« 寅年に虎斑木莵と虎鶫 | トップページ | 寅年の初鳥は熱海桜の目白 »

2022年1月 7日 (金)

七草粥で無病息災を願う

1月7日は七草粥の日、七草がゆを食べて無病息災と健康長寿を願う日です。

Img001-2_20220107201401

Img002-2_20220107201501

「デパートの食品売り場で買い求めた春の七草セットの資料の表裏です」

 

七草粥に使うのは、この季節に若菜が生える7種類の「春の七草」。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」春の七草には、ひとつずつ意味が込められています。

お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を労ったり、冬に不足しがちなビタミンを補ったりしてくれるので、この時期にぴったりなのです。

■せり:『せり』いう和名は、芹の若葉が競り合うように生えていることからついた名前で、「競り勝つ」という意味が込められた縁起物です。爽やかで独特な香りが食欲を刺激する効果があります。鉄分が多く含まれており、体内の血液量を増やす効果が期待できます。

■なずな:「撫でて汚れを取り除く」という意味が込められています。熱を下げたり、尿を出やすくする作用がありと言われています。
ペンペングサとも言われていて日本各地に自生していますが、かつては冬の貴重な野菜とされていました。

■ごぎょう:「御形(仏様)の体」という意味です。別称は母子草。草餅の元祖。痰や咳に効果があり、のどの痛みもやわらげてくれることから風邪予防に使われました。

■はこべら:「反映がはびこる」繁栄が広がるという意味です。昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。

■ほとけのざ:「仏様が落ち着いて座ってらっしゃる」という意味があります。胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

■すずな:「神を呼ぶ鈴」という意味で縁起物とされてきました。 これは現在で一般的に食されているカブのことです。
胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかすにも効果があります。

■すずしろ:ダイコンのこと。「汚れのない清白」という意味があります。消化を助け、風邪予防や美肌効果に優れています。(龍名館HPより)

 

七草粥を食べて無病息災・健康長寿の幸せの青い鳥が今年も飛んで来ますように!

3050

2470

ルリビタキ♂

七草粥の由来と知識で「無病息災」「健康長寿」を祈願する

« 寅年に虎斑木莵と虎鶫 | トップページ | 寅年の初鳥は熱海桜の目白 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寅年に虎斑木莵と虎鶫 | トップページ | 寅年の初鳥は熱海桜の目白 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト