き声だけで小鳥の姿は一度も見ることは無かった。野鳥も見えず鳴き声も聞こえないので観察小屋から昭和天皇のお手植えのヒノキの横を通り、箱根高原ホテル前庭に位置する白百合台園地に移動する。昨年はここの休憩舎でマユミの実を採餌するアオゲラを撮影したが今年は十数本植栽されているマユミの赤い実が全く見当たらない不作の年のようだ。ここから更に「つどいの原っぱ」に移動、毎年のように姿を見せる日本の国鳥の雌雄のキジを見ることもなく記事にならない。8:30頃芦ノ湖キャンプ村を目の前にした無料駐車場の周辺で朽ちた木で餌探しのコゲラを見つけて手持ちで撮影したのが唯一の野鳥撮影となった。9時過ぎにビジターセンターに戻り箱根VC周辺の野鳥の情報を伺った時に頂いた野鳥の情報は最後に掲載してます。

  

Img007-3_20211114175801

撮影日11月10日

_dsc3500

朽木と言うべきか枯れ木と言うべきか?コゲラを見つける

_dsc3509

枯れ木の下をキツツキ始めるコゲラ

_dsc3511

獲物はあったのか?

_dsc3520

枯れ木の下から上にあがる

_dsc3529

また、木の下に、枯れ木の木屑が飛び散ります

_dsc3539

幹なのか枝なのか抱えてのキツツキ(啄木鳥)を二度目の再開

_dsc3549

虫が居ないのかな?

_dsc3554_20211115101901

朽木の下に虫が居ないので無視して上に

_dsc3558_20211115102001

何を見たのか?鳴いた!

_dsc3571

飛び去る直前

Img006-3_20211115102101

11月10日に箱根VC(ビジターセンター)野鳥の女性スタッフより頂いた資料コピーです。信州の戸隠森林植物園で10月にマユミやツルマサキの赤い実を見て来たが箱根では、マユミの実が全く見ないので理由を尋ねると今年は不作の年でミズキもマユミも実がないとの説明でした。マヒワの群れも見ないのでお尋ねするとまだ入っていないそうです。箱根ロープウェイが運休する程の風も吹き野鳥も見られず、この日はコゲラの写真が唯一の収穫に終わりました。

« 旧信越本線鉄道橋第三眼鏡橋 | トップページ | 鳥居なければ鳥居を撮る! »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧信越本線鉄道橋第三眼鏡橋 | トップページ | 鳥居なければ鳥居を撮る! »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト