« 静態保存SL D51 916前橋こども公園 | トップページ | 70thザよこはまパレード・キッズパレード  »

2022年5月 1日 (日)

昔の記憶が蘇る博物館

 関越自動車道 駒寄スマートICより約10分、水澤観世音(水澤寺)と門前の十数軒の水沢うどん店が並ぶ道中のうどん街道の5分程手前にある「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」は名前どおり、おもちゃと人形とさまざまな自動車の展示が楽しめる博物館です。就職した頃の昭和30~40年代の街並みを再現した場所では、レトロ感あふれる昔の宣伝ポスターやアイドルのレコードや昔のおもちゃなど懐かしい思いが蘇る。「自動車博物館」では昭和の車と国内外の軽からスポーツカーまでが展示をしてあり、60数年前の昭和の記憶が蘇りました。就職した当時の東横線中目黒駅プラットホームは隙間が開いて下が見える程の貧弱な木製の階段であったのを最初に思い出したこれが昭和の記憶。東横線中目黒駅から9分の本社まで山手通りを五反田方面に歩いた風景の記憶にはトロリーバスや中目黒交差点は、築地ー中目黒間の都電の終点であった。展示物を見て入社当時の社有車のバイク・スクーター・軽三輪のミゼット・軽四輪トラックのスバルサンバーなど(普通車はまだ普通免許の取得前であった)取引先や外注先巡回で自分の軽自動免許で運転した車にまつわる若い頃の思い出が次々と時にはぼんやりと蘇ってくる。それは走馬灯がよぎるような光景でもあった。

 

_dsc3578-2

駐車場の角に軽四消防車にクマのぬいぐるみのテデイベアが座る

_dsc3579-2

入口脇にも車の中にもテデイベアが二匹が座る

_dsc3580-2

おもちゃと人形自動車博物館の入口にもテデイベアがお迎え_dsc3584-2

おもちゃと人形博物館

_dsc3587-2

昭和レトロのお店と各種宣伝ポスター

_dsc3589-2

レトロな宣伝ポスター

_dsc3597-2

宝酒造のタカラ生ビール、1957年(昭和32)誕生~1967年(昭和42)に撤退しているがビールは25歳から飲み始めたので、一度は飲んでみたかったビールとなった。

_dsc3596-2

サッポロビールの本社ビルは恵比寿ガーデンプレイス内にある

_dsc3637-2

最初に晩酌で飲んだビールはアサヒスタイニー、銘柄を決めて飲むようになったのは、コクとキレのアサヒスーパードライが出現した40代の初め頃で20年間一途に飲んだ。スーパードライから新ジャンル/第三のビールに変更したのは、時代劇「眠狂四郎」役のニヒルが似合う田村正和の「不覚にも、間違いました」のCMを見てから愛飲している。サッポロ 麦とホップの発売開始した2008年頃から15年目をむかえる。CMキャラクターが何回も交代しても、田村正和が亡くなられた今でもサッポロの「麦とホップ」は毎日・毎晩飲み続けている。最近は外出の機会が少なくなり昼間でも飲むようになって仕舞った。

_dsc3588-2

就職した頃には渋谷駅付近にもスマートボール屋があった、パチンコよりもこちらの方が好きで座ってのんびりゴロゴロ転がした記憶がある。

_dsc3598-2

1963年力道山の突然の死。大相撲から転向した力道山は昭和の日本を代表するプロレスラーであった。怖そうなの外国人レスラーを倒し日本人に勇気を与えた。 

_dsc3599-2

昭和の人気漫才コンビ、ドリフターズ、巨人・長嶋と王のON砲、力道山・アントニオ猪木などのプロレスラーなどのTVの人気者のブロマイドがあふれている

_dsc3595-2

国産二輪車の名門であった本社の地元にあった目黒製作所のメグロS3、1964年(昭和39)に川崎航空工業に吸収合併されたのでブランド名がカワサキになった。この頃の社用で乗っていたのは本田技研の最大排気量250ccのドリーム号C72であった。20歳の時に借りたCB250で事故を起こし怪我をしてから普通免許を取る機会となった

_dsc3592-2

所属長の品質管理課長さんは当時はスクーターに乗っていた

_dsc3604-2

1958年(昭和33年)工業高校3年の時に誕生したスバル360、リアエンジン・リアドライブの「大人4人が乗れる初めての軽自動車」。就職した翌年から軽四輪トラック・スバルサンバーは自動二輪の免許で運転が出来たのでこのスバルサンバーで四輪車の練習をして教習所に行かずに普通免許を取得出来た。思い出の軽四のスバルサンバーはスバル360のエンジンとシャーシが原型であった。

_dsc3607

ミゼットはダイハツ工業が1957年(昭和32年)から1972年(昭和47年)まで生産・販売していた軽自動車規格の三輪自動車である。写真はドア付き2座丸ハンドルであるが、入社当時(昭和34年)の社有車の軽三輪ミゼットは 当初の単座バーハンドルであった、軽自二の免許で乗れるので雨の日はバイクよりも人気があった。

_dsc3613-2

前2輪後1輪の三輪車のメッサーシュミットは中目黒の交差点で時々見かけた車

_dsc3614-2

ドイツ メッサーシュミット KR200
今から55年前の1967年(昭和42)までは東急東横線・中目黒駅南側の山手通りにある中目黒立体交差点付近は、当時は駒沢通りとの平面交差で築地ー中目黒の都電の終点でした。山手通りには渋谷駅ー品川駅間に無軌条電車(トロリーバス)が1967年まで運行されていました。当時の朝夕の通勤時この交差点で時々見かけたのはドイツ製のメッサーシュミットの三輪自動車でした。
_dsc3618-2
日野自動車がフランスのルノーから部品を輸入してノックダウン生産から始めて完全に国産になった日野ルノーはタクシーが多かった。中目黒駅前から客待ちしていた日野ルノーのタクシーが初乗り60円の時代、遅刻しそうになった時にこれを利用して本社まで3分で遅刻を免れた事もありました‼
_dsc3622-2
1961年(昭和36年)トヨタのパブリカ800は、大衆車を意味する英語「パブリック・カー」(Public car)の造語である 。普通免許を取った時に本社のリース車に乗り秦野製作所の帰りに国道246(当時は東名高速の出来る前)でドシャ降りを走行中にエンジンがストップして陸橋の下で雨宿りした。0.8L 空冷水平対向2気筒エンジンの点火プラグが濡れてのエンストらしく、濡れた点火プラグを拭いてから乾くまで待機してからエンジンが掛かり帰社した苦い経験を思い出す大衆車であった。
_dsc3619-2
グロリア・スカイラインなどを生産・販売のプリンス自動車工業は1966年(昭和41)に日産自動車に吸収合併されたがスカイラインは今でも存在している。横浜に居を移してから駐車場を借りて50年経つ。初めての自家用車は50年前に登場したホンダのシビック・ハッチバックであったが二台目に購入したのが若い時から一度はドライブしてみたいと憧れていたスカイライン2000GTだったがゴルフ場の帰路に当時の社長に見つかり、なぜ本田車に乗らないとお説教されて3台目以降は三年毎にアコード・レジェンドなどのホンダ車に乗り換えていた。現役引退後21年経つがこの間はオデッセイ・エリシオン・フリードと乗り継いで現在のステップワゴンSPADAと全てホンダ車となっている。
_dsc3623-2
_dsc3626-2
_dsc3624-2
トヨタ2000GT
_dsc3634-2
庭の展示 ルート66ガーデン
_dsc3636
_dsc3638-2
シャーマン戦車 現役ならばウクライナに贈与なのか?
展示品を見ても何も思い浮かばない車も沢山ありました。写真を見ても何も思い出がない展示品も多数ありました。記憶も歳をとるのでしょうか?

« 静態保存SL D51 916前橋こども公園 | トップページ | 70thザよこはまパレード・キッズパレード  »

観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静態保存SL D51 916前橋こども公園 | トップページ | 70thザよこはまパレード・キッズパレード  »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
顔文字教室
無料ブログはココログ
フォト