« 【免許の返納義務化】アンケート調査のニュース | トップページ | 2022横浜中華街の春節行事 »

2022年1月29日 (土)

冬枯葦とウグイス

 野鳥撮影を始めて三年目の2007年1月に日本に71年振りの迷鳥・珍鳥キガシラシトドの撮影に大阪府の大泉緑地に遠征した折に、緑地の池に残った風にそよぐ冬の枯葦の中に動く小鳥を見つけました。葦の空洞の中にいる昆虫の幼虫を採餌するウグイスが飛来していました。現場のCMはキガシラシトドを見つけるのに夢中でしたが野鳥撮影新参者には冬枯れの葦にウグイスとは、珍しい光景と感じて枯葦と冬景色のウグイスにも関心がありました。葦の呼び名は本来はアシと呼ばれていましたが「悪し」に通じることに忌み嫌い、標準和名はヨシ(葦、芦、蘆、葭)と呼ばれるようになったようです。 アシの別名がヨシなのか?ヨシの別名がアシなのか? パスカルの名言「人間は考える葦(あし)である」この名言では葦を「よし」とは呼ばない。葦で編んだ葦簀(よしず)は「あしず」とは呼ばない。アッシにはアシでもヨシでもどちらにしても良しです。今回の主役はウグイスです。

07124-0541

葦(ヨシ)の茎を割って中の昆虫を採餌するウグイス

07124-0261

次はどの茎か、あの茎か、それもヨシ

07124-0311

ヨシからヨシへ茎から茎へ、蘆原のウグイス

07124-0411

餌探しが忙しいウグイスの採餌

07124-0431

ウグイスの鋭い嘴の一撃で茎を割る

07124-0511

細い茎には目もくれず

07124-0621

茎から茎へ移動の飛び出し

07124-0641

冬のウグイスの正面顔

07124-0761

餌探しの当たりの確率は?

07124-0812

冬枯れの葦の茎を割り採餌するウグイスでした

« 【免許の返納義務化】アンケート調査のニュース | トップページ | 2022横浜中華街の春節行事 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【免許の返納義務化】アンケート調査のニュース | トップページ | 2022横浜中華街の春節行事 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト